別離

betsurib.jpg

アスガー・ファルハディ監督

レイラ・ハタミ
ペイマン・モアディ
シャハブ・ホセイニ
サレー・バヤト
サリナ・ファルハディ
マリッサ・ザレイ
ババク・カルミ

 テヘランで暮らすシミン(レイラ・ハタミ)は11才になる娘テルメー(サリナ・ファルハディ)の将来のことを考えて夫ナデル(ベイマン・モアディ)とともにイランを出る準備をしていた。しかしナデルはアルツハイマー病の父を置き去りにできないと反対。シミンは裁判所に離婚申請をするが協議は物別れに終わる。
 シミンはしばらく家を出ることになり、ナデルは父の世話のためラジエー(サレー・バヤト)という女性を雇う。


アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。以前観た「彼女が消えた浜辺」では、彼女がいなくなってしまったことによって、どんどん物語が広がっていきました。今回は妻が家を出たということが発端となっています。
 伏線をちりばめながらミステリー仕立ての演出、俳優陣のシリアスな演技が素晴らしかったです。
 子供の将来を優先したいシミンと父親を置き去りにすることができないナデル、どちらの気持ちもわかるのでよい解決法はなかったのだろうかと思ってしまいます。
 ある日ラジエーが外出している間にアルツハイマーの父親がベッドから落ち、ナデルはラジエーを激しく責め立てます。さらにナデルとラジエーの間にもトラブルが発生し、そのことが二つの家族を巻き込む争いへと発展していきます。そしてそれぞれが抱える問題も見えてきます。
 二つの家族の間の協議で語られたことはすべて真実なのか?それぞれの心理を推し量りながら、物語にどんどん引き込まれていきます。追い詰められていくラジエーの姿に、宗教の重さを感じました。
 一見頑固で横暴に見えるナデルですが、父親や娘のことを大事に思っているんですよね。強気のナデルが父親と二人きりの時に見せた涙がとても印象的でした。
 一番胸が痛んだのは物静かな少女テルメーのことです。両親を繋ぎ止めたいという思い、真実を知ったショックに一人耐える姿、彼女の涙は辛かったですね><彼女は監督の実の娘さんだそうですが、感情を押し殺した演技は素晴らしかったです。
 イランでは離婚率が急増しており、介護の体制も十分に整っていないといいます。ラジエーの夫が激怒したように宗教上の問題からも女性が他人の男性の世話をすることは難しいことがわかります。介護する側、任せる側の責任など日本人の私たちにとっても身近な問題に考えさせられました。
 重たい映画でしたね~どんより。観る側に委ねられたラストには切なさと怒りを感じました。 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

別離

些細な問題がこじれにこじれて・・・ 緊張感のある会話劇はとてもリアル。 2011年アカデミー賞外国語映画賞受賞。 JODAEIYE NADER AZ SIMIN NADER AND SIMIN, A SEPARATION 監督・製作

コメントの投稿

非公開コメント

ポルカさん、こんにちは!

やっぱりポルカさんはこれ観てましたね!

口論が多くて緊張感がありました。
どの人も自分の家族を大切に思っていて、
それゆえに嘘をついて、どんどんこじれていってました。
本当に良い解決法は無かったのか?って思いますよね。
何と言っても気の毒だったのは娘のテルメーですもんね・・・
ラストの選択はキツ過ぎます!

同監督の「彼女が消えた浜辺」も面白そうですね。


12/29 追伸
ポルカさんとは好みがかなり似通っているんですよね~
私も今年はゴズリンにハマりました!
スーパー・チューズデーもそのうち観てみます。
では、今年もいろいろ楽しくお話しさせていただいて、
ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいね★

YANさんへ

こんばんは~。
レス遅くなってすいません。
緊張感ある演出に引き込まれましたね。
宗教のことなども関わって、複雑になっていましたね。
娘のテルメーはかわいそうでしたね。
ラストは怒りすら感じましたよ。

「彼女が消えた浜辺」この映画も面白かったです!
彼女がいなくなったことから、見えなかったことが見えてきて、
話がどんどん発展していき、目が離せませんでした。

好みが似てるって私も思ってました^^
ゴズリン、なんかいいですよね~色んなタイプを演じられるのでこれからも楽しみですね♪
「スーパー・チューズデー」は強さと弱さ両方のゴズリンを堪能でした^^

こちらこそコメント色々ありがとうございました。
お話させていただいて、とても楽しかったです♪
来年もよろしくお願いします。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる