マンク 破戒僧

monkb.jpg

ドミニク・モル監督

ヴァンサン・カッセル
デボラ・フランソワ
セルジ・ロペス
ジェラルディン・チャップリン
ジョセフィーヌ・ジャピ

 17世紀のスペイン、マドリッド。赤ん坊の時にカプチン派修道院の門前に捨てられ修道士に育てられたアンブロシオ(ヴァンサン・カッセル)は、すべての欲を断ち、規律を重んじる立派な修道士に成長する。ある日、仮面をかぶったミステリアスな修道士バレリオが見習いとしてやってくる。バレリオは不思議な力を持っていた。


 以前観た「モラン神父」はストイックな神父でしたが、今回は「破戒~」ということで色んな意味での(!)タブーを犯した修道士のお話です。ドミニク・モル監督は、あの恐~い映画「レミング」の監督さんです。
 原作の小説は160年間禁書になっていたそうです@@映画ではそこまですさまじいイメージはなく、幻想的な映像を交えながら芸術的に描かれていました。
 やっぱヴァンサンですよね~この役は^^アンブロシオも最初は規律を重んじるストイックな修道士だったんです。禁欲の誓いを破ったのもまんまとハメられた感じだし、ちょっとかわいそうな気もしました。しかしそうなった後は欲望のおもむくまま、もう止められません~(汗)頭巾をかぶってるのがカプチン派の特徴のようなのですが、かなり怪しく見えます(^_^;)
 見習いとしてやってきたバレリオの仮面が恐いんですけどーーー(゜ロ゜)暗闇からいきなり出てきたら絶対びっくりするって@@アンブロシオの頭痛を治したのだって「すごい」っていうより「恐い」って思っちゃった。
 誓いを破った修道女への罰はひどかったですね~本当にあんなことが行われていたなら恐ろしいことです><
 物語は黒魔術、アンブロシオの出生の秘密も絡み、衝撃的な展開になっていきます。
 アンブロシオと関わる女性役の二人、デボラ・フランソワとジョセフィーヌ・ジャピはどちらも美しかったです。デボラ・フランソワは「ある子ども」の彼女だったんですね。とてもいい雰囲気を持っていて魅力的、今後が楽しみな女優さんです。オープニングでエグイ(・_・;)告解をしていた男のセルジ・ロペスは私の中ではステラン・スカルスガルドとかぶってて、彼の役はステランもできる気がする(笑)セルジ・ロペスはラストに「それみろ!」的に再登場します。
 ヴァンサンはカリスマ性のある修道士姿と情欲にとりつかれ別人のようになった姿、どちらもハマってました。清純なアントニエ(ジョセフィーヌ・ジャピ)に迫るところはリアルに気持ち悪かった。ちなみにヴァンサンのサービスショットもありますよお~(^_^;)
 ゴシック・ホラー的なオープニング、陰と陽の演出、ダークで神秘的な美しい映像が素晴らしかったです^^ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる