神々と男たち

kamigamib.jpg


グザヴィエ・ボーヴォワ監督

ランベール・ヴィルソン
マイケル・ロンズデール
オリヴィエ・ラブルダン
フィリップ・ローダンバック
ジャック・エルラン
ロイック・ピション

 1990年代。アルジェリアの山間の人里離れた小さな村にある修道院。修道士たちの生活はシンプルかつ禁欲的で、シトー会の戒律を守り、祈り、聖歌を朗誦し、そして黙想する。彼らはイスラム教徒の地元民たちとも友愛の関係を築いていた。しかしアルジェリア内戦に伴う暴力、テロが村にも押し寄せてくる。


 2010年カンヌ映画祭グランプリ受賞、アカデミー賞外国語映画賞フランス代表作品。1996年にアルジェリアで起きた武装イスラム集団(GIA)によるといわれるフランス人修道士7名の誘拐・殺害事件を題材にしています。
 BGMはありません。聖歌の美しい歌声、祈りの言葉が静けさの中に響き渡り厳かな気持ちになります。
 修道士たちの生活は質素で、自ら畑仕事ををしたりはちみつを売ったりもしています。イスラム教である村人たちととても仲が良く、宗教の壁を越えたまさに理想の関係だと思いました。修道士たちが村人の集まりに温かく迎えられている光景が印象的でした^^
 修道士の一人リュック(マイケル・オンブデール)は医者で、修道院に診療所を設け毎日多くの村人たちを診察しています。1日に150人もの患者を診察したこともあったそうです@@リュックは診療所を訪れるすべての人をわけへだてなく診察、たとえGIAでもです。靴のない女の子にはさりげなく靴をあげ、時に恋愛相談にのることも(笑)
 その頃アルジェリアでは内戦が起こっていて、イスラム過激派が多くの市民を虐殺、修道士たちにも危険が迫っていました。軍が保護を申し出ますが、修道院長のクリスチャン(ランベール・ウィルソン)は拒否。修道士たちのあいだで「帰国派」「残留派」「慎重派」に意見が分かれます。
 残れば殺されてしまうかもしれないという状況での死への恐怖。引き止める住民たち。彼らが村の人たちにとってなくてはならない存在だということがわかります。修道士たちはさまざまな思いの中で悩み、やがてみんなの気持ちが一つになります。クリスチャンの苦悩する姿は修道院長としての責任の重さを感じて、切なくなりました。
 クライマックスの「最後の晩餐」のシーン、ひとりひとりの表情を映し出していくのですが、みんな慈愛にみちた笑顔を湛え、そして涙に変わる。その表情がほんとに素晴らしかったです。流れる音楽「白鳥の湖」に胸が締め付けられました。ほんとにすごい演出です。
 過激派も神を信じる人たちなら、人を殺めることを神がお許しになるとは思えません。暴力に屈することなく覚悟を決めた修道士たちの毅然とした姿、冷たい雪の中を歩く姿が忘れられません。心揺さぶられる素晴らしい映画でした。是非多くの人に観ていただきたいと思います。 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神々と男たち

クライマックスで高鳴る旋律に身体が震えた・・・ DES HOMMES ET DES DIEUX OF GODS AND MEN 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ 製作:2010年 フランス 出演:*ランベール・ウィルソン ...

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

ポルカさん、挨拶がすっかり遅くなってしまいました。
昨年は、ポルカさんと出会い、楽しくお話ができて、
良かったなあって思っています。
本年も同様に、お付き合いをよろしくお願いしますね~☆

この作品、観たいと思ってレンタル店で探したら、
1本しかなくて、貸し出し中でした。
今度も狙っていきます。
だから、詳しくポルカさんの記事を読んでませんが、
また観たらお邪魔させてもらいますね!

YANさんへ

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、楽しくお話させていただき、ありがとうございます。
今年もガンホの話題など(笑)一緒に盛り上がれたら嬉しいです^^

私も最初に借りようと思った時、貸し出し中でした。
地味にひっそりあったのですが、同じように観たい人がいたと思うと嬉しくなったりします(笑)
YANさんの感想楽しみにしています。

今年もマイペース更新ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
YANさんのところにもお邪魔させていただきますね^^

ポルカさん、こんにちは!

これやっとレンタル出来て鑑賞しました。
前半はあまりに淡々としていて、
どこで盛り上がるんだろうとか思ってましたが(^^;
クライマックスの最後の晩餐のシーンには
身体が震えるほど感動しました!
このシーンのために前半を抑え気味にしていたような?
「白鳥の湖」に感情が激昂して、
修道士一人一人の表情に涙が流れるほどでした。
ポルカさんが仰るように、本当にすごい演出でしたね~!

この結末が実話だとは・・・
ああいう暴力が無くなってほしいですよね。

YANさんへ

こちらへのコメントもありがとうございます。
ご覧になったんですね~^^
そうそう前半は淡々と描かれていますよね、そしてあの「最後の晩餐」のシーン@@
私も「白鳥の湖」でガーンと(T_T)
修道士ひとりひとりの表情がほんとに素晴らしくて、自然に涙が溢れてきました。
あのシーンだけでもこの映画を観る価値があるとさえ思いました^^

実話なんですよね(涙)
暴力なくなってほしいですね、ラストは悲しさと怒りがこみ上げてきました。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる