FC2ブログ

スリー・ビルボード

threebillboardsb.jpg

マーティン・マクドナー監督

フランシス・マクドーマンド
ウディ・ハレルソン
サム・ロックウェル
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
アビー・コーニッシュ
ジョン・ホークス
ピーター・ディンクレイジ

 アメリカ・ミズーリ州の田舎町。ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は大通り沿いに設置された看板の広告を出すため1年の契約を結ぶ。その広告にはウィロビー警察署長(ウディ・ハレルソン)への抗議のメッセージが書かれていた。7か月ほど前、ミルドレッドの娘アンジェラは何者かにレイプされ、殺されいた。ミルドレッドは捜査が進展しないことに腹を立てていた。


 フランシス・マクドーマンドがアカデミー賞主演女優賞、サム・ロックウェルが助演男優賞を受賞しましたね、よかった!
 ミルドレッドが契約した広告看板はかなり大きくて、「レイプされて死んだ」「犯人逮捕はまだ?」「なぜ?ウィロビー署長」と3つに書くことでかなりのインパクト@@
 名指しされた署長は強面(ハレルソンなんで)のイメージとは違っていい人なんですよね。住民たちも署長の味方で、特にディクソン保安官(サム・ロックウェル)はミルドレッドを目の敵に。ディクソンの脅しや嫌がらせが憎たらしかったですねーそして漂う小物感(笑)母親とのやり取り、暴力事件、涙、などなど、ロックウェルの見せ場だらけです^^ノリノリで音楽を聴いてる姿が最高(笑)
 敵だらけでもタフなミルドレッドを飄々と演じるマクドーマンドはさすがでした。大看板の大胆な行動にもびっくりでしたが、さらに暴走(^^;歯医者への逆襲は超痛そう(>_<)だけどなんか可笑しかった^^火炎瓶はやりすぎ(汗)
 娘との最後の会話、あれはやっぱり後悔が残るでしょうね。そのことが彼女の行動に影響を与えているのだとも思いました。
 広告会社のレッド、どこかで見たことある→あっ!という流れ2度目(前ゲット・アウト)ケイレブ・ランドリー・ジョーンズですよー!見るたびにイメージ違ってる(初アンチヴァイラル)。出番は少ないながらも存在感がありましたねーボコボコは可哀そうでした(>_<)
 やっぱり人の心を癒すのは人なんですよね。ミルドレッドもディクソンも署長の思いが伝わって気持ちが変化していったように感じました。レッドとディクソンのオレンジジュースのシーンは泣けました(T_T)
 署長の家族、ディクソンの母親、ミルドレッドの元夫とのことなどを描くことで、それぞれの事情が見えてくるところがよかったです。ディクソンの母親、キョーレツでしたねーでもディクソンはいい息子なんだなって思った。
 強さ、弱さ色々な角度からの人物描写が素晴らしかった。予想外の展開にハラハラしました(^^;ユーモアも絶妙!じわじわと心に浸みるいい映画でした。余韻の残るラストもよかった^^ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

皆納得の映画だったね

お邪魔します~~
忙しい時期が過ぎてあっという間の
ゴールデンウィークになりそうですね
いろいろ早いわ。
この映画、いろんな立場の人間が描かれていて
群像劇のようでもありましたね。
見方が違えば、その人間の印象って変わってくるものね。
人と接することで、人間変わってくることもあるしね。
<ディクソンの母親、キョーレツでしたねーでもディクソンはいい息子なんだなって思った。>
そうよね~~母親は母親で、息子愛しているのがすっごく伝わってきたわ。ディクソン根は良い人なのよね。
新作は
デイン・デハーンの映画をみたのですね。
うん・・この名前は口に出してみたくなるわ…笑

次回の映画はまだ未定だけど、何かよいのやっているかな~~
探してみたいと思います

みみこさんへ

こんばんは~。
ゴールデンウィークですね。
息子は帰ってくるのですが、娘は仕事で
なかなか家族そろうのはむずかしくなりました。
みみこさんはお出かけされるのかな♪

そうですね、登場人物たちの背景も丁寧に描かれていましたよね。
ほんとはこういう面もある人なんだという発見もあって、
それを気付かせる演出はすごいと思いました。
人と関わることは大事ですね。
ディクソンと母親、お互いに大切にしてる気持ちは伝わりましたよね。
ディクソンは人の痛みがわかるようになってよかった^^

そうなんです!「ヴァレリアン~」楽しい映画でした^^
デイン・デハーンお気に入りです♪
名前もお気に入り(笑)

ガンホの新作を楽しみにしてますよー♪
また何か情報あったら教えてくださいね^^
後ほど黒井戸~の話におじゃまします~♪
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる