ショーン・オブ・ザ・デッド

shaundead.jpg

エドガー・ライト監督

サイモン・ペグ
ニック・フロスト
ケイト・アシュフォード
ルーシー・デイヴィス
ディラン・モーラン
ビル・ナイ

 ロンドンの家電量販店に勤めるショーン(サイモン・ペグ)は、無気力で煮え切らない態度ゆえにガールフレンドのリズ(ケイト・アシュフォード)に振られてしまう。
 ショーンが翌日目を覚ますと街中にゾンビがあふれていた。彼は母親とリズを助け出すため、居候のエド(ニック・フロスト)とともに奮闘する。


 「ホット・ファズ~」が気にいったエドガー・ライト監督作。こちらの方が先に公開だったようですね、しかし日本では未公開だったみたい@@
 最初から「ドーン~」の女の子登場のパロディで受けた(笑)でもなかなかゾンビでてきません。というかいてもショーンがなかなか気づかない(笑)
 通勤バスの中や街を歩く人たちの生気のない姿がゾンビを彷彿させて、なかなかうまい演出だと思いました。
 前半はラブコメ的な展開で、恋に不器用で彼女に責められっぱなしのショーンだけど親や友達思いの愛すべきキャラクターだということがよくわかります。
 友人のエドはニートで居候、ショーンのデートにもついてきちゃったり、やることハチャメチャ。「ホット~」でも相棒だったニック・フロストでした。
 ラブコメで油断していたら、ゾンビはしっかり気持ち悪いし、むしろドーンよりエグいシーンとかもありましたた(^_^;)
 しかし基本コメディなので、ゾンビと絡んでいてもしっかり笑いをとります(笑)
 絶妙のタイミングでクイーンの曲が流れたのには爆笑、まさかこんなところで・・・バーのジュークボックスの自動選曲って空気読んでるのかいないのか、チョイスがおかしい(笑)
 誰もが一度は考えても実践しようとは思わないゾンビになりきって突破するって案、ゾンビを見本に練習してたのがおかしい(^_^;)
 ショーンの義父役はビル・ナイでしたが、ゾンビになっても気品がありました。
 サイモン・ペグ、いいですね~表情とか行動とかすべて面白い^^武器(クリケット・ラケット)のチョイスもgood!まじめに面白ことやるのツボですね♪
 ほっこりする(?)ラスト、ある意味ゾンビ映画の最先端かも(笑)
 面白かったですね~みんなが楽しんで作ってる感がひしひしと伝わってきました^^
 目をつぶっちゃうようなシーンもあるので、ゾンビファンの方も満足される映画じゃないかと思います。
 エンドクレジットの曲もクイーンでした・・・うける^^ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる