ルート・アイリッシュ

ruteb.jpg


ケン・ローチ監督

マーク・ウォーマック
アンドレア・ロウ
ジョン・ビショップ
ジェフ・ベル
タリブ・ラスール
クレイグ・ランドバーグ
トレヴァー・ウィリアムズ
ジャック・フォーチュン

 兄弟同然に育ったファーガス(マーク・ウォーマック)とフランキー(ジョン・ビショップ)は民間兵としてイラク戦争に参加する。ファーガスは一足先に故郷リヴァプールに戻るが、イラクに残ったフランキーは戦場で帰らぬ人となる。


 ケン・ローチ監督、容赦ないですね。温かい空気などない、痛々しい現実を突き付けられました。今回初めて知ったのは民間軍事会社の存在です。民間軍事会社とは戦闘、要人警護、軍事教育など軍事サービスを行う企業です。戦争をビジネスにしている企業があるなんてショックでした><民間兵は企業から派遣される兵士。兵士も派遣とは。
 ルート・アイリッシュはイラクのバグダット空港と市内の米軍管轄区域グリーンゾーンを結ぶ世界一危険な道路と呼ばれているところです。その場所でフランキーが亡くなってしまいます。「マズい時にマズいところに」という理由でかたずける企業に納得できないファーガスは彼の死について探り始めます。
 ファーガスは気が強そうですがフランキーは優しそうな笑顔が印象的な温厚なタイプ。イラク行きもファーガスがフランキーを誘ったようです。二人は幼い時からの親友で、ファーガスのショックは大きく、彼の死に対する責任も感じていたんだと思います。
 イラクでは緊迫した様子が描かれていて、彼らがいかに危険な仕事をしているかがわかります。戦場から帰っても精神的なダメージを引きずっている人の姿は痛々しかったです。
 ある携帯電話が見つかり、そこには民間人までもが犠牲になる衝撃的な映像が残されていました。その携帯をめぐって企業も動き出し、隠されていたものが見え始めます。それはフランキーの優しさと企業の非情さでした。調査に協力するミュージシャンのハリム(タリブ・ラスール)にも危険が!
 戦争でお金儲けをする企業、高い報酬に引き寄せられる人たち、どちらも戦争に加担しているのと同じです。これでは戦争はなくならないと思います。監督は彼らを最後まで厳しさを持って描いています。
 これはね、観てよかった。今まで知らなかった戦場で起こっていることがわかったから。是非多くの人に観ていただきたいと思います。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる