死刑台のエレベーター

shikeidaib.jpg

ルイ・マレ監督

モーリス・ロネ
ジャンヌ・モロー
ジョルジュ・プージュリー
ヨリ・ベルダン
リノ・ヴァンチュラ

 未開地開拓会社の技師ジュリアン(モーリス・ロネ)と社長夫人フロランス(ジャンヌ・モロー)は愛し合っていた。二人は邪魔者であるシモン社長の殺害計画を立て、ジュリアンが実行後落ち合う約束をしていた。しかし偶然が重なり、完全犯罪と思われた計画が崩れていく。


 1957年のフランス映画です。BSにて放映されたものを観賞。2010年に日本でもリメイクされていて、それに合わせてニュープリント版が劇場公開されていたようです。日本版は安部寛さんですね、いいかも^^
 ジュリアンがフロランスの夫を殺し、二人は落ち合う約束だった・・・
 オープニングの二人の電話から酔わされました。フランス語ってなんて切ない響きなんでしょ~ジャンヌ・モローの「ジュテーム」に悩殺@@
 ジュリアンが犯行現場に戻ったことから予期せぬ偶然が重なり、二人の計画は崩れてしまいます。ジュリアンの乗ったエレベーターが停止してしまった!一刻も早く立ち去らなければならないのに足止めされ、フロランスとも会えなくなってしまったのです。ジュリアンの不安と焦りはMAX、絶体絶命です!
 ジュリアンを探して夜の街をさまようフロランスの姿を追っていく演出が素晴らしかった。クールなジャンヌ・モローの魅力に引き付けられます。
 一方、ルンルン気分でドライブする若いカップルの姿は対照的。彼らの軽はずみな行動がやがて、大変な事件へと発展していきます。二組の男女が意図せぬままに関わり合っていくところが面白かったです。
 サスペンスとしてもまとまりのありましたが、やはり「雰囲気」を楽しむ映画だと思います。マイルス・デイビスのトランペットがいいですね~
 ジャンヌ・モロー、素敵でしたね~存在感に圧倒されました。ジュリアンがいかにも実直そうなエリート技師という感じなので、彼女の魅力には抗えないでしょう(^_^;)映像、音楽、そしてジャンヌ・モローに酔わされた大人のムード漂う映画でした。これはまた観たくなるかも^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

色褪せない映画

こんにちは~。
この映画、フランス映画の中でも名作中の名作ですよね。
私も大好きな映画です。
画像のシーン、今思い出してもハラハラしちゃう^^;^^;
それから、ジャンヌ・モローがマイルス・デイヴィスのトランペットのBGMを背景に、パリの街を彷徨い歩くシーン、そしてラストシーン。
これらが、この映画では異彩を洟っている名シーンだと思います。
やっぱり、悪い事はしちゃダメ・・って事なんだけど、そのテーマをこんな芸術的な香りのする名作に仕上げるルイ・マレ監督も凄いよね~。
モーリス・ロネも素敵だけど、ジャンヌ・モローの肝の据わった演技には圧倒されます!
彼女って、どんな役柄でも肝が据わって見えるのは何故かしら?(笑)

こちらですみませんが、ちょっとお知らせが・・。
今、身体のあちこちの状態が悪くて(大病では無いのでご心配なく)、NETや映画鑑賞も中々思うようになりません。
そんな訳で、ブログは続けますし、映画大好き人間も変わらないのですが、ブログで感想を書くのは気力体力的に無理だと思います。
中身の無いブログになりますが、こんな私に懲りず、今後ともどうぞよろしくお願い致します。<(_ _)>

では、またお邪魔しますね(*^^)v

みぬぅさんへ

こんばんは~。
ほんとに名作、観るのが遅すぎですよね(^_^;)
監督の若い頃の作品のようですが、酔ってしまいそうなムードを醸し出す演出が素晴らしいですね。
トランペットのBGMも映画の雰囲気にピッタリでしたね。
ジャンヌ・モロー、すごい存在感!確かに動じないって感じ。
すごく魅力的、他の作品も観たくなりました^^

お体辛そうですが、だいじょうぶですか。
ブログは自分のペースが第一だと思うので、無理なさらない方がよいと思います。
好きな映画を観てゆっくりなさってください。
ブログは続けられるとのことなので、よかったです^^
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします^^
どうぞおだいじになさってくださいね。

偶然です^^

ポルカさん、こんばんは~☆

こちらでは2ヶ月に1回映画ショップで上映会を催していて、
実は来週の21日の晩にこの映画を上映することになっているんです。

偶然とはいえ、びっくりしました^^

僕自身、この映画は大昔の大昔「日曜洋画劇場」で放映していたのを両親と観たきりで、もう一度観たいと思っていた作品なんです。

来週の上映会後に、こちらに感想を述べたいと思います。

うぅ~。。。

61C44wxE
誰か抱いてよ~…
なんて言ってみちゃったり。。。
なんだかんだ言っても、やっぱ一人は寂しいよねぇ
http://R6m607fL.mad.bjg12.net/R6m607fL/

伸坊さんへ

こちらにもコメントありがとうございます。
映画ショップとはDVDやパンフなどが売ってるのかな。
上映会、いいですね~古い映画も上映されるのですね。
この映画をスクリーンで観れるなんて、うらやましいです。
またこの雰囲気に浸ってみたいと思う映画ですよね。

偶然同じ時期に観賞、話ができて嬉しいです♪
上映会、楽しんできてくださいね^^

上映会

ポルカさん、昨晩2ヶ月に1回の「上映会」が行われました。

作品は予定通り「死刑台のエレベーター」です。

それこそ大昔、「日曜洋画劇場」で観たことがあるんですが、やはりほとんどストーリーは忘れていました。(^^ゞ

ジュリアンを探し求めて深夜に街をさまようジャンヌ・モローにマイルス・デイヴィスのジャズがマッチして、雰囲気に酔わされます。またよく練られた脚本にルイ・マルのテンポ良い演出に釘付けになりますね^^

ところで、不良少年のジョルジュ・プージュリーは、「禁じられた遊び」の少年なんだそうですよ^^

伸坊さんへ

こちらにもコメントありがとうございます。
上映会、楽しまれたようでよかったですね^^
音楽、マッチしていましたよね。
ジャンヌ・モローの大人の魅力に酔わされました。
偶然からはじまる思わぬ展開に引きつけられました。
「禁じられた遊び」音楽は聞いたことありますが、映画は観たことありませんでした。
映像をチェックしてきました。男の子、おもかげありますね^^
切なそうな映画ですね、女の子の演技力にびっくり@@
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる