タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

takkerdailbl.jpg

イーライ・クレイグ監督

アラン・テュディック
タイラー・ラビン
カトリーナ・ホウデン

 親友同士のタッカー(アラン・テュディック)とデイル(タイラー・ラビン)は念願の別荘を手に入れ、休暇を過ごそうと森へやってきた。しかし二人は、同じ頃キャンプに来ていた大学生グループに人里離れた山に暮らす殺人鬼だと間違えられる。

 
 面白いホラー・コメディ見ぃ~つけた♪ん~~、ホラーというほどでもないような・・・でもホラーかな(どっちなんだ)ちなみにイーライ・クレイグ監督はサリー・フィールドの息子さんだそうです@@
 タッカーとデイルと大学生グループの車がすれ違う。大学生グループは二人の人相の悪さに恐い人たちだと思いこんでしまいます。偶然店で会った時もかなり怪しい雰囲気で、大学生たちはますます怯えてしまいます。実はタッカーとデイルは気のいい仲よしコンビで、緊張してただけだったのです(笑)アラン・テュディックとタイラー・ラビン、二人ともコメディのセンスが抜群でかなり笑わせていただきました♪
 タッカーとデイルが川で溺れかけた女子大生アリソン(カトリーナ・ボウデン)を助けたことが悲劇の始まりでした。しかもこの森は20年前に惨殺事件があったところだったみたい~><
 二人を殺人鬼と誤解して、勝手に襲ってきては勝手に死んでゆく大学生たち@@そのタイミングがよすぎて(!)恐いけど笑っちゃう(^_^;)タッカーが誤ってハチの巣を切ってチェーンソーを振り回しながら逃げるところがおかしずぎる(笑)大学生たちは殺人鬼だと確信。
 デイルとアリソンがだんだん仲良くなっていくところがよかったですね。最初は警戒していたアリソンですが、デイルの優しさに心を開いていきます。軽そうな大学生グループの中でこの子だけはマジメそうでした。
 やがてグループのリーダー格のチャド暴走でガチバトルに突入!ハラハラする場面もありました。
 ハチャメチャコメディーでもしっかり友情やラブストーリーも描かれてて、ほっこりするちょっといいお話でもありましたよ。
 過去の事件を絡めながら、悲劇を笑いに変える演出が素晴らしかったです。テンポのいい会話も楽しめました♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる