テイク・シェルター

takeshelter.jpg

ジェフ・ニコルズ監督

マイケル・シャノン
ジェシカ・チャスティン
トーバー・スチュアート
ケイティ・ミクソン

 田舎町で妻サマンサ(ジェシカ・チャスティン)と娘ハンナと幸せに暮らしていたカーティス(マイケル・シャノン)は、たびたび異常気象に襲われる悪夢を見るようになる。その恐怖から家の近くに深く穴を掘り、避難用シェルター作りに没頭し始める。しかし家族や周囲の人たちは、彼に不信感を募らせていく。


 シェルター作りに取りつかれた男の話というのに興味を引かれてチェックしてたのですが、こちらでの上映はなくDVDでやっと観賞できました^^この映画、数々の賞を受賞しているようです。
 たびたび異常気象の悪夢に襲われるカーティス、これは予兆だと思い、とにかく身を守るためには頑丈なシェルター、ということでシェルター作りに執着。工事現場で働いているので、自ら重機を使って穴を掘る。もう誰も彼を止めることはできません!
 カーティスが精神的に追い詰められていくところが見どころだと思います。日常にストレスを感じているような表情や、病院にいる母親の存在も気になりました。彼が見る悪夢の描写はちょっと恐かったけど、彼の行動の方が恐いです(^_^;)
 マイケル・シャノンの鬼気迫るな演技が素晴らしかったです。突然キレたとこは超恐かった(汗)何をやらかすかわからない危ない雰囲気がよいですね~まさに怪優って感じ。新作「スーパーマン~」では悪役ゾッド将軍を演じるそうです。恐そ~~(^_^;)今後も注目していきたいです♪
 完成したシェルターに食糧などを運びこんで、快適な空間にしてるとこは生き生きしていましたね(笑)実際に家族が避難する場面は、このままカーティスが出してくれなかったらどうしようとか、色んなことが心配で、すご~くドキドキしました。自分は閉所恐怖症なので、見てるだけで息苦しくなってきましたよ(汗)ガスマスク着用はさらに息苦しくなるだけのような(^_^;)
 妻のサマンサは夫の行動に腹をたて戸惑うも、見捨てることなく身守るところがよかったと思います。ジェシカ・チャスティンの感情豊かな演技もよかったです。女の子も可愛かったな。
 カーティスが見た異常気象、空一面の黒い雲、稲妻、黄色い雨がとってもリアルな映像で、不安感を増していました。黒い鳥の大群も不気味。
 ラスト、ないほうがよかったな~別のタイプの映画になっちゃうから・・・ちょっと残念。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる