FC2ブログ

ファントム・スレッド

phantomb1.jpg

ポール・トーマス・アンダーソン監督

ダニエル・デイ=ルイス
ヴィッキー・クリープス
レスリー・マンヴィル

 1950年代のロンドン。レイノルズ(ダニエル・デイ=ルイス)は英国ファッションの中心に君臨し、社交界から脚光を浴びる天才的な仕立て屋。レイノルズはある日立ち寄ったレストランでウエイトレスのアルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会い、彼女を新たなミューズとして迎え入れる。レイノルズはアルマの完璧な身体を愛し、彼女をモデルにしたドレス作りの没頭する。


 ポール・トーマス・アンダーソン監督だし、ただのラブ・ストーリーではない気配を感じて(笑)鑑賞。愛って恐いものですね(・_・;)
 仕立て屋レイノルズの一挙一動に釘付け!今までも徹底的な役作りをしてきたダニエル・デイ=ルイス、一年間の修行をして実際にドレスを作れるようになっちゃったみたい@@(すごすぎる!)
 レイノルズのレストランでのアルマにロックオンは、かなりわかりやすいし怪しかった(笑);歳の差はあれどスマートでお洒落な紳士ならついてっちゃうでしょうね。でもこの紳士、色々ひいちゃうことだらけでした(^^;
 アルマってあか抜けない雰囲気だし、モデル体型という感じでもないと思ったのですが、レイノルズのこだわり(後にわかる;)にはぴったりハマっていたみたい。彼女をモデルに作ったドレスの数々、素敵でした。
 オープニングでも臭わせていたように、レイノルズは迎え入れた女性をマネキンとしか思っておらず、わずらわしくなれば追い出し次を見つけることを繰り返していたんじゃないかな。それはアルマに対する態度にも表れてました。
 でも二人の関係性が変わっていくんですよね。嫉妬心を誘発、何気ない態度の変化など男女の恋愛における心理描写が興味深かったです。それでもレイノルズのドレス作りが第一というのは変わらず、危機感をつアルマ。
 終盤の二人、まさかの展開(・_・;)森の風景なんてダークなおとぎ話みたい。常に完璧を求めるオートクチュールの世界にいるレイノルズは、誰かに身をゆだねる時間が心地よかったのかも(汗)とっても怖~い二人の食事のシーンも愛のやり取りに思えてしまった。
 特別で洗練されたオートクチュールの世界に魅了されました。ウエディングドレスの制作シーンがとても美しかったです。レイノルズの姉シリル(レスリー・マンヴィル)髪型からファッションまでセンスがよく、とても素敵で憧れてしまいます。
 美しくてあとからじわじわくる怖さがある映画でした。もしかしてホラー(?!)そういえば幽霊も。デイ=ルイス引退作品だそうで、最後に若い彼女にヤキモキしたり母性にやられる(^^;デイ=ルイスを見れてよかった^^  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよう~(^O^)

ポルカさん、おはようございます。
天災続きで心配な日々だけどお元気ですか?

「ファントム・スレッド」のデイ=ルイス面白かったですね。
>アルマにロックオンは、かなりわかりやすいし怪しかった
・・・・・アルマを取り込んでから(←この言い方)の豹変ぶりはなんかDVっぽくもありましたね。(>_<)当事者だけの世界・・みたいな。
それでいて
>ダークなおとぎ話みたい
・・・・・な所が魅力でもあって。
デイ=ルイス、実際に修行して本当にドレス作れるくらいにまでなってたんですね。すごいな~。やっぱり職人気質ね。んでそんな所も彼の最大の魅力よね。

つるばらさんへ

こんばんは~。
ほんとに、色々心配ですね。
ついに○○肩がきたようで(>_<)
一日携帯ゲームを我慢したんだけど、禁断症状が(^^;
これのせいじゃないのか、肩こり(笑)
でも元気です~ありがとうございます。

面白かったですね!こんな方向にいくとは思わなかった(^^;
あのニタニタからの豹変@@あれはDVっぽいですね。
アルマ、レイノルズの世界に取り込まれてましたね(^^;
アルマは素朴な女性に見えたけど
内にはけっこう怖いものを持ってましたね(汗)
愛をキープするための手段(?!)
デイ=ルイス、ほんとにすごい!なかなかできないですよね@@
そういえば靴職人にもなってたような・・・
やっぱり引退やめた~なんて感じで戻ってきて欲しいですね。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる