第九軍団のワシ

theeagleb.jpg

ケヴィン・マクドナルド監督

チャニング・テイタム
ジェイミー・ベル
ドナルド・サザーランド
マーク・ストロング
ダハール・ラヒム

 西暦120年、ローマ帝国はブリタニア(イングランド)への侵略を進めながらもカレドニア(スコットランド)部族の抵抗に手を焼いていた。
 カレドニアに侵攻していたローマ軍最強の第九軍団兵士5000名が、黄金のワシとともに忽然と姿を消した。
 20年後、第九軍団の指揮官フラビウスの息子マーカス(チャイニング・テイタム)はローマ軍人としてブリテン島に赴任されるが、足に重傷を負い、軍人生命を断たれる。
 マーカスはブリテン島の北端の神殿にワシがあるという噂を聞き、奴隷のエスカ(ジェイミー・ベル)とともに旅に出る。


 男の映画きた~~♪「御法度」はちょっと特殊な男の映画だったので(^_^;)
 男の友情が胸を打つ、大好きなタイプの映画でした^^気持ちいいほどに女性との絡みはなし(笑)
 マーカスは赴任早々、先住民の襲撃を受け足に重傷を負ってしまいます。圧倒的な数の先住民と亀の甲羅のように一団となって突進していくローマ軍兵士の戦いは迫力があります。
 マーカスとエスカの出会いは運命的なものでした。マーカスは剣闘試合での死を恐れないエスカの姿に心を動かされたのだと思います。マーカスに命を助けられたエスカは奴隷として仕えることになります。
 エスカの村はローマ軍に侵略されておりいわば仇、さぞ複雑な心境だったでしょう。それでもマーカスに忠実に仕えるエスカ、二人の気持ちも微妙に変化しているように見えて、いい感じ^^
 チャイニング・テイタム、英雄顔ですね~凛凛しいローマ兵士にぴったりでした。華奢なイメージがあったジェイミー・ベルの逞しさにビックリ@@複雑な立場の感情表現がすばらしかったです。さすが!
 ブリテン島の北端にワシがあるというの情報が入ったため、マーカスとエスカはワシを探す旅にいざ出発~~!そこはローマ軍が侵略してきた土地なので、現地の言葉を話せるエスカが先導することに。ローマ兵士だとわかったらただではすまされません(^_^;)美しく、厳しい自然の風景も見どころだと思います。やがて消えた第九軍団の真実も明らかになります。
 先住民の過激派!”アザラシ族”は全身をペイントした異様な風貌です@@エスカの機転で村に迎えられることになりましたが、バレたら何されるかわからない雰囲気だけにハラハラドキドキでした(汗)エスカを慕っていた村の子供には切ない気持ちになりました><
 逃げる機会はいくらでもあったのに、怪我をしたマーカスを見捨てることなく共に行動するエスカ。この旅を経て、二人はもはや主人と奴隷という関係ではなくなっていきましたね。
 クライマックスのアザラシ族との戦いも迫力があってよかった。相当な距離を走ったであろう後でも戦えるアザラシ族の体力は測り知れませんねっ@@
 よくよく考えてみるとローマが侵略したのが悪いんじゃないかと・・・アザラシ族だって悪者みたいになってましたけど、侵略されたから闘っただけなんだし、なんて思っちゃいました。でも二人の友情を描いた物語なので、あんまり深く考えないことにしましょう(^_^;)気持ちのいいラスト、二人の会話にグッときました。やっぱり男の映画はいいな~^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

男の映画だ!

ポルカさん、おはようございます~♪

> 男の映画きた~~♪
あははは~(笑)ポルカさん、いいなぁ(笑)

私も男の友情物語大好きです。ノーチェックだったのですが、俄然気になってきましたよ。
ジェイミー・ベルが逞しくなってるのね、こういう映画に出てるなんて思いませんでした。

アザラシ族~~、すっごく気になる!!

ジョニーの映画はご覧になりましたか。
ジョニーだったら、耽美なヴァンパイアもぴったりだと思いますが、敢えてコミカル、白塗りでしたね。
浦島太郎状態の戸惑いっぷりが面白かったです。

瞳さんへ

こんにちは~。
瞳さんも男の友情物語お好きなんですねっ!わ~い♪
大好きな男の映画なんですけど「列車に乗った男」ってご覧になられてますか?
そうそう、ジェイミー・ベルの逞しさはビックリですよ@@
軍団的な映画に出るイメージないですよね。
色々な思いを抱えている役なので、やはり演技派な彼で正解だと思いました^^
アザラシ族の王子役のタハール・ラヒム、ペイントしててもイケメンオーラがでてたんですよ~
そしたらやっぱりでした!イケメンチェックは怠りません(笑)

ジョニーの映画、観ました!♪
ほんとほんと、「インタビュー~」「クイーン~」路線のも観たいですよね^^
しかし今やこっちの方がジョニーらしいのかな(^_^;)
見どころはやっぱり戸惑うジョニーですよね、まわりの反応も面白かったですよね♪

チャニング・テイタム

ポルカさん、こんばんは~☆

毎年1年間で映画館の上映と試写会で80本あまりの鑑賞なんですが、今年になってからもう既に65本になります^^

最近はハリウッドの若手スターの活躍がめざましいのですが、そのなかのひとりチャニング・テイタムは「第九軍団のワシ」に続いて、今月6月に公開されたのが「君への誓い」で、お奨めですよ^^

実話をもとにした作品ですが、恋愛とはどういうことなのかを改めて教えくれた映画でした。

レイチェル・マクダウェルがいつものように可愛いですが、チャニング・テイタムが男から見ても、首が太くてカッコいいって思いましたよ^^

伸坊さんへ

こちらにもコメントありがとうございます。
もう65本観賞~~!すごいペースですね@@
伸坊さんの★の数参考にさせていただいてます^^

ライアン・ゴズリングもそうですが、若手スター活躍してますね。
この映画でのチャイニング・テイタムは逞しくてカッコよかったです^^
出演作は初めてだと思ったら「パブリック・エネミーズ」に出てたみたい(^_^;)
「君への誓い」は知らなかったのですが、ラブストーリーなんですね。
まったく違うタイプの映画なので、気になります。
予告編観てきますね♪




はろ☆

g9ix9IR9
皆さん元気デースカー☆
寂しいおめーらに、2012娘さまがお小遣いを届けに行ってやるぜ~☆
感謝しな☆
http://6T71427B.bb.z2bmk.net/6T71427B/

事後報告

ポルカさんこんばんは
夕方6時過ぎてますがまだ昼間のように明るいです~そして暑い‥
男の映画キターーーなんですね(笑)
いいですね私も好き系だと思うのでDVDになったら是非見たいです。
歴史疎くても大丈夫かな?
ところで、最近観た映画「預言者」で、いいなって思ったニューフェイスがいて、
調べたら、なんとこの作品に出てたんですよ→ラヒム君
未見なのでポルカさんの感想も全部は読めないけど‥どうだったかな?
で、その事を自ブログでポルカさんのお名前と一緒に書かせていただきました~
事後報告すみませんヨロシクお願いします
最近暑くて映画鑑賞もスローペースですが‥また来ますね~

つるばらさんへ

こんにちは~。
ほんとに、日が長くなりましたよね~夕食の支度にとりかかる気になれない(それは別かと笑)
こちらも今日はいいお天気で、暑かったです。
女子の友情より男子の友情、女子が絡まないほどよいです(笑)
つるばらさんも男の映画系お好きですか~嬉しい♪
私も歴史は詳しくないのですが、どうもちょっと調べてみたら、
ローマ軍の方が悪い感じがして・・・
そういうことはおいといて、男の友情の映画として観るのがよいかと思います。
おお~~!ラヒム、アザラシ族の王子、全身ペイントしててもイケメンオーラは見逃しません(笑)
ラヒムで検索したら「預言者」がでてきて気になってました。
ブログ、全然OKです!ありがとうございます。
「預言者」どうだったのかな?ラヒムやっぱりイケメンだったのかな?感想拝見にお邪魔しますね^^

男の映画見たーー。

ポルカさん、こんばんは。

男の映画、観ましたよーー♪
本当に気持ちいいほど女性の影も形もありませんでしたね(笑)

冒頭の砦での攻防シーン、迫力ありましたね。
亀甲隊形で押せ押せ!力入りました。

ジェイミー・ベルもしっかりと筋肉ついててすごい!

そうそう、厳しくも美しい風景、この作品映像も良かったですね。

アザラシ族のインパクトは半端じゃ無かったです。第九軍団がやられちゃっても仕方ないかなって思うくらい。
追手も走りだもの!どれだけ体力あるのーーって思いました。

原作も有名な児童書だったんですね、鑑賞後読んでみました。
映画は設定をだいぶ変えてありましたが、原作は原作の、映画は映画の面白さがありました。

ワシ奪還後のシーンは、ほろ苦さと清々しさが混じる原作の方が好みかな~i-236

瞳さんへ

こんにちは~。
おお~、ご覧になったんですね^^
ノー女性、男一色(なんか響きが笑)の映画でしたねっ。
冒頭のシーン、迫力ありましたね~「300」を思い出しました。

ジェイミー・ベル、こういうマッチョな男たちの映画に出るっていうイメージなかったもんだから、あの逞しさは意外でした@@

美しい風景の中、ロードムービー的な感じでもありましたね。

アザラシ族、びっくりですよね~@@
あれだけ走った後に戦うって、ふつうはツッ込むところですが、
彼らなら戦えそうと思っちゃいますよね(笑)

原作は児童書だったんですね、知りませんでした。
設定もだいぶ変わっているのですね。
なんかすご~く、原作が気になってきました。
是非読んでみたいです^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる