FC2ブログ

ノクターナル・アニマルズ

nocturnalb.jpg

トム・フォード監督

エイミー・アダムス
ジェイク・ギレンホール
マイケル・シャノン
アーロン・テイラー=ジョンソン
アイラ・フィッシャー
エリ・バンバー
カール・グスマン
アーミー・ハマー

 アートギャラリーのオーナーであるスーザン(エイミー・アダムス)は夫ハットン(アーミー・ハマー)と経済的に恵まれた生活を送るものの、心は満たされていなかった。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から彼が書いた「夜の獣たち」(ノクターナル・アニマルズ)が送られてくる。


 このキャスティングだし、なんか怪しそうな雰囲気もあり(笑)楽しみにしてました♪スタイリッシュでオシャレな映像、そして心をざわつかせる映画でした。トム・フォード監督はファッションデザイナーでもあるんですよね。すごいセンスを感じました@@
 豊満な女性たちがほぼ全裸でノリノリで踊るオープニングシーンに目が点(・_・;)「価値観を壊してやる!」みたいなことかな。オシャレでセレブ感漂うスーザンですが無表情。夫との会話もぎくしゃくしていて幸せそうに見えません。
 スーザンがエドワードから送られてきた小説を読んでいくことで物語が進んでいきます。小説、スーザンとエドワードの過去の話が交錯して描かれています。小説では主人公トニーがエドワード(ジェイク・ギレンホール)の外見なのが興味深かったです。読んでるスーザンの心にぐさぐさ突き刺さっているように見えました。エイミーの虚無感、ジェイクの繊細な演技が素晴らしかったです。
 暴力的でぞっとする恐さがある小説は、これだけでも映画として劇場観賞したくなるぐらいの完成度!是非トム・フォード監督に犯罪映画を撮って欲しい。車のトラブルに巻き込まれるシーンは人ごとじゃないリアルな恐さを感じました。アーロン・テイラー=ジョンソンのイカレた演技が素晴らしかった!彼はこの路線が意外とハマることを発見。そしてかなり気になってる(笑)シャノンが渋くてカッコいい!注目していた映画に偶然出てることが多いんですよね。次は「シェイプ・オブ・ウォーター」だね^^
 精神的弱さ、それでも妻子を守ろうとする姿、失う辛さなど小説と二人の過去がリンクしている部分があるようにも思えるし、もうあの頃の自分はいないというメッセージにも感じました。小説家としての才能を見せつけることもできた。
 スーザンがお洒落してエドワードに会いに行く姿を見て、謝りたいとかじゃなく今の彼に興味を持ったんだと思いました。なのでこの余韻の残るラストはよかった。今見てる光景はエドワードの視点かもとも思いました。描き方が斬新で、色々想像力をかきたてられる面白い映画でした!自分は理解できてるとは思わないし、色んな考えがありそう。「シングルマン」も見ないと(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

映像凝っていましたね

こちらにも。感想まだなんだけれど・・見たばかりなので。
この、夫ハットンさんて、アーミー・ハマーなんですね。
やっぱりスーツ姿のほうが良い・・笑
心理的にグイグイくる話で面白かったですよね。
あの小説の車シーンは結構キツかったし、自分の身にも起こりそうで怖かったわ。
<アーロン・テイラー=ジョンソン>こういう役もやるのね。
裸でトイレとかいろんな意味で衝撃。
衝撃と言えば、全然知らなかったからオープニングではビックリ。
<価値観を壊してやる>なるほど・・・。
かつてないインパクトだったわ。夏に向けてダイエットしようと
固く誓いました…笑

みみこさんへ

こちらにも、ありがとうございます^^
アーミー、そうでした!こっちの方が断然よいです!
小説が映像で描かれているところも面白かったですね。
車のトラブル、実際に悪質ドライバーのニュースもあったし、
いつ巻き込まれるかもっていう怖さがありましたよね。
アーロン・テイラー=ジョンソン、すごーくハマっててびっくり@@
またあのタイプのオファーきそうですよね(笑)
振り切った演技が素晴らしかった!
オープニングのインパクト、ハンパなかったですね@@
何を感じて欲しいのかわからない(^^;
同じくダイエット、しなければ・・・(笑)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる