ソハの地下水道

sohab.jpg

アグニェシュカ・ホランド監督

ロベルト・ヴィエンツキェヴィチ
ベンノ・フユルマン
アグニェシュカ・グロホフスカ
マリア・シュラーダ
ヘルバート・クナウプ
キンガ・プライス

 1943年、ポーランド。地下水道の管理と空き巣家業で妻子を養っているソハは、収容所行きを逃れるため地下水道に繋がる穴を掘っているユダヤ人たちを発見する。彼はユダヤ人を地下に匿う見返りに金をせしめようと思いつく。


 今年あと映画館で何本観れるかわからないけど、ここにきて大物映画登場!(偉そうですが笑)アカデミー賞外国語映画賞ノミネート(ポーランド)作品です。名前がみんな読みづらくて絶対覚えられない(^_^;)
 ナチス政権下のポーランドでの実話に基づいた映画です。極限状態に置かれた人々を描いたリアリティある演出、女性監督らしい細やかな心理描写が素晴らしかったです。ユダヤ人を救った一人の男の「良心」に感動しました。
 街で繰り広げられるユダヤ人虐殺の光景は目を覆いたくなるものばかり><ポーランド人は虐殺の対象ではありませんが、ユダヤ人をかくまったり不穏な行いをすれば即殺されてしまいます。
 ユダヤ人たちが隠れている地下水道は暗くて狭くてじめじめしていて見てるだけでも息苦しくなってきます。しかもユダヤ人狩りを行う将校が目を光らせているのです。見つかりそうになると移動しなければならないので、地下水道を知りつくしているソハだけが頼りです。次々と起こる困難な状況の中で繰り広げられるドラマは緊張感の連続で目が離せません。
 最初に登場したソハはタチが悪そうな雰囲気で(笑)お金をせしめてから密告してやろうと思ってたみたい。彼らに食料を運び、接しているうちにその気持ちは徐々に変わっていきます。自分だけでなく家族にも危険が及ぶかもしれない中で葛藤するソハ。何度もやめようと思ったに違いありません。でも見捨てることはできませんでした。
 ソハ役のロベルト・ヴィエンツキェヴィチ(読みづらい)が素晴らしかった!最後は強い意志を持ってユダヤ人を助けようとする姿に胸を打たれました。ソハの奥さんがいい人なんですよね~ソハの家族の温かい雰囲気が微笑ましくホッとするシーンでした^^
 ユダヤ人たちは実際14ヶ月地下に隠れていたそうです。その生活は過酷で辛いものでしたが、歴史に名を残さないソハのような良心ある人たちがもっといたのではないかと思わせてくれる心温まる映画でした。
 エンドクレジットにその後のソハの事が書かれていました。そんな・・・・(T_T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる