ソロモンとシバの女王

solomonb.jpg

キング・ヴィダー監督

ユル・ブリンナー
ジーナ・ロロブリジーダ
ジョージ・サンダース

 紀元前一千年。イスラエル王ダビデは病に倒れ、神託に従い次男のソロモン(ユル・ブリンナー)に王位を継がせる。一方敵国シバの女王マグダ(ジーナ・ロロブリジーダ)はソロモンの信仰心を変えさせる思惑で、大勢の共を連れイスラエルに乗り込む。マグダはソロモンを誘惑するうち、いつしか恋に落ちていた。


 旧約聖書にあるソロモンとシバの女王の物語。1959年製作とは思えないほどスケールの大きな映画でした@@
 イスラエル王ダビデは神のお告げにより知恵者である次男のソロモンに王位を継がせると宣言。攻撃的な長男のアドニアは当然納得できず激怒、ソロモンに敵意をむき出しにします。
 ユル・ブリンナーに髪の毛がある!@@私の中ではスキンヘッドのイメージしかなかったのでなんか違和感(^_^;)ほんとに整ったお顔立ちで、ハンパない目力は威厳ある王様にぴったりでした。
 そんな中、エルサレムにシバの女王マグダが大勢のお供のと土産物を持ってやってきます。エジプトと手を組みソロモンの知恵とエルサレムの繁栄をスパイしにきたんですね。ソロモンを誘惑して信仰心を変えさせるのが目的です。
 マグダは気性の激しい女性で、アドニアをムチでバシ~ンなんてやっちゃったり、感情をあらわにする場面もありました。ジーナ・ロロブリジーダがすごくキレイ!そしてナイスバディ、ウエストの細さにびっくりです@@胸の空いたドレスやスケスケ(!)なドレスなどセクシーな衣装を色々着こなしていて素敵です。シバの守護神に捧げる儀式ではくねくねと悩ましい踊りまで披露していました。男子は目が釘付けになること間違いなしですよ(笑)
 マグダはソロモンに対する思いがいつしか本気になってしまい、二人は恋に落ちてしまいます。しかし異教徒同士が結ばれることは困難なことでした。二人の運命は神の怒りと慈悲によって導かれていきます。
 クライマックスのエジプト軍とイスラエル軍の戦いは迫力がありましたね~CGなんてもちろんないんだから、エキストラの数はものすごいと思います@@エジプト軍が崖からドド~って落ちてくところがすごかった!
 昔聞いた曲「シバの女王」をこんな物語があったんだな~と思いながら聞いてみた♪懐かしい~^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良い映画を教えてもらいました。

この映画のキング・ヴィダー監督は、「チャンプ」や「白昼の決闘」などがあり、オードリーの「戦争と平和」など忘れられない作品があります。

最近、古い名作を集めようとしていたので、これはぜひと思いました^^

ジーナ・ロロブリジーダは当時ソフィア・ローレンに続いて世界的なスターになったイタリア女優ですよね^^

僕が知ってる作品では、アンソニー・クインとの共演の「ノートルダムのせむし男」があります。
後年、カメラ好きがこうじて写真家になったエピソードが有名ですね^^

伸坊さんへ

こんばんは~。
レス遅くなってすいません。
この映画は義父がDVDを持っていたので、観れました^^
「チャンプ」は観たことがあります。この監督の作品だったんですね。
ジーナ・ロロブリジーダ、すごく魅力的ですね、彼女の衣装も見どころだと思います^^
スケールの大きな戦いのシーンも見応えありましたよ。

「ノートルダムのせむし男」は義父がDVDを欲しいといったので探してみたら、
ジーナ・ロロブリジーダ版はものすごく高くてあきらめました。
この映画とっても観たいけど、レンタルもないし無理かなあ・・・><
古い名作、いいですね~私も色々観たいと思います^^

チャンプ

ポルカさん、こんばんは~☆

ポルカさんがおそらく知っている「チャンプ」は、「ロミオとジュリエット」のフランコ・ゼフィレリ監督ジョン・ボイド主演の作品だと思います。

その映画は、キング・ヴィダーのこの「チャンプ」のリメイクなんですよ^^

最近、古い名作にはまっています^^

伸坊さんへ

こんばんは~。
レス遅くなってすいません。
そうです、ジョン・ボイドの映画です。
リメイク作品だったんですね。
とするとオリジナルはかなり古い映画ですね@@
古い作品を観て思うのはとにかく女優さんが綺麗!
私もまた何か観たら報告に伺いますね^^


毛がぁぁぁ^^;

こんばんは~、残暑お見舞い申し上げます。
毎日暑いですね、もう溶けそう・・(-_-;)

懐かしい映画がいっぱいアップされていますね、うれしいな☆
ユル・ブリンナー、毛があると不自然!?ですよね。
もう坊主のイメージが強いからね。
この映画の時はヅラに違いないと思うのですが、どうでしょうねぇ~^^;
ロロブリジダも、この頃はいつもこんなコスチュームだった気がします。
つまりヘソ出しルックとか、ウエストを強調したものね♪
ウエスト、細いですものね、私の二の腕位かな?(涙)
濃い二人のドラマチックな物語が、とても懐かしいです。

こちらですみませんが、お薦め映画を持って来ました。
もうご覧になっていたらすみません。
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」という作品です。
監督はリトルダンサーの監督さんで、主役はひとりの少年。
9.11をバックグラウンドにしたお話なんだけど、とても脚本がよくて・・
とにかく主役の男の子が、いろんな意味で凄いです!
お時間があったら、是非~♪

まだまだ暑い日が続きそう・・。
涼しい日が待ち遠しいけど、もうちょいがんばりましょうね♪
また遊びに来ますね!

あ、あのポール借りて来ました(うふ♪)

みぬぅさんへ

こんばんは~。
ほんとに連日の猛暑、昔とは暑さが違う気がする><

みぬぅさん、やっぱりご覧になってたんですね、さすが!
コメントいただけて、嬉しいです。
ユル・ブリンナー、このパッケージからしても、ズラ疑惑濃厚な感じがしますね。
ロロブリジダ、はじめて見たのですが、綺麗ですね~
やっぱりね、あのスタイルを強調する衣装が多かったんですね。
出るとこ出て、あの細いウエストですもんね(羨)
二人の濃さに負けないくらいスケールの大きな映画でした♪

「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」
公開当時、少し気になっていたのですが、未見です。
その後レンタルのきっかけもないままだったのですが、
お薦めをいただいたので、是非観たいと思います。

9月まで暑さの予報で、なかな一息つけそうもありませんが、
ちらっと秋の気配も感じるので、頑張りましょうね^^

ご無沙汰していますが、こちからもまたお邪魔させていただきます♪

お~~っ!ポール、オモロイですよ~~(^◇^)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる