ニュー・シネマ・パラダイス

newcinemab.jpg

ジョゼッペ・トルナトーレ監督

ジャック・ベラン
フィリップ・ノワレ
サロヴァトーレ・カシオ
アニェーゼ・ナーノ
ブリジット・フォッセー

 ローマ在住の映画監督サルヴァトーレ(ジャック・ベラン)は故郷の母からアルフレード(フィリップ・ノワレ)が死んだという知らせを受け取る。少年時代トト(サルヴァトーレ・カシオ)と呼ばれていたサルヴァトーレは何度も映画館に入り込み、映写技師のアルフレードにつまみ出されていた。


 「今まで観てなかったのかい!」シリーズです。映画好きならたいがい観ているであろう作品ですね(^_^;)劇場版が観たかったのですが、レンタルはないしDVDは高いし無理そうなので、完全オリジナル版を観賞しました。
 今はほとんどがシネコンという時代、何年か前にも地元でよく行っていた映画館が取り壊され、ショッピングセンター内のシネコンになりました。シネコン快適~♪とか思ってますが、若かりし頃に「レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ」「~夫人」(!)などを観た都内の小さな映画館のことなどを思い出し、懐かしい気持ちになりました。
 トトの少年期と青年期の回想、そして映画監督となった現在の姿を描いています。トト少年役のサルヴァトーレ・カシオの自然な演技が素晴らしかった!くるくる変わる表情と笑顔が愛くるしいんです。トトとアルフレードとの掛け合いがユーモラスで楽しかった。
 青年期のトトは少年トトの面影がなくきりっとした顔立ちに成長してましたね。ここでは彼のラブストーリーが描かれています。トトが恋するエレナ(アニェーゼ・ナーノ)がすごく綺麗だった!トトの一途さは、ストーカーともとられかねない行動でしたが、彼の思いは通じましたね^^キラキラした二人、美しい。
 以前観た「鑑定士と顔のない依頼人」を観ていけずな監督と思ったけど、この映画でも健在でしたね。ものすごく盛り上がってうきうきするシーンのすぐ後にドーンと突き落とすような演出や、トトとエレナの恋のゆくえに関してもいけずでした。
 エンニオ・モリコーネの音楽が映画の雰囲気を作っていましたね~この音楽を聞くとノスタルジックな気持ちになるんですよ。シチリアののどかな風景も美しかったです。
 映画によって繋がっていたトトとアルフレードの絆には温かいものを感じました。アルフレードはトトに夢を託したのかもしれませんね。私が特に印象に残ったのは、映画館での村人たちの表情です。人々の心を豊かにする、映画の持つ力を感じました。自然に笑みがこぼれてしまうようなラストはとてもよかったです。
 エレナとの再開のストーリーなどオリジナル版に追加されたシーンがない場合を考えてみると、だいぶ違う印象になりそうな気がします。劇場版の方も観てみたいな~><

ニューヨーク 1997

newyorkb.jpg

ジョン・カーペンター監督

カート・ラッセル
リー・ヴァン・クリーフ
アーネスト・ボーグナイン
ドナルド・プレザンス
アイザック・ヘイズ
ハリー・ディーン・スタントン
エイドリアン・バーボー

 1988年。犯罪増加率が400%を突破したアメリカは、ニューヨーク・マンハッタン島をコンクリート壁で囲みアメリカ最大の刑務所にした。
 第三次世界大戦が終結しつつあった1997年のある日、大統領専用機がテロリストに乗っ取られマンハッタン島内に墜落、大統領は囚人たちに拉致される。警察本部長は収監予定のスネーク(カート・ラッセル)を釈放を条件に、マンハッタン島に単身潜入させる。


 1981年公開のカルト映画です。特殊効果撮影監督にジャームズ・キャメロンの名前が@@オープニングの曲がすごくいい!サントラ欲しい!
 近未来。エネルギー危機によって第三次世界大戦が起こり、その終結の時期に起こった出来事を描いています。エア・フォース・ワンがハイジャックされ、巨大刑務所(マンハッタン島)に墜落してしまったのです~~。ニューヨークがおっきな刑務所ってすごいですね~@@食料だけ定期的に配給してあとはかってにやってって感じみたい(^_^;)大統領(ドラルド・プレザンス)はデューク(アイザック・ヘイズ)をボスとする凶悪な集団の捕虜となってしまうのです。デュークのシャンデリアがついた変な車がウケた(笑)
 大統領救出に指名されたのは、これから収監される予定だった囚人のスネーク(カート・ラッセル)です。カート・ラッセル若い!!あのスタントマン・マイクですよ(^_^;)いい感じのハンサムだったんですね。スネークは刑務所長のボブ(リー・ヴァン・クリーフ)によって、断れない状況に追い込まれ(汗)一人で刑務所に向かうことに、しかもタイムリミット24時間!おお~~、リー・ヴァン・クリーフ、西部劇以外で見たの初めて。セコイ手を使ってないで、一緒に行けばいいじゃんってちょっと思いましたよ(笑)
 凶悪犯がうじゃうじゃいる荒廃した刑務所に単身乗り込むスネークがクールでカッコイイ!若干の協力者もあらわれ、危険な目に遭いながらもデュークたちのアジトに近づいていきます。気のいいタクシー運転手のキャビー(アーネスト・ボーグナイン)や囚人カップルは巻き込まれて可哀そうでしたね><
 大男とのデスマッチなどアクションシーンは見応えがありました。車で逃げる橋のシーンはツッ込みどころもありましたが(笑)スリルと切なさがあってよかったです。(^_^;)ついにキレた大統領にはびっくり(笑)
 面白かったですね~映像と音楽がマッチして独特の世界を作りあげていましたね^^エネルギー危機、核融合技術とか世相を反映しているところも興味深かったです。ラストのテープはしてやったりって感じでしたが^^皮肉も込められているように思いました。 
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる