デイブレイカー

daibraker.jpg

ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ監督

イーサン・ホーク
ウイレム・デフォー
クローディア・カーヴァン
マイケル・ドーマン
イザベル・ルーカス
サム・ニール

 2019年。かつて世界中を襲った疫病により、人類の大半は不老不死のヴァンパイアへと変貌した。
 人間的な良心を持つ血液学者エドワード(イーサン・ホーク)は巨大製薬会社で、代用血液の研究を急いでいた。


 人類のほとんどがヴァンパイアになってしまった世界は人類のほとんどがゾンビになってしまった世界とは違ってます。
 やたら襲ってくるゾンビとは違い、知性はそのままのヴァンパイアが支配し、もはや人間は彼らの血液供給源となっているのです。
 飼育されている人間たちの姿は異様な光景でショッキングでした><ヴァンパイアの軍隊が人間狩りをするのも恐い(^_^;)
 今まで観たヴァンパイアってわりと少人数だったので、ほぼヴァンパイアっていう設定はとても新鮮。
 太陽光線を避けながらの生活や、ブラッド・コーヒーやジュースに群がる人たちなど面白い光景でした。
 ヴァンパイアと人間のガチバトル的なものを想像していたら違ってましたね。
 人間のレジスタンス組織が親人間家のヴァンパイアと接触というようなちょっとひねった展開になってます。
 代用血液の研究というのも興味深いですね。
 またもや苦悩するイーサン、彼っていつも何か抱えてますよね(笑)
 前半はオールバックで顔色も悪くて老けて見えたけど、後半はサラサラヘアーでと~っても素敵でした(*^_^*)
 エドワード(イーサン)の弟フランキー役のマイケル・ドーマンがイケメン!ちょっと切ない役どころでしたね。
 出番は少なくてもやはりデフォーは存在感ありますね~一瞬ゴブリンの変身シーンを思い出してしまいしたが(笑)
 後半は流血度が加速、これは映画館で観なくてよかった~@@そして突っこみどころも加速です(^_^;)
 この人、人間?ヴァンパイアどっち~~?あ~ややこしい@@
 近未来の映像も芸術的でよかったと思います。
 変化球のヴァンパイア映画、楽しめました♪
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「デイブレーカー」

デイブレイカー [Blu-ray](2011/06/02)イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー 他商品詳細を見る 西暦2019年。 一匹のコウモリから発生したウィルスが世界に蔓延、人類の95%は不老不死のヴァ...

デイブレイカー

デイブレイカー (2009  オーストラリア・アメリカ) DAYBREAKERS 監督: マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 製作: ショーン・ファースト ブライアン...

コメントの投稿

非公開コメント

おお、ポルカさんも!

ポルカさん、こんばんは。

おお~!ポルカさんもご覧になったんですね!!
バンパイア映画もいろいろありますけど、これはまた斬新な作品でしたよね。
なにせヴァンパイアが多数派なんですもん。普通に会社勤めとかしてるんですもんね。

うんうん、イーサンって苦悩する顔が似合うの~(笑)
近未来の世界も似合ってましたね。
でもあの治療法はとっても荒療治でビックリしちゃった(苦笑)

デフォー、カッコよかったですよね。ふふ、ゴブリン~(笑)

ラストは血がかなり飛び散って凄かったですねぇ。サム・ニールがぁ・・・・。
彼の考え方と娘さんの対立、そしてイーサンと弟の思いも・・・。

こんなに多数派だったらヴァンパイアになった方が楽かしら?でも・・なんて考えちゃいましたけど、やっぱりイヤですよねぇ。

あ、初めてこちらにTBしてみました。時々、同じFC2ブログさんでもTBが上手くいかないときもあるのですが、今回はちゃんと出来ました、良かった♪

ありがとうございます

瞳さん、こんにちは~。
新しいタイプのヴァンパイア映画でしたね^^
ヴァンパイアたち、かくれることなく堂々と生活していましたものね。
人間との見た目の違いは顔色の悪さ?(笑)

イーサンにはいつも母性本能をくすぐられてしまいます。
近未来の世界似合ってましたね~やっぱり魅力的な俳優さんです。
そうそう治療法びっくり~~@@紙一重ですよね(^_^;)
デフォーの登場はちょっと得した気分でした(笑)

ラスト、エグかったですよね~大きな画面じゃなくて良かった(^_^;)
サム・ニールの娘さんのことは切なかったですよね、最後まで抵抗して・・・

あの世界だったらヴァンパイアになった方が楽かも、あんなふうにつながれちゃうのはいやだし(汗)
代用血液が確保できれば、食事の準備は超簡単!なんて(笑)
でもやっぱりおいしいものたくさん食べられた方がいいですよね^^

TBありがとうございます!ちょっとブログらしくなった感じ♪
私もこんど挑戦してみますので、よろしくお願いします。

楽しめましたね

ポルカさん、こんにちは!

これまでのヴァンパイア映画と違った世界観が斬新で良かったですよね。
獣じゃなくて、知性を持って文明社会を営んでいるなんて。
面白い設定に引き込まれました。

イーサン、ちょっと前の「クロッシング」では老けて見えたけど、
本作ではカッコ良さが戻って来たって思いました。
ほんと苦悩する役が多くて、晴れやかに笑った顔が浮かんでこない(^^;

ひょっとしてポルカさんは、血が苦手ですか?
確かにラストは血の海で、おぞましい事になってましたね。
私は、けっこう慣れてしまったなあ・・・(^▽^;)

斬新でしたね

YANさん、こんにちは~。
青春ものなんてものありましたが、光を避けながらでもふつうに生活しているヴァンパイアって斬新なアイデアですよね。
飼われてる人間は衝撃的でしたが・・・(^_^;)

イーサン、カッコよかったですよね♪
「クロッシング」では疲れ切った感じて老けて見えましたよね。
最初は顔色も悪くて生気がなかった(当たり前か笑)ので、またか~って思いましたが、
後半髪型も変わったせいかと~っても若々しくなってましたね(*^_^*)
今度は明るい役の彼も観たいですね♪

血はあまり大量だとちょっとドキっとしてしまうかも(^_^;)
そのわりには恐い系映画の感想が多かったりしますが(笑)
ゾンビはOKで、ジェイソン&フレディーはNO、自分の中で微妙なラインがあるんです(笑)
YANさん、頼もしいですね~また感想など拝見に伺いますね♪

こちらにも

<いつも何かかかえているイーサン>
アハ~~~その通りだ・・笑
彼が主役だったから観たっていうのもあるかな・・・
ヴァンパイアがいつのまにか、ゾンビものになっていて
びっくりしたけど。
<フランキー役のマイケル・ドーマンがイケメン>
おお~~、ここにもイケメンいましたね。しかし弟の
最後はあまりにも悲惨で・・・・涙。
デフォーは確かに存在感あるよね。人間でも怖いよね…笑
購入したというショーン・オブ・ザ・デッドが
気になるところなので、今度探してみるね。
未公開だとないかもね・・・

ありがとうございます

みみこさんへ。
こちらにもコメントありがとうございます。
イーサンが主役っていうのはかなり大きいですよね^^
しかもヴァンパイアときたら、なんか妖しい姿を想像しますよね
でも「噛まれたい~♪」と思うようなシーンはありませんでしたね(笑)
ていうかそういう映画じゃなかった(^_^;)
サブサイダー、あんなのでてくるとは思わなかった~もはや見かけはゾンビでしたよね@@
弟くん、目がクリクリしててイケメンでしたよね~あんなことになるとは(涙)
デフォーが出てきたときは存在感ありすぎて、別の映画になっちゃいそうな感じでしたが(笑)脇に徹していたのでよかったと思います。
はい、人間でもじゅう~ぶん怖いです(笑)
「ショーン~」はね、「ゾンビランド」みたいな感じで面白かったです。
でも描写は容赦ないのでやっぱりウヘ~~ってなりますよ(^_^;)



プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる