ダークナイト ライジング

darknightb.jpg

クリストファー・ノーラン

クリスチャン・ベール
トム・ハーディ
マイケル・ケイン
ゲイリー・オールドマン
アン・ハサウェイ
マリオン・コティヤール
ジョセフ・ゴードン=レヴィット

 バットマン(クリスチャン・ベール)が夜の闇に消えてから8年。ハービー・デントの死によって制定されたデント法の重圧により、ゴッサムシティにおける犯罪活動がことごとくつぶされた。そんな中、テロリスト ベインが出現、ゴッサムを恐怖のどん底に陥れる。やがてブルース・ウエインが再び動き出す。


 ティム・バートン監督のバットマンの世界観が大好きだったので、圧倒的な悪役が登場しなかった「~ビギンズ」には「これ違う!」って思ったけど、「ダークナイト」には素直に「まいりました」でした。そしてついに最終章、前2作との繋がりを持たせながら、丁寧な人物描写とエンターテインメント性のある見応えのある作品でした。ヒースがいたらジョーカーも登場していたんじゃないかな(涙)「影の軍団」「ラーズ・アール・グール」ってなんだっけ~(汗)ちょこっと復讐しておいた方がよいかも知れません。
 物語は前作から8年後。ブルース・ウエインはず~っとひきこもっていたようです@@バットマンが最初に登場した時は、おお~~って感じで血が騒ぎましたよ~♪
 デント法によって犯罪を抑えつけられていたゴッサムシティに、ついに現れたのは頭脳明晰な肉体派ベイン(トム・ハーディ)です。写真で見た時は、ヘッドギア的なものが苦手なので、これは恐いタイプって思いましたが、そうでもなかった。トム・ハーディの目が甘いからかな~マスクを通した変な声のせいかな?(ダース・ベイダーとかぶる)・・・それだけじゃありませんでした。ジョーカーとは違い、とりあえず話は通じそう(笑)とはいえバットマンとの格闘では圧倒的な強さを見せつけます(汗)体型のわりには身のこなしが軽くて、最初の飛行機のシーンは手際がよかったですね(^_^;)
 どんなキャラか興味津々だったセリーナ・カイルは女泥棒でしたね。アン・ハサウェイは華麗な衣装を着こなし、とても魅力的。イメージ的には不~二子ちゃ~んみたい(笑)猫顔じゃなけど、キャットウーマンを彷彿させる黒の衣装でバットポット(バイク)を乗り回す姿もキマってました^^
 ブルースを見守る~ビギンズからのメンバーも健在でよかったですね~悪役の方で出て欲しかった(まだ言う笑)ゲリオは今回も活躍、でも**を抜け出したのに元気すぎるんじゃない?とツッ込みを入れてしまいました(^_^;)アルフレッド爺のブルースを思う気持ちにホロッ。新たに登場したレヴィットくんも思った以上に重要なキャラで嬉しかったです♪そしてマリオン・コティヤール、今思うと伏線あったような気がします><
 「落とす者あれば助ける者あり」井戸型刑務所(?)の場面では色んな意味で深いものがありましたね。
 ラストはベタな感じがしましたが、その後の洒落たシーンはとてもよかったです^^
 バットポットで疾走するカーチェイス、フットボール場での爆破シーンなど、スケールの大きな演出で楽しませてくれます^^空飛ぶ車(?)フライング・ビークルは最強@@そして絶体絶命からのバットマン復活も見どころだと思います。3作、映画館で観れてよかった~満足♪
 ・・・ポスターのベインの背中、完璧!(最近背中が気になるのです笑)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダークナイト ライジング(IMAX)

ダークナイトは立ち上がり壮絶に終わる。 そして永遠のヒーロー、バットマンになる。 どっぷりと興奮の世界にハマって、164分あっと言う間! THE  DARK  KNIGHT RISES 監督:ク...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~☆

「ダークナイト ライジング」は、さすがと思わせる迫力ある映像でしたね^^

「ブラック&ホワイト」や「裏切りのサーカス」」でも出ていたトム・ハーディが、すごいマッチョになっていたので最初は彼とは信じられませんでした^^

17日に「コッホ先生と僕らの革命」を観てきました。
日本でいうと明治の初め、ドイツに初めてイギリスのサッカーを伝えたコッホ先生と生徒の交流を感動的に描かれていて、しかも同時にドイツ人が堅いというイメージがどこから来ているのか少しわかったような気がしました^^

ぜひ機会があれば観てください。

ポルカさん、こんにちは!

スケールの大きな演出あり、丁寧な人物描写あり、
実に見応えのある最終章に仕上がってましたね!
出演者がすごく豪華で、役柄にもピタッとハマッていて、
それだけでも興奮しちゃいました★
ほんとにヒースがいたなら、囚人を解放する所で登場したかも。
ラストは確かにベタだけれども、とっても嬉しかったわ(^▽^)

ポルカさんは、背中フェチ?(≧ε≦)
ベインの背中が完璧ってどういう事かな~?(^^;
哀愁? 肉体美? 

伸坊さんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
カーチェイスとかも見応えありましたね。
ほんとにスケールの大きな映画だと思いました^^
トム・ハーディなんですよね~@@
もともとイケメンだからやはり目が甘い感じがしました(笑)
プロレスラー並の体型になっててびっくりでしたね@@
色々な役ができる俳優で、これからも注目ですねっ♪

「コッホ先生と僕らの革命」はこれから公開されるようなので、
チェックしてみますね、ありがとうございます^^
先生といえば「ぼくたちのムッシュ・ラザール」も気になっています^^

YANさんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
ほんとに見どころ満載で、とっても楽しめました♪
出演者、豪華でしたね~男性陣は好きな俳優ばかり(笑)
アン・ハサウェイの華やかさと、マリオン・コティヤールのミステリアスな雰囲気もよかったですね。
スケアクロウもちらっと登場で、嬉しかったです^^
ヒース、やっぱり思い出しちゃいました><ほんと!刑務所の場面だったかもですね><
最後の最後にニヤリって感じでよかったですね^^

ベインの背中、もちろん肉体美です(笑)
「ドライヴ」のライアンの背中にググッってきてから、どうしても背中に目がいってしまいます(笑)
やっぱり逞しい背中がいい!(何言ってんでしょうね笑)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる