裏切りのサーカス

tinkkertrailorb.jpg

トーマス・アルフレッドソン監督

ゲイリー・オールドマン
ジョン・ハート
マーク・ストロング
ベネディクト・カンバー・バッチ
トム・ハーディー
トビー・ジョーンズ
コリン・ファース
キアラン・ハインズ
デヴィット・デンシック
キャシー・バーク
スヴェトラーナ・コドチェンコワ

 東西冷戦下、英国情報局秘密情報部(MI6)とソ連国家保安委員会(KGB)は熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、引退した老スパイ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)の元に、英国諜報部(サーカス)のに長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ(もぐら)を探しだせ、という命令が下る。スマイリーは過去の記録を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていく。


 観賞ホヤホヤ。ゲリオー~~!やっと観れた♪それにしてもくるの遅すぎ、待ちくたびれちゃったよお。昨日から、この映画の事ばっか考えてました(笑)「ぼくのエリ~」のトーマス・アルフレッドソン監督ということも注目していました^^豪華な俳優陣の演技はほんとにすごかったです!@@
 お友達の伸坊さんから「予備知識を得た上で観賞したほうがよい」と教えていただいたので、HPにてチェック。おおまかなストーリーと人物相関図を頭に入れておいてよかった。ただ疑惑の組織幹部4人のコードネームと顔は覚えたのですが、名前で出てくることの方が多かったのでちょっと混乱><名前もしっかり覚えておいた方がよいと思います。
 いつになく気合いの入った集中力で眠気0(笑)「映画に挑む」という気持ちでの観賞って意外と楽しい♪
 KGBとの駆け引きを絡めながら、老スパイ・スマイリーが静かにじわじわと「もぐら」に迫っていく展開にまったく目が離せません。標的の幹部4人、コリン・ファースをはじめ曲者ぞろいで、みんな怪しく見えてくる><
 スカルプハンター(実動部隊)のジム(マーク・ストロング)、ピーター、リッキー(トム・ハーディー)3人の涙は切なかった。常に危険と隣り合わせ、時には大切な人を失うこともあるのです。特にマーク・ストロングの存在感、感情を抑えた演技が秀逸。トム・ハーディは新作「バットマン・ライジング」で悪役ベインを演じてるんですよね、変なマスクを取ったらこんなにイケメンだなんて、想像できませんねっ@@あ~ベイン恐い(・_・;)ピーター(ベネディクト・カンバーバッチ)はスマイリーの片腕となって頑張っていましたね。保管室のファイルを盗み出すシーンはすごい緊張感が伝わってきました(汗)
 引退したスマイリーのなにげない日常から滲み出る孤独感がとても印象的。歩く姿、メガネを新調するシーンにさえも奥深さを感じ、引きつけられるのです。「ぼくのエリ~」の時もそうだったけど、70年代の空気感が伝わってくるような映像もよかったです。当時の名車でしょうか?車のチョイスにもこだわりを感じました。車好きにはたまらないかも。
 ゲイリー、素晴らしかった!知的で冷徹なスマイリーになりきっていましたね。なんて素敵なんでしょう~おでこのシワまでもいとおしい(笑)キレた役のゲイリーも好きだけど、この役はかなりお気に入りになりました^^
 相手の精神状態をも操作するスパイたちの攻防、「もぐら」捜しの面白さ、リアルで重厚なスパイ映画を堪能しました^^そして切ない映画でもありましたね。
 スマイリーのライバル、KGBのカーラ、姿を見せぬ彼のイメージはふくらむばかりです。続編あったらいいな~超期待!
 劇場ではリピーター割引キャンペーンをやっていました。再見したら見落としてるところや、新しい発見がありそう。背景やファッションなど細かいところも、もう一度見たいです。 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「裏切りのサーカス」

映画チラシ 『裏切りのサーカス』 ゲイリー・オールドマン()不明商品詳細を見る 東西冷戦下、英国諜報部“サーカス”のリーダーコントロールは、幹部の中にソ連の二重スパイ“も...

裏切りのサーカス

男の涙が哀しく切ない。 見応えのある緻密なスパイ映画。 TINKER TAILOR SOLDIER SPY 監督:トーマス・アルフレッドソン  製作:2011年 イギリス・フランス・ドイツ 原作:ジ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

言葉足らずですみません、「予備知識を得た上で観賞したほうがよい」というのは、登場人物の予備知識も入っていたんです(^^ゞ

それにしても改めてこの映画は、ハリウッドで活躍するイギリス出身の俳優が多く出ていて、とくにトム・ハーディはこの春に公開されたアクション映画「ブラック&ホワイト」でクリス・パインとともにCIA局員で親友でライバルという主演を演じて、またこの夏最大の話題作「ダークナイト ライジング」では、ヒース・レジャーに匹敵するほどの悪役を演じているようで期待大の俳優です^^

最近観た映画で、オススメは「崖っぷちの男」「きっと ここが帰る場所」「プレイ 獲物」「ブラック・ブレッド」などです^^

伸坊さんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
映画はあまり予備知識を得ずに観る方なのですが、
この映画ばかりは教えていただいてほんとによかったです^^
なんとかついていくことができ、だいたい理解していると思ってます。
ありがとうございました^^

イギリス出身の俳優たち、みんな素晴らしかったですね!
トム・ハーディー、色んな役をされていて、魅力的ですね。
ヘッドギア系(?)が苦手で、ベインはとっても恐いんです(^_^;)
大好きなゲイリーも出てるので「ダークナイト・ライジング」楽しみです♪

オススメ映画情報ありがとうございます!
「崖っぷちの男」はこれから公開、「きっとこここが帰る場所」「ブラック・ブレッド」はもうちょっと先にミニシアターで公開されます。
「プレイ獲物」は知らなかったので、チェックしたら面白そう!
選ぶことになりそうですが、どれか観たいと思います♪

面白かったですね

ポルカさん、こんばんは。

やっと観れました!ゲイリー、渋い~、素敵でしたねぇ。

そうそう、人物関係図、頭に入れておかないとこんがらがってしまいますよね。
ちょっとしたシーンやカットが、え?と思うようなシーンに挟まれてあって・・、思わず戻って観たりしましたよ。

派手なアクションや銃撃戦などないのに、この緊迫感~。

スーツにメガネ、調度品、チェスの駒(写真貼ってましたね)
イギリスらしい雰囲気に溢れた映像にも酔いました。

それぞれの人物の表情や会話、きっとまだまだ見逃していることもあるはず!ともう一度観たい気持ちでいっぱいです。
DVD購入しちゃおうーー。

原作も読み始めましたよ。

瞳さんへ

こんばんは~。
ご覧になったんですね~^^
ゲイリー素敵ですよね~7割はゲイリー目当てだったんで(笑)渋さがたまりません♪

人物関係図、チェックしていったにも関わらず、名前とコードネームがでてくるので、ややこしくて混乱しちゃいました(^_^;)
DVDだと巻き戻せるからいいですよね~巻き戻せるものなら巻き戻したいとこいっぱいありましたよ(笑)

そうそう、派手さはないけど作品全体に重厚さと、緊張感がありましたよね。スパイも役割があるってことがわかりました@@

色々な小道具ね、写真付きチェスの駒は興味をそそられますよね~
映画全体に上品な雰囲気が漂っていたように思いました。

おっ、DVDお買い上げ決定!私も絶対見逃してるとこあると思います。
原作本も読まれるのですね、何か発見したらこっそり教えてくださいね。
私もまた観たくなっちゃった^^

本日2度目のお邪魔虫

こちらにも。
これ、確かに予備知識を得た方が良かったですね。
私は「もぐら探し」しか知らなくて(^^;
名前もファーストネームにサーネームにコードネームと出てくるから、
誰の事だった?って何度思った事やら(≧ε≦)
でも家での鑑賞だったので、好きな箇所で戻して確認して観ました。

静かで緻密でリアルなスパイ映画でしたね。
もぐら探しも緊張感ある物語でしたが、
私は男の涙の切なさにグッときました。
スパイの世界の悲哀もよく出てましたね。

ポルカさんが大好きなゲイリーは表情を変えず知的でした。
いつものゲイリーなら怪しいと思うんだけど、
これは裏無しですよね?「実は・・・」って事ないですよね?(^^;

YANさんへ

こんにちは~。
こちらにもコメントありがとうございます。
ご覧になったんですね~♪
名前、混乱しますよね、脳みそフル回転でついてってました(笑)
途中からやっとわかってきて、ホッ(^_^;)
DVDだと巻き戻しができるから、いいですよね^^

「007」みたいなアクション映画もいいけど、
じわじわと確信に迫っていく重厚なスパイ映画も面白いですね^^
俳優たちの抑えた演技もよかったです。
男の(イケメンの)涙は切ないですね><

ゲイリー、素敵でした!!あ~やっぱり大好き(*^_^*)
今回は怪しさ封印で英国紳士って感じでしたね(笑)
んん、ラストシーンを思い出してみると、「実は・・・」ってことも考えられなくもないですね@@
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる