FC2ブログ

ブレードランナー2049

blade2049b.jpg

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督

ライアン・ゴズリング
ハリソン・フォード
アナ・デ・アルマス
シルヴィア・フークス
デイヴ・バウティスタ
ロビン・ライト
ジャレッド・レト

 2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けがつかないレプリカントが労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。危険なレプリカントを取り締まる捜査官(ブレードランナー)でレプリカントのK(ライアン・ゴズリング)は、ある事件の捜査中にレプリカントの開発に力を注ぐウォレス社の陰謀を知る。


 「ブレードランナー」は世界観にハマって、大好きな作品。前作を再見してから初日に(笑)見てきましたよー^^今まで見たヴィルヌーヴ監督作品はどれもよかったので、楽しみにしてました。前作から30年後の世界が違和感なく描かれていて素晴らしかったです。ハンス・ジマーの音楽もよかった♪重低音体感上映で迫力!
 ブレードランナーでレプリカントのKは反逆した古いモデルのレプリカントを引退させる(殺す)ことを任務にしています。
 最初の農場にいたレプリカントサッパー(デイヴ・バウティスタ)との対決はすごかった!バウティスタを直近で見たのは「ガーディアンズ~」の空気の読めない怪力男(笑)だったので、今回カッコよくてびっくり@@短いシーンでしたがスピードと迫力があり、アクションシーンの期待も高まりました。
 Kのホログラムの恋人ジョイ(アナ・デ・アルマス)が可愛かった。Kに対する愛情も感じられるし、まるで実在しているかのようなリアルさ。ホログラムならではの切なさもありましたね。アナ・デ・アルマスのキャスティングを見た時、ダリル・ハンナのようなキャラクターかと思ったけどぜんぜん違ってた(^_^;)「ヴァーチャルホームロボット」「あなたの好きなキャラクターと一緒に暮らせる」という記事を発見!もはや現実のものになってるようですね@@これは限定されたアニメキャラクターのようなので、もし希望できるなら私は「千と千尋~」のハクがいいな(笑)
 謎解きを含んだKの自分探しの旅のような物語に引きつけられました。Kにじっくり寄り添っていけるようなゆっくりな展開もよかったです。そんな中でも衝撃的な描写やアクションの見どころもありました。
 ウォレス社内のレプリカントたち、そして誕生(?!)するところはショッキングでした。ウォレス(ジャレッド・レト)は教組みたいで怪しかった(汗)彼はレプリカント識別テスト受けてるのかなー(^_^;)ウォレスの片腕でレプリカントのラブ(シルヴィア・フークス)は美人なんだけど感情のない表情が恐かったです(汗)そして強い!Kとラブの激しい闘いのアクションは素晴らしかったです(壮絶!)
 ヴィルヌーヴ監督、やっぱり胸をえぐってきましたねー前作に繋がるストーリーはとても切なかった(>_<)謎が明らかになったことで、前作のラストで疑問に思っていたことが納得できました。前作で印象的だった折り紙も使われていましたね。デッカード(ハリソン・フォード)は登場するだけで嬉しいと思ってたのですが、かなり重要でした。やっぱりハリソン・フォードがいないとという映画でしたね。
 前作ラストのルトガー・ハウアーの最後のセリフはひじょうに沁みましたが、Kはその姿だけですべてが伝わってくるようでした。雨(前作)と雪の対比も素晴らしかった!ライアン・ゴズリングの悲しみを背負った演技は最強ですね。アクションもとてもカッコよかった!描かれていたレプリカントの進化が今後どうなるのか、地下組織の存在など、まだ続編がありそうな予感。その時はウォレスに是非識別テストを受けて欲しい(笑)映像の質感は前作の方が好み、また見たくなりました^^ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寡黙ゴズりんは鉄板

ポルカさん、おはようございます。
ハクはいいよね~。
あ、じゃなくて(笑)私もこれ観ましたよ~。
前のの特別ファンって訳でもなかったんだけど、面白かったです。
上映時間が長かったのは終わってから気付きました。(笑)
ポルカさんは前のもLOVEなので、小さな所でも色々と繋がってる所とかわかって、すごく楽しめたみたいで・・そう言うのちょっと羨ましいなあ(^^ゞ
最初の農場での対決?は見応えあってここだけで終わらせるのが勿体ない感じでしたね。
後のアクションも良かったけど、終わってみれば、ゴズりんの切なさがしみじみと、それこそ雪の様に心に降り積もる様な印象でした。
基本、人造人間とかAIには厳しく冷淡な自分なんだけどね(爆)
これ、また続きあるのかな?人間側としては複雑な立場よね(^^;

つるばらさんへ

こんばんは~。
レス遅くなってすいません。
今年もあと少しですね。
色々やることあって焦ってます(>_<)

ジブリのイケメンキャラの中で、ハクが一番好きです(笑)
面白かったですね!
ぜんぜん長く感じなかったですよね。
けっこう繋がるところもあったので、
前作を再見したばかりなのはよかったかもです^^
農場の対決、すごかったですよね@@もっと見たかった!
バティスタもゴズりんもカッコよかったです。
ラブとの対決も壮絶だったし、
ヴィルヌーヴ監督、アクションもクオリティ高いって思いました。
切なかったですねーゴズリンが演じると切なさ増しになる(>_<)
雪も印象的でしたね。
続きありそうな感じですよね、
これ以上の進化はあるのかって思いますけど(^_^;)
いつか立場が逆転なんてことになりかねない?(^^;
ジャレッド・レトのウォレスがなんかやりそうな気がしてます(笑)

良いお年を~♪

ポルカさん、こちらにもお邪魔しまーす。

ヴィルヌーヴ監督、世界観を作り上げるの!素晴らしいですよね。
この続編に初めは不安も感じていたけど、見事に違和感なく世界観に浸れました。
そうそう!あの重低音の音楽!響きましたね。

ライアンの切なさ~、オリジナルのデッカードと全然違う主人公がまたいいですよね。
雪のラストシーンもオリジナルに負けないくらい、心に残りました。

>ライアン・ゴズリングの悲しみを背負った演技は最強ですね。
うんうん!!激しく同感~(笑)

ハリソン・フォードがまた出てくれたっていうのも大きかったですよね。


今年ももうはや3日になってしまいました。
お忙しくされてるかな。
いつもたくさんお話させていただいてありがとうございます。
来年もどうぞ、よろしくお願いします。
それでは良いお年を~♪

瞳さんへ

こちらにも、ありがとうございます。
ヴィルヌーヴ監督、前作の世界観をこわすことなく、
しっかり引き継いで描いてくれましたね。
素晴らしかったです!
重低音、迫力でした♪

ライアン、切なかったですねーデッカードにはないものを背負っていましたよね。ラスト、印象に残るシーンでした。
ゴズリン、なぜか寄り添いたくなる。
ハリソン・フォード出てくれたのは嬉しかったですね^^

今年もあと少しですね、
やることたくさんあって、焦ってます(>_<)
こちらこそ楽しいお話させていただいて、
ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる