FC2ブログ

ビューティフル・デイ

beautifuldayb.jpg

リン・ラムジー監督

ホアキン・フェニックス
ジュディ・ロバーツ
エカテリーナ・サムソノフ
ジョン・ドーマン
アレックス・マネット
アレッサンドロ・ニヴォラ

 元軍人のジョー(ホアキン・フェニックス)は行方不明者の捜索を請け負うフペシャリスト。ある日、彼が受けた依頼はある組織に囚われているヴォット州上院議員(アレック・マネット)の娘ニーナ(エカテリーナ・サムソノフ)の救出だった。ジョーはニーナを救出するが、感情がなく無反応な状態だった。そんな中依頼主であるニーナの父親が飛び降り自殺したというニュースが流れる。


 リン・ラムジー監督がカンヌ国際映画祭の脚本賞、ホアキン・フェニックスが男優賞を受賞しています。ホアキン・フェニックスの体形がクマさん的になってる(^^;自分の中では少女を助けるのがおじさんというのはなんかグッとくるパターン(笑)警察に頼めない行方不明者の捜索って絶対あぶない仕事ですよね(汗)
 そんな裏社会に生きるジョーは母親と二人暮らし。戦地、幼い頃の虐待など過去のフラッシュバックに悩まされていて不安定さを感じます。ホアキンは時に粗暴で繊細な演技が素晴らしかったです。静かにキレるホアキンが恐い(^^;
 ジョーと組織の攻防、アクションがカッコよかった。武器はハンマーですね(!)残酷描写がやや抑えめだったのは(そこメインではない)この作品に合っていてよかったと思います。とはいえハンマーだったりするので、想像におまかせ~(^^;
 まるで抜け殻のようなニーナが痛々しかったです。演じるエカテリーナちゃんが可愛かった。退廃的な雰囲気、大人びた表情が印象的で、これからどんな女優さんになるのか楽しみです^^
 セリフも少なく暗めのスタイリッシュな映像が「ドライブ」に似た雰囲気で好み^^90分という短い時間の中に、映像で語り引き付ける無駄のない演出が見事だと思いました。音楽もとてもよかった!以前見た「ファントム・スレッド」も手掛けていたレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド。レディオヘッドは「灼熱の魂」のオープニング曲が印象的で、当時CDを借りたんですよね^^今後もどんな映画の音楽を手掛けるのか気になります。
 心を病んだ主人公、組織に囚われた少女などハードーなストーリーですが、、母親への愛情、心が傷ついた二人がお互いに救われビューティフル・デイを迎えるまでを描いた、温かい気持ちになる映画でもありました。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる