その夜の侍

samuraib.jpg

赤堀雅秋監督

堺雅人
山田孝之
綾野剛
田口トモロヲ
新井浩文
でんでん
安藤サクラ
谷村美月
高橋努
山田キヌヲ
坂井真紀

 小さな鉄工所を営む中村(堺雅人)は5年前の引き逃げ事件で最愛の妻久美子(坂井真紀)を亡くし、深い悲しみと喪失感を抱えていた。その頃刑期を終え、出所したばかりの引き逃げ犯の木島(山田孝之)の元に「復讐決行日」までをカウントダウンする匿名の脅迫状が届くようになる。


 「~メソッド」がとてもよかった堺さんが主役ということと、ただならぬ雰囲気が漂っていて(笑)気になったのでチェックしていました。直球でズバッ、ズバッ、と胸に突き刺さってきて、いつまでも思いだしてしまう、そんな映画でした。
 こんな堺さん、初めて見た@@分厚いレンズのメガネにだらしなボディ、いつもの甘い笑顔も封印しています。妻の服を抱え、何度も何度も留守番電話の声を聞く姿に中村の深い悲しみと喪失感が伝わってきます。二人が一緒のシーンはないんだけど、留守電のメッセージからいい夫婦だってことがわかります。
 中村を取り巻く人たちは変わり者だけどどこか温かみを感じます。義理の兄の青木(新井浩文)は見合い相手を紹介するなど中村のことを気にかけています。従業員の佐藤(でんでん)と久保(高橋努)もいい味だしてましたね。キャッチボールのシーンがよかった。
 一方木島は善悪の区別がつかない自分勝手に生きているような男で、まったく共感できません。いつも一緒にいる小林(綾野剛)は嫌悪感を持ちながらも離れられず、木島にひどい目に遭わされた星(田口トモロヲ)と由美子(谷村美月)も何故か引きつけられてしまう。木島の周りの人たちからは、誰かと関わっていたいという孤独さが感じられました。木島の気分がコロコロ変わり、何をするかわからないところが不気味。山田くんの暴力シーンって凄みがあって恐いです(汗)
 堺さんと山田くん、どちらも一歩も引かない存在感で二人の演技を見るのが楽しかった^^クライマックスの体当たりの対決シーンは凄まじかったですね@@周りの俳優さんたちも個性的な人たちばかりでそれぞれが印象に残っています。新井さんもトモロヲさんも素晴らしかったです。安藤サクラさん、最高~(^_^;)
 善悪がわからぬまま大人になりなんとなく生きてる男に、汗まみれで働き真面目に生きてる男の幸せを奪われてしまう。そんなことが今もどこかで起こっているようなやりきれなさと、怒りを感じました。
 中村が木島を知り、対決することは彼の気持ちに区切りをつけるために必要だったんじゃないかな。私は「復讐」ではなく「再生」の物語だと思いました。シュールな描写と独特の間がちょっと癖になりそう。しばらく「プリン」は食べたくないな(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる