マジカル・ガール

magicalb.jpg

カルロス・ベルムト監督

バルバラ・レニー
ルシア・ポジャン
ホセ・サクリスタン
ルイス・ベルメホ
イスラエル・エレハルデ
エリザベート・ヘラベルト

 白血病で余命わずかな12歳の少女アリシア(ルシア・ポジャン)は日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。父ルイス(ルイス・ベルメホ)は彼女の願いが魔法少女のコスチュームを着ることだと知る。ルイスはコスチュームを手に入れることを決意するが、高額のため失業中の彼には無理だった。そんな時、心に闇を抱えるバルバラ(バルバラ・レニー)と偶然知り合う。


 子供が悲しい目にあうのはキツいものがあるのですが、それでもこの映画はツボでしたd(^_^o)オモシロカッタ。
 ポスターの眉間流血美女が気になってはいたものの、病気の女の子が日本のアニメに勇気づけられるというようなお話かと思いきや、ぜーんぜん違った@@魔法少女好きな女の子、眉間流血美女、それぞれのお話がとんでもない形で関わっていきます(汗) 音楽に合わせて踊る女の子、なんと流れていたのが日本の曲だったからびっくり@@歌が上手いと思ったらアイドル時代の長山洋子さんでした。すごいマニアックな選曲!アニメの主題歌っぽくてよかったです♪
 アリシアはメラニー・ロラン似の可愛い子で意志の強そうな目が印象的。白血病で余命わずかの宣告を受けたようなのです(T_T)そんな彼女の願いをかなえてあげたいと思う父親ルイスの思いはよくわかるのだけれど、そのやり方が卑怯でした(>_<)
 一方、バルバラ(眉間流血美女ね)は精神科医の夫と暮らしているのですが、かなり精神的に不安定な感じ。彼女に関しては後に色々なことがわかってくるので、彼女の人生をたどる映画を観てみたいくらい興味津々♪監督さんに是非お願いしたい(笑)
 ジグゾーパズルの1ピースによるルイスとバルバラの偶然の出会いの演出、バルバラが額で鏡を割るシーンで、ふつうなら思いっきりたたきつけると思うんだけど、鏡に押しつけていってパリンって割るのが素晴らしかった!
 バルバラがお金を稼ぐために行ったお邸が怪しかったですねートカゲ部屋の中でいったい何が?(汗汗)覚えておくように言われたワードも意味深でしたよね。バルバラは忘れちゃったのかな?(^_^;)バルバラを演じたバルバラ・レニー、無表情がちょっと恐かったけどスタイルも抜群でとってもキレイでした。
 トカゲ部屋とかもそうなんだけど衝撃的な場面を直接見せることなく想像させるというところが、より不安や恐怖を感じて効果的だと思いました。想像力がたくましすぎるとかなり恐いかも(笑)服役中の元教師ダミアン(ホセ・サクリスタン)とバルバラの関係、何があったのかも描かれていないんだけどなんとなく想像がつきましたよ(^_^;)
 終盤ルイスとダミアンが対峙するシーン、あえてここでは衝撃的な場面を見せていたのがよかったです。オープニングに繋がるラストもみごと!女の子が踊る映像から始まる物語がまさかこんなハードな展開になるとは~@@どんどん変化していくすごい映画でした^^

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション

roguenationb.jpg

クリストファー・マッカリー監督

トム・クルーズ
ジェレミー・レナー
サイモン・ペッグ
レベッカ・ファーガソン
ビング・レイムス
ショーン・ハリス
アレック・ボールドウィン

 謎の多国籍スパイ組織「シンジケート」を秘密裏に追跡していたイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ブラント(ジェレミー・レナー)からIMF解体を知らされる。組織の後ろ盾を失ったイーサンは仲間たちとともにシンジケートを追う。


 シリーズ5作目(1以外は劇場観賞)。トムちゃんは相変わらずカッコいいし、過激なアクションに果敢に挑戦して頑張ったのだから、なんとしても劇場で観なければという気持ちが強くなりましたよ。
 オープニングが話題になってた軍用機のシーンだったので、もう出しちゃう?って思ったけど、なんのなんのこの先すごいアクションがいくつも待機しているのでだいじょうぶ(笑)情報収集のための困難な計画実行、敵を欺く駆け引きなども見どころだと思います。
 今回の敵は元エリートスパイ集団ということで、かなり手ごわいです。組織の協力を得られない中で、信頼する仲間の存在が大きかったですね。サイモン・ペッグ演じるベンジーが相棒的で、活躍していたのが嬉しかったです^^カーチェイスとかでのベンジーのリアクションが面白くて若干コメディっぽくなっちゃってましたね(^_^;)でもサイモン・ペッグのキャラクターのせいか邪魔しない面白さでいい感じでした^^
 いると安心するおなじみのルーサー(ビング・レイムス)、「踊る~」の室井さん的なブラント(ジェレミー・レナー)もイーサンに協力。このチーム、最高でした。
 謎の女スパイ エルサがタフでエレガント!大柄なので格闘シーンも見栄えがるするんですよね。セクシードレスを着ての足技がいいですね~相手の体を登って、太ももで首をはさんで倒す@@これ男性は羨ましいのでは?(笑)レベッカ・ファーガソン、はじめて見たのですが美人ですね~そして何をやっても品がある。エミリー・プラントのようなタイプの感じがしました。彼女、スウェーデン出身だそうです。北欧女子、くるんじゃないの~(笑)

 <アクションの見どころ>
*ありえない!軍用機にしがみつくイーサン・・・危険度は一番だと思います。ベンジー、はよ開けろ!
*絶体絶命!敵アジトからの脱出・・・スムーズに連携したアクションが見事でした。トムちゃんのサービスショットあり(笑)
*超豪華!オペラ座での暗殺阻止・・・舞台裏の足場が悪いところでの格闘にハラハラしました。銃を構えるイルサが素敵!
*時間との戦い!水中作業・・・息止め長くない?(汗)見てるだけで息苦しくなりました。水中のアクシデントで切迫感UP(汗)
*スリル満点!カー&バイクチェイス・・・イーサンが両方を超スピードで運転する迫力のクライマックスシーンです。助手席のベンジーのリアクションが面白すぎ。
 
 これらのアクションをトムちゃんが自分でこなしてるのがすごい!メイキング見たんですけど、よくぞご無事でって思いましたよ(汗)アクション・コーディネーターの人が「トムの運転技術は見事だ」って言ってたけど、スタントマンいらないレベルにまでなってたんですね@@水中シーンもかなり危険だと思うし、まさに超人トムですね(^_^;)リアルにこだわったからこその迫力あるアクションは素晴らしかったです。
 組織のボスのソロモン・レーン(ショーン・ハリス)はいまいち存在感が薄かった気がしますが、絶対的にイーサンメインじゃなきゃダメなのでちょうどいいと思いましたよ(笑)冷たくて不気味な雰囲気はよかったです。
 ラスト、ベンジーにはハラハラさせられたけど(^_^;)イーサンの頭のよさを見せつけてスッキリ^^アクションも楽しめたし、大満足の映画でした。トムちゃんの無謀なアクションはちょっと心配だけど、次のミッション待ってますよー♪ 

真夜中のゆりかご

yurikagob.jpg

スサンネ・ピア監督

ニコライ・コスター=ワルドー
ウルリク・トムセン
マリア・ボネヴィー
リッケ・メイ・アンデルセン

 敏腕刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は美しい妻アナ(マリア・ボネヴィー)と乳児の息子とともに幸せに暮らしていた。ある日通報を受けて同僚のシモン(ウルリク・トムセン)と駆け付けた一室で薬物依存の男女の育児放棄の現場に遭遇する。ある朝、思いもよらぬ悲劇がアンドレアスを襲い、彼は驚愕の行動にでる。


 2度目のマックスを観に行っちゃったので(笑)ギリギリ最終日(^_^;)チラシを目にして興味を持ち、観賞予定リストに入れてました。後から主役が今話題の(?)北欧男子のイケメンだと知ってテンションUP♪主役はたしかにイケメンだったけど、テンションは急降下(・_・)かなりシリアスな作品でした。でもとてもいい映画でしたよ^^
 アンドレアスの相棒がどこかで見たことあると気になって気になって、後で調べたら「悪童日記」の将校でした(スッキリ)ニコライ・コスター=ワルドーも「MAMA」に出てたあのイケメンだったのね@@ぜんぜんわかんなかった~短髪だとイメージがだいぶ違う。
 登場する二組のカップル。刑事のアンドレアスと美しい妻アナ(マリア・ボネヴィー)は赤ちゃんと湖畔のお洒落な家に住み、幸せな生活を送っています。赤ちゃんの夜泣きがひどいのでアンドレアスが車で連れ出したり、アナは乳母車に乗せて深夜のお散歩@@このお散歩かなり物騒だと思うんだけど(汗)
 一方薬物中毒のトリスタン(ニコライ・リー・コス)とサネ(リッケ・メイ・アンデルセン)にも赤ちゃんがいるのですが、育児放棄状態。アンドレアスたちが押し入った時の汚物まみれの赤ちゃんの姿はおまりにもひどかった(>_<)その光景に衝撃を受けるアンドレアス。サネは赤ちゃんのことを気にしていて世話をしようとするんだけど、トリスタンが邪魔してきて、とても子供を育てる環境じゃないんですよね。
 やがて彼らが思わぬ形で関わりを持っていきます。アンドレアスの衝撃的な行動には胸が苦しくなりました。これは善悪というより親の心情としてできるわけない。しかしそのことによって、今まで見えなかったものが見えてくるのです。それは気付かなかった心の闇であったり、先入観にとらわれていた母親の姿でした。
 アンドレアスとアナ、トリスタンとサネの緊迫したやりとり、スリリングな展開に目が離せません。美しいけれど冷たさを感じる映像がミステリアスな雰囲気に合っていてとてもよかったです。それぞれの表情から感情を読み取ることが重要な映画かなって思いました。そこから伏線も見えてくる。自分の考えについてハッとさせられる部分もありました。
 ニコライ・コスター=ワルドーの精神的に追い詰められていくシリアスな演技、ニコライ・リー・コスの薬中ダメ男ぶりが素晴らしかったです。魅力的な北欧男子、マッツだけじゃなかった!(笑)サネを演じたリッケ・メイ・アンデルセンはトップモデルだったんですね@@そんなイメージを感じさせない役作りもすごいし、映画初出演とは思えない存在感でした。
 衝撃的な光景が胸に突き刺さり重たかったけど、希望が見えるラストには、なんとも優しい気持ちになりました。

マッドマックス 怒りのデスロード

madmaxb.jpg

ジョージ・ミラー監督

トム・ハーディ
シャーリーズ・セロン
ニコラス・ホルト
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
ゾーイ・クラヴィッツ
ライリー・キーオ
アビー・リー・カーショウ
コートニー・イートン
ヒュー・キース・バーン

 石油も水も尽きかけた世界。イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)率い謎の集団が資源を独占し、暴力で民衆を支配していた。マックス(トム・ハーディ)はジョーの手下ウォーボーイズに捕えられ、輸血用の血液袋にされる。ジョーの右腕であるフュリオサ大隊長(シャーリーズ・セロン)はジョーの性奴隷である5人の妻を連れ逃走する。


 キター!前3作も見直していたしたし、前日からワクワクしてましたよ(笑)予想をはるかにこえたクレイジーさ、最高でした!!
 感想を書く上でなるべくネタバレをしないように心がけているのですが、「たまにはいいじゃん」ということで(笑)
 今回はネタバレで書いていますので、これからご覧になる予定の方は気をつけてください。
 3Dで観たかったのですが吹き替えしかなかったので、2D版を観賞。「マッドマックス」の新作が公開されるって聞いてからずっと楽しみにしてました♪最初の構想から紆余曲折あったようで、なんと前作から30年もたっていたんですね@@監督はよく情熱を失わず公開にこぎつけてくれました(ありがとう!)。何故このシリーズに惹かれるのかというと、たぶん「世紀末的な世界が好き」「カーチェイスアクションが好き」「アウトローな主人公が好き」のすべてを満たしてるから^^
 オープニングで「インターセプター」とマックスを見た瞬間は感動!マックス、2つ頭の爬虫類食べてたよね@@感動をしみじみ味わう暇もなく始まるカーチェイス。これこれこの感じ、まさにマッドマックスだー♪
 マックスがわりとあっさり捕まってしまったのはびっくり@@人間輸血袋って(^_^;)マックスが連れてこられた砦を支配するイモータン・ジョーがすごいビジュアル(^_^;)目もマスクも恐すぎ!ダースベイダーかっ(笑)トゥーカッター役の彼だと思うと感慨深いですね。
 砦にはジョーの息子たちや白くて病的なウォーボーイズなどがいて役割分担してるようなんです。母乳を搾取されてる豊満な女のひとたちはまるで家畜みたい(^_^;)色々な描写が放射能汚染されている世界というのを強調しているように思いました。
 ジョーの右腕であるフュリオサ大隊長がジョーの5人の妻を連れて逃亡したことが発覚し、ジョー軍団が猛追跡を開始するのです。ここから一気に突っ走りますー♪とにかくカーアクションが凄かった!車はクラッシュの嵐、人は飛ぶ@@ほとんどCGを使っていないようなので、スタントマンは大丈夫だったのかと心配になりましたよ(>_<)砂嵐も圧巻で、突入して火を消すところは感動しました。
 車種(こんな車ないと思うけど;)とかわからないけど、ひじょーにユニークでぶっ飛んだものばかり(^_^;)ギタリストと大量のスピーカーを積んで走る車にはびっくり@@ずっとヘビメタ演奏してて、ギターから火炎放射!あとヤマアラシみたいなのとか、竿のようなものにぶら下がって攻撃してきたりもしてましたね。
 タンクを積んだトレーラーでひたすら走り続ける寡黙でタフなフュリオサが超カッコよかった!丸刈りのシャーリーズ・セロン、すごい役作り@@ジョーの5人の妻たちは案の定全員美人でしたね。妙に彼女たちだけこぎれいだったのがなんか怪しかった(笑)ただキャーキャー言ってるだけじゃなく一緒に戦おうとする姿がよかったですね。ジョーのお気に入りの妻はかわいそうでした(>_<)
 血液袋として車にくくりつけられて(しかも前に)追跡に加わったマックス、最初はあまりいいところはなかったけど、フュリオサたちと一緒になってからはひじょうにタフで頼りがいがありました。今回マックスはトム・ハーディーに変わったわけなんですが、メル・ギブソンは尖った感じだったけど、トムは優しさが滲み出ちゃってましたね。メル・ギブソンの方が悪そうということです(笑)でもトム・ハーディのマックスも好きですよん^^
 最初から目立っていたウォーボーイズのニュークスはやはり重要なキャラでしたね。最初はクレイジー丸出しだったけどジョーの妻の一人と心を通わせていくうち、だんだん気持ちが変化していって、ふつうの青年ぽく見えてきました。メカニックの技術を生かして活躍、捨て身の行動には泣けました(T_T)ニコラス・ホルトくんの作品初めて見たのですが、繊細な演技が素晴らしかったです。地顔がよくわからなかったけど、ほんとは可愛いんですね(笑)
 終盤はフュリオサの悲しい過去があきらかになったり、探していた「緑の大地」がなくなっていたり、「追いかけっこヒャッハー!」だけでは終わらないんですね。「緑の大地」の話はちょっと「~サンダードーム」を思い出しましたよ。フュリオサの仲間の鉄馬の女たちはみな年配の方々ですが、バイクを乗りこなす姿はパワフルでカッコよかったです。
 結局安住の地はなかったということで、一か八かジョーの砦に引き返すことにするのです(危険!)ジョーと最後の対決のカーチェイスも迫力満点でした。マックスとフュリオサの絆も深まったように見え、ケガをしたフュリオサにマックスが自分の名前を教えるシーンには泣けました(T_T)すがすがしいラストもよかった!そして一人去っていくマックスが最高にカッコいい~また逢う日まで(笑)
 シャーリーズ・セロンが素晴らしかった!フュリオサをはじめとする女性たちが自由に生きるために戦う姿が印象的でした。
 リブート作品ということですが、前作の世界観はしっかり引き継がれていましたね。予告を見たとき「~2」に似ているなって思いましたが、「~2」+「~サンダードーム」をパワーアップした感じでした。ジョージ・ミラー監督は70歳なんですよね、あと3作か4作?まだ続きそうだけど、監督には是非お元気ですべて撮っていただきたいです。
 フュリオサもマックスもあんまりしゃべってないし(^_^;)アクションにも集中できるので、吹き替え3Dでもよかったなって後悔(>_<)もう一回観たい。

Mommy/マミー

mommyb.jpg

グザヴィエ・ドラン監督

アンヌ・ドルヴァル
スザンヌ・クレマン
アントワン=オリヴィエ・ピロン

 架空世界のカナダ。ダイアン(アンヌ・ドルヴァル)はADHDを抱える15歳になる息子スティーヴ(アントワン=オリヴィエ・ピロン)がいるシングルマザー。スティーヴが矯正施設を退所し二人は一緒に暮らし始めるが、攻撃的で情緒不安定なスティーヴは度々問題を起こしダイアンを困惑させる。そんな中、向かいに住むカイラ(スザンヌ・クレマン)と親しくなる。


 楽しみにしてました♪ドラン監督作品というだけで、絶対観たいと思ってしまう。そんな魅力のある監督さんです。
 障害(ADHD)を持った子供とその母親のお話です。同じ立場でなければわからない思い、苦労はあると思いますが、私も息子を持つ母なので色々考えさせられました。シリアスなテーマながら、やっぱり印象に残る素敵なシーンはありましたね。
 ケバケバしてて元ヤンっぽいダイアンとスティーヴのハードな掛け合いにたじたじ(^_^;)でも仲の良さが伝わってきます^^
 パーソナルな部分を強調しているような1対1の画面が、スティーヴがこじ開けるようにして広がった時にはより解放感が感じられて、すごい演出だと思いました。ショッピングカートで暴走するスティーヴ、いい表情してたなーとても好きなシーンです。
 ダイアンとスティーヴにとって、カイラ(スザンヌ・クレマン)の存在は大きかったですね。カイラは何かのストレスからか吃音症になっていたのですが、二人と親しくなったことで快方に向かっているように見えました。楽しそうな3人の姿、カイラに勉強を教えてもらっているスティーヴの真剣な表情には、未来に希望を感じました。そんな彼を見てダイアンは嬉しかったんじゃないかな。3人で踊るシーンが素敵♪
 しかし現実は厳しいものでした。そして辛い選択(>_<)ダイアンに葛藤があったのもわかるし、ずっと息子を思う母の姿でした。3人のドライブでダイアンが夢に見る情景は切なかったですね(T_T)
 アンヌ・ドルヴァルとスザンヌ・クレマンは「マイ・マザー」にも出てましたね。「マイ・マザー」ではあまり絡みがなかったように思うけど、二人とも強すぎる個性をもってるので一緒だとかなり濃ゆいです(^_^;)激しい感情表現をみごとに演じたアントワン=オリヴィエ・ピロンが素晴らしかったです。
 今思い出してみるとふしぎとダイアンとスティーヴの楽しそうな姿の方が印象に残っていますね、ラストもとても優しかったし。いい時も苦しい時も愛情ある二人として描かれているところがよかったと思います。

dolanb.jpg

8月に近くのミニシアターで、特集上映やります!
「わたしはロランス」を映画館で観たいな~♪
悩ましい表情にドキッ♡
「映画が彼に恋をしている。」というキャッチコピーが素敵。  
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる