マン・ダウン 戦士の約束

mondownb.jpg

ディート・モンティエル監督

シャイア・ラブーフ
ケイト・マーラー
ジェイ・コートニー
ゲイリー・オールドマン

 米軍の海兵隊員ガブリエル(シャイア・ラブーフ)は妻ナタリー(ケイト・マーラー)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦場での任務は過酷なものだった。アフガニスタンか帰還したガブリエルが目にした故郷は建物や橋が崩壊し、住人たちの姿も消え廃墟のようになっていた。


 「衝撃のラスト7分46秒、あなたの心は”えぐられる”」がひじょうに気になっていたし、「帰還した兵士が故郷に戻ってみると家族や住人達も消え、廃墟のようになっていた」というね、なんか不思議な雰囲気がある映画だと思ってました。後からゲリオがでてることがわかって、俄然見る気マンマンに(笑)と見る前はこんな気持ちだったんですけども・・・ひじょうにキツかったです(>_<)
 ガブリエルがアフガニスタンに向かう前の家族、海兵隊の訓練、アフガニスタンでの任務、荒廃した故郷、ガブリエルと上官(ゲイリー・オールドマン)との面接の様子が描かれています。これらの場面がバラバラの時間軸で映し出されるので、かなり混乱(^_^;)ゲリオはインパクトある役じゃなかったけど、やはり説得力がありましたね。
 任務に向かうガブリエルと妻、息子ジョナサンの心境が丁寧に描かれていて、特に父と息子の絆を感じる「マン・ダウン」の会話が印象的でした。ジョナサンがすごく可愛くていい子。
 海兵隊の訓練は教官から激しく罵倒される他の映画でも見たことある光景、そんな中ガブリエルにとって一緒に参加している友人のデビンの存在は大きかったですね。アフガニスタンでのシーンはわりと短かかったけど、緊迫した状況が伝わってきました。戦場で精神的に追い詰められるガブリエルの姿が痛々しかった(>_<)
 シャイア・ラブーフは久しぶりに見たけどずいぶん貫禄がついた感じ@@抑えめな演技での感情表現が素晴らしく、その瞳から悲しみが伝わってきました。デビン役のジェイ・コートニーがイケメン!チェックしてみたら「スーサイド・スクワッド」のキャプテン・ブーメランだった!すごくガラ悪い感じだったし、全然違う~わかんないわけですね(^_^;)でもこのイケメンに、なんか心がざわつく感じがしてたんですよね。
 あんなに頭の中で混乱していた時間軸が、終盤になってすっとわかる流れが素晴らしかった。しかしわかった瞬間に襲われる衝撃と胸が苦しくなるような気持ち(>_<)ラストは純粋な心のジョナサンにやられましたね、とても切なかった(T_T)兵士の過酷な状況を描くだけでなく、家族の存在の大きさを考えさせられる映画でした。エンドクレジットの兵士のデータはショックでした。  

ラ・ラ・ランド

lalalandb.jpg

デミアン・チャゼル監督

ライアン・ゴズリング
エマ・ストーン
ジョン・レジェンド
ローズマリー・デウィット

 ロサンゼルスの渋滞している高速道路。セリフ覚えをしていた女優の卵のミア(エマ・ストーン)は後ろにいた車のセブ(ライアン・ゴズリング)にクラクションを鳴らされたことに腹を立てる。カフェで働きながら女優の夢を追うミアだがオーディションの結果は散々で一向に役はもらえない。一方ジャズピアニストのセブは自分の店を持つのが夢だった。そんな二人はセブが演奏するバーで偶然再会する。

 
 アカデミー賞でも話題になってたし、「セッション」がとても面白かったデミアン・チャゼル監督だということで期待してました♪フレッチャー先生があのまんまの見た目でちょこっと出てきたので得した気分(笑)オープニング、渋滞してる車からのダンスシーンが素晴らしかった!わくわくして楽しかったですね~大きなスクリーンで見れてよかった♪
 四季のイメージで二人の物語が描かれていくところがよかったです。冬から始まったので嫌な予感がしてましたが、物語は冬で終ってました。出会いはミアにとっては最悪、セブには眼中にないって感じでしたね(笑)
 恋の予感にドキドキする春が一番好きでした。 パーティで演奏していたセブのバンドにリクエストした曲でコケティッシュに踊るミアが超キュート♪夕焼けをバックに踊ったり、ファンタスティックな天文台など楽しくてキュンとするシーンがいっぱいでした^^映画館でのミアの行動、これやられたらキレるし(>_<)
 すれ違っていく二人を見るのは辛かったけど、お互い夢をあきらめて欲しくないと思う気持ちが伝わってきました。
 最後は5年後の冬。二人の出会いを思い出す渋滞の演出はすごいと思いました。色々な思いがこみ上げてくるバーのシーンはとてもよかった。再会した二人は心で会話しているように感じました。
 私は二人の「もしも」を振り返る映像はミアの想像のような気がしました。セブはミアの思い出とともに生きてるように見えたから。お似合いの二人だったから単純に「もしも」の映像を見れたのは嬉しかったです^^
 ゴズリンとエマ、相性ピッタリでしたねーピアノを弾くゴズリン、踊るゴズリン、カッコよかった!ピアノは実際に弾いてるみたいなので、凄いと思いましたよ@@ミアはちょっと素朴さがある雰囲気がよかったですね。もう一人のエマだったらオーディション落ちそうもないもの(笑)なのでラストの変身ぶりは際立ってました。魅力的な二人を見る映画でもあると思います^^
 好きな音楽はハードロックなので(笑)ジャズはぜんぜんわからないのですが、ロマンチックな場面、切ない場面にはぴったりで、いいな~って思いました。サントラ欲しい。セブが参加したバンドの曲もすごくよかった!
 楽しかったです♪もう1回見たいくらい(笑)立ち止まったり挫折したりしながら夢に向かっていく二人はキラキラしてた^^  

ネオン・デーモン

ndemonb.jpg

ニコラス・ウィンディング・レフン監督

エル・ファニング
キアヌ・リーヴス
カール・グルスマン
クリスティーナ・ヘンドリックス
ジェナ・マローン
アビー・リー
ベラ・ヒースコート
デズモンド・ハリントン

 美しい16歳の少女ジェシー(エル・ファニング)は一流モデルを目指してロスにやってきた。彼女はその美しさで、すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえる。モデルのライバルたちはジェシーに激しい嫉妬を抱く。


 楽しみにしてました♪今まで見たレフン監督の映画はみんな好き。特にマッツの「ヴァルハラ・ライジング」がお気に入り~^^この映画も残酷を美しく芸術的に描いてました。一流モデルを目指す少女のサクセスストーリーだけじゃない色々衝撃的な映画でした(^◇^;)
 オープニングはいきなりショッキングでびっくりしたけど(何この状況?汗)美しい映像とジェシーの可愛さに一気に引きつけられました。ディーン(カール・グルスマン)の眼光の鋭さに狂気を感じたけど、実は一番いい人でしたね。
 ジェシーが滞在している安モーテルの支配人がキアヌだった!うわ~すごくたち悪そう~というかゲスかった(>_<)私の中ではキアヌはずっとネオのイメージなので、ショック(^_^;)
 エルちゃん、首が長いので立ち姿がとっても美しかったです。どんなメイクをしても毒をはいても隠せない清純さ@@ジェシーを見たデザイナーのわかりやすいリアクションには笑った。あと変人的なカメラマンも(笑)あるあるな感じなんでしょうか(^_^;)
 ジェシーと知り合うメイクアップアーティストのルビー(ジェナ・マローン)が色んな場面で怪しい存在感を発揮してました。ジェシーに嫉妬するライバルモデルのサラ(アビー・リー)はイモータンの妻でしたね(^◇^)もう一人のジジ(ベラ・ヒースコート)は整形美女という設定で、メイクのせいかそれらしい感じになっててびっくり@@この3人が恐いよ~~(>_<)
 一流モデルへの道を歩き始めたジェシーでしたが、同時に危険も忍び寄ってくるようでだんだん不安になってきます。あのモーテルがまず危険!(汗)エルちゃんが心配。
 終盤は、ホラーでした@@ルビーの邸での光景に目が点(・_・;)伏線はあったけれども~まさかがっつりいくとは(汗)ジェシーは味方がいなくなっちゃいましたよね。いい人だったディーンと仲良くしておけばよかったのにって思いました。ラスト、すごいインパクト@@自分は薬の錠剤ですら1個ずつしか飲めないので、すごいなーって思いました(そこ?!)
 色々刺激的で面白かった^^パーティー、ファッションショーなど幻想的な光の演出も好きでした。何といっても超可愛いエルちゃんは見る価値ありです^^

マリアンヌ

alliedb.jpg

ロバート・ゼメキス監督

ブラッド・ピット
マリオン・コティヤール
リジー・キャプラン
マシュー・グッド
ジャレッド・ハリス
アウグスト・ディール

 第二次世界大戦下の1942年。イギリスに諜報員マックス(ブラッド・ピット)は、フランスの諜報員のマリアンヌ(マリオン・コティヤール)とともに、モロッコでドイツ大使暗殺の任務遂行を命じられていた。二人は外交官が出席するパーティーへの参加許可をもらうために、完璧な夫婦を演じる。いつしか本当に愛し合っていた二人に、任務遂行の日が近づいていた。


 チェックもせず見る予定はなかったのですが、娘から「よかった!」との情報をもらい、調べてみたらロバート・ゼメキス監督だし、「イースタン・プロミス」「オン・ザ・ハイウェイ~」の脚本家さんでスパイ映画という、見たくなる要素ばっかりでした♪
 スリルあるスパイ映画、そして切ないラブストーリーでした。やっぱり美男美女、どんなシーンでも絵になる二人。マックスとマリアンヌがはじめて会うシーン、振り向いたマリアンヌの笑顔が超魅力的で、一目で恋に落ちる確率100%(笑)フォーマルなドレスを着こなすマリオン・コティヤールがほんとに綺麗!射撃訓練のスポーティーな服装など彼女のファッションも見どころだと思います。 モロッコではマックスが潜入するところからずっと緊張感が続きます。カサブランカの夫婦のしきたりなど完璧に演じる二人でしたが、監視の目もあり油断できません。パーティの参加許可をもらうためナチス将校に会う場面では、相手も手強そうでハラハラしました(汗)ナチス将校役のアウグスト・ディールは「イングロリアス・バスターズ」でもナチスの少佐役だったみたい!バレたらすぐにキレそうなオーラがありました(コワイ)
 任務が成功する確率は40%、二人は命を落とすかもしれないという状況の中、恋に落ちてしまいます。砂漠のシーンは、砂嵐に飲み込まれてしまいそうで、二人の未来を暗示しているようでした。作戦を実行するパーティ会場では、緊張感からの銃撃戦の迫力、見応えありました。諜報員のスキルを発揮する二人はカッコよかった。
 ロンドンで暮らす二人は幸せそうで、あたたかい気持ちになりました。しかしスパイ映画らしいスリルある展開になっていきます。マックスが家族のために危険を冒して秘密裏に動くところも見どころだと思います。葛藤するブラピも素敵。
 エンドクレジットでマシュー・グッドの名前発見!「えーーっ、いた?」後ほど確認しましたが、ぜんぜんわかんなかった@@「そこでイケメン使う?」って思ったけど、イケメンだと知ったらなおさら衝撃を受けるという、確かに意味があったわけですね!
 ラブストーリーはスルーしがちだけど(^_^;)見てよかった^^最後まで洒落たドラマチックな演出に引き込まれるとてもいい映画でした(涙) 

ドクター・ストレンジ

drstrangeb.jpg

スコット・デリクソン監督

ベネディクト・カンバーバッチ
キウェテル・イジョフォー
レイチェル・マクアダムス
マッツ・ミケルセン
ティルダ・スウィントン

 天才外科医のドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は突然の交通事故によって両手が不自由になり、、築いてきたキャリアを失う。あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力に辿り着く。エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントンの元修行に励むストレンジは闇の魔術師カエシリウス(マッツ・ミケルセン)との戦いに巻き込まれていく。


 マッツ目当てで見ました(笑)マッツはダークサイドに堕ちた闇の魔術師役、なんかすごく走ってたイメージ。身のこなしが美しくて、悪役でもやっぱりカッコよかったです♡今回も重低音体感上映で観賞♪ぐるぐるバタバタ(!?)すごい映像体験でした@@
 傲慢で自分に絶対的な自信がある外科医のドクター・ストレンジ。彼がどのようにして魔術師になったのかと闇の魔術師との戦いが描かれています。カンバーバッチはシャーロックとキャラがちょっと被ってましたね(^_^;)ジャファーみたいな若干うさんくさい髭がこんなに似合うとは(笑)陰陽師みたいな手の動き、カッコよかったです^^
 天才外科医の立場を失ったストレンジは恋人のクリスティーン(レイチェル・マクアダムス)まで怒らせてしまうという、性格の悪さで孤独になってしまいましたね。医師からも見放されたストレンジがたどり着いたのはネパールの秘境でした。
 魔術師エンシェント・ワンが超強いし、すごい存在感!。「アストラル次元」とか「ミラー・ディメイション」??よくわからなかったけど不思議な魔術の世界はひじょうに面白かったし引き込まれました。ティルダ・スウィントンは魔術師の風格があってぴったり!色んな役ができる貴重な女優さんですね。
 魔術の修行をするストレンジ、さすが頭がいいし好奇心旺盛で勉強熱心、禁忌の書物まで読みあさります。そして闇の王ドーマムゥの存在を知り、兄弟子モルド(キウェテル・イジョフォー)とともにドーマムゥを崇拝するカエシリウス軍団と戦うことになります。
 この映画はコメディなのかな(^_^;)ちょいちょいコント見たいなシーンを入れてくるんですよね。カエシリウスが結束器具で動けなくされちゃうところはマッツの動きがコミカルで、何回も見たくなりましたよ^^幽体離脱の手術シーンも笑っちゃいました(笑)
 明らかに意志を持ってるマント、これドラえもんの道具みたい(笑)これから相棒(!)としてストレンジを助けていくのかな^^ラストのラスボス ドーマムゥとの対決もドラちゃん映画みたいな展開で(^_^;)えーーっ!って感じでした@@でも嫌いじゃない(笑)
 スケールの大きすぎる魔術にびっくりでしたねー@@ビルが倒れ込んできたり街が回ったり、光のシャワーみたいな光景など今まで見たこともない映像が楽しかったです♪3Dで見たかったなー
 ドクター・ストレンジのキャラクターいいですねー性格は悪いけど(笑)人を殺してしまったことに葛藤する姿にはドクターらしさを感じました。ミスターじゃなくてドクターだと言いきるところもよかったです。続編ありそうな終わり方だったので、今後魔術と医術を操るヒーローになるかも?^^楽しみです♪ 
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる