御法度

gohattob.jpg

大島渚監督

ビートたけし
松田龍平
武田真治
浅野忠信
崔洋一
坂上二郎
トミーズ雅

 1865年京都、新撰組は新たな隊士を募集。多くの志願者の中から田代(浅野忠信)、異彩を放つ美少年加納惣三郎(松田龍平)の入隊を許可する。田代は衆道(男色)の気を持つ男で、惣三郎を引きこもうとしていた。
 隊士の中にも美男である惣三郎に言いよる者が現れるなど、隊内の秩序を重んじる土方(ビートたけし)を悩ませる。


 何故今この映画なのか?というと、「マーティン・スコセッシ監督が映画監督志望の若者に推薦する傑作39本」の中に大島監督の「絞首刑」という映画があったんです。これは観たいと思ったけどレンタルはないし、高いし><でも監督の作品を何か観たいと思い、この映画を思い出しました。こちらもレンタルがなく(何故!)中古DVDを購入しました。
 坂本龍一さんの音楽とともに展開される、なんとも妖しげな世界に引き込まれました。すぐにまた観たくなって、めずらしく2回観賞^^
 新撰組に美男剣士、加納惣三郎が入隊したことにより、隊の空気がおかしなことになっていきます(^_^;)
 近藤(崔洋一)でさえ惣三郎には甘く、すぐに小姓に迎えたいと言い出し、土方は苦笑。土方の心の声がおかしいんですよね、基本クールなんだけど、微妙な表情の変化にもクスとしてしまいます。たけちゃん、やっぱりうまいな~^^けっこう的を得ていて彼の心の声はキーポイントでもあります。
 惣三郎が入隊して間もなく斬首の役目を任されるもためらうことなくやり遂げる姿に不気味さを感じました。首が~~意外とリアル(汗)その気がなくてもおかしな気持ちにさせてしまうような魅力があり、まさに魔性の男。
 松田くんは、デビュー作で当時中学生だったみたい@@その初々しさが惣三郎のミステリアスな雰囲気となっていてよかったと思います。ハードな場面もあって、おばさんはちょっと心配です(^_^;)
 年齢設定や経験など関係なし、監督のイメージがすべてと思われるキャスティングが、ぴったりハマっていて素晴らしかった!崔監督は最初だれだかわかりませんでした(笑)浅野さんも武田さんも若いっ。ツボだったのは監察山崎役のトミーズ雅さん、「惣三郎を島原(遊郭)に連れて行こう~」のくだりはおかしかったです(笑)芸人ならではの間、表情が絶妙でした。坂上二郎さんもいい味だしてましたね。
 惣三郎は修道にのめりこんでしまったようで、ますます妖しさを増していきます。そしてついに惣三郎絡みの事件が起こってしまいます。
 幻想的なラストが素晴らしかった!妄想シーンでは「あなたもかい?」とツッ込をいれたくなりました(^_^;)沖田が語った「菊花の約」の話も興味深かったです。事件の真相と惣三郎の謎めいた言葉、確かな答えをださないのも想像力をかきたてられるニクイ演出でした。切らない前髪の意味も謎?
 ワダエミさんの衣装、特に新撰組の黒い隊服、太夫の着物が素敵!京都のお寺を背景にした美しい映像も見どころだと思います。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる