FC2ブログ

聖なる鹿殺し

shikagoroshib.jpg

ヨルゴス・ランティモス監督

コリン・ファレル
ニコール・キッドマン
バリー・コーガン
ラフィ・キャシディ
サニー・スリッチ
アリシア・シルヴァーストーン

 心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は美しい妻アナ(ニコール・キッドマン)、二人の子供と郊外の豪邸で暮らしていた。スティーブンはマーティン(バリー・コーガン)という少年と時々会い、彼にプレゼントをあげたり何かと気にかけていた。ある日、スティーブンがマーティンを家に招き入れ家族に紹介すると家族に奇妙がことが起こりはじめる。


 「ロブスター」の監督だし謎のタイトル、見ないわけにはいきません(笑)「ロブスター」もそうでしたが、心をざわつかせるなんとも居心地が悪い映画でした(^^;
 体型が戻ってない(ロブスター)コリンと鉄仮面ニコールの夫婦がなんか怪しいし、温かみがあまり感じられない家族の雰囲気。スティーブンが時々会って気にかけているマーティン、演じているバリー・コーガンは「ダンケルク」で地味だけどなんか記憶に残ってた青年で、登場した時から得体の知れない感じがしてました。
 正体をあらわしてきたマーティンがスティーブンを心理的に追い詰めていいくところが怖かったですねー(汗)スティーブンの家に招待されたマーティンの不気味さ、マーティン、マーティンの母親、スティーブンの3人の食事の異常な雰囲気など、何かが起こりそうで目が離せません。
 そしてついに起こるんですよー子供たちに原因不明の災いが!これは呪いなの?マーティンがどんな手を使ったのかわからないけど衝撃的な光景でした(・_・;)さらに究極の選択を迫られるスティーブン(汗)この後の家族の行動が予想外@@
 スティーブンの同僚の卑劣な行動、子供たちのどっちが優秀かを尋ねる、身を守るために自分をよく見せようとする家族たちなど、なんともイヤな気分になる演出が印象的。スティーブンが家族を集めるシーンは「母は手を上げないの?ていうか自分に向けろー!」と衝撃とともに突っ込みたくなりました(^^;ラスト、スティーブンの家族の無言の圧力が意味深でした。またこっちにゆだねられてる感じ。
 子供が辛い目にあう映画は苦手だし、色々イヤの気持ちにもなったけど、一切感情移入することがない家族なので(^^;傍観することができました。なのでとても面白かった^^
 バリー・コーガンありきの映画でしたねー素晴らしかった!今までにないタイプの怪しいオーラを放てる俳優さんだと思いました。今後もどんな映画にハマるか楽しみです♪そしてこんな怪しい映画をつくるランティモス監督にハマりそうです(もうハマってる笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あちこち怪しい

ポルカさん、こんにちは!
これ、なんとも言えない内容だったけど、面白かったですね。

>子供が辛い目にあう映画は苦手だし、色々イヤの気持ちにもなったけど、一切感情移入することがない家族なので(^^;傍観することができました。なのでとても面白かった^^

・・・・・ホントだ!ちょっと目からうろこ。
普通だったらその逆で、感情移入するからこそ面白くなるはずなんだけどね、不思議よね。
そんな所も、この監督さんの描き方&観客の巻き込み方の独特さかも?
あの呪い?は何だかよくワカランかったけど、
圧倒的な意味不明な説得力(?笑)があったよね?(^^;
誰かの命を奪う前から、とっくにあの家族は壊れてしまってた気もしました。
バリー・コーガンは私は初見だったんだけど、すごく個性的でしたね。
これからもどんなのやるか楽しみですね。

つるばらさんへ

こんにちは~。
怪しかったですねーでも面白かった!

温かいいい感じの家族だったら(笑)
とても面白かったとは言えない内容(^^;
「ロブスター」もだけど感情移入できない登場人物、描き方
監督さんの独特の世界に引き込まれてしまいますね。
ますます「籠の中の乙女」が見たい!レンタルあるかな~
呪い?彼が何したのか、まったく謎でしたね(^^;
予言した通り段階的なとこ(^^;も説得力ありましたよね。

>誰かの命を奪う前から、とっくにあの家族は壊れてしまってた気もしました。

私もそう思いました。笑顔もないし、個人の集まりみたいな感じだなって思いました。

バリー・コーガン、地味に見えるけど強烈な個性!ランティモス監督の常連になるかも?(笑)楽しみです^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる