FC2ブログ

戦争のはらわた

harawatab.jpg

サム・ペキンパー監督

ジェームズ・コバーン
マクシミリアン・シェル
ジェームズ・メイソン
センタ・バーガー
デヴィッド・ワーナー

 第二次世界大戦中の1943年、東部戦線。ソビエト軍と対峙するドイツ軍。そこにプロイセン貴族のシュトランスキー大尉(マクシミリアン・シェル)が志願してやってくる。名誉欲が強く、鉄十字勲章に執着するシュトランスキーは、上司、部下の信頼の厚いシュテイナー伍長(ジェームズ・コバーン)と対立する。


 サム・ペキンパー監督の映画は「ワイルド・バンチ」「わらの犬」「ガルシアの首」を見てるんですけど、どれも面白かった。特に「ガルシアの首」が好き^^だもんで(静岡弁)デジタル・リマスター版の上映を知って絶対に見るつもりでした。ディープに切り込んでいそうなインパクトある邦題、すばらしいですね。「死霊~」よりこちらの方が先なんですよね@@
 ミニシアターで見たのですが、この映画こそ重低音体感上映で見たかったなー(笑)一人で来てる年配の男性多し、女性はたぶん二人だったと思います(^_^;)みんなリアルタイムで見た人たちだったのかな。
 インパクトあるオープニング、聞き覚えのある「ちょうちょ~ちょうちょ~」の曲でした。でも歌詞は違ってて、映し出される少年たちの姿。後で調べたら題名はドイツの民謡「幼いハンス」で、映像はナチ党内の青少年組織「ヒトラーユーゲント」の実写フィルムでした@@ 
 前に見た「ダンケルク」はイギリスでしたが、こちらはドイツ軍側の視点で描かれています。最初の敵をすばやく仕留める容赦ない描写で、戦場の緊張感に一気に引き込まれました。銃撃シーン、すごい迫力でした!特にスローモーションで映し出すところが印象的。
 ドイツ軍の組織内での人物描写も見どころだと思います。小隊長のシュタイナー伍長がカッコイイ!上司からも部下からも信頼されていて、とにかく頼りになる存在。ソ連の少年兵捕虜に対する扱いからも彼の人柄が伝わります。ジェームズ・コバーンは兵士の姿でもスマートでしたね。彼は鉄十字勲章を受章しています。
 一方、貴族出身のシュトランスキー大尉は鉄十字勲章を得ることに執着、自分の名誉のために行動している感じ。卑怯な手段で部下を配下に引きこみます。わかりやすい出世欲(^_^;)ソ連軍の攻撃が激化する中、怖気づいて役にたたないシュトランスキーと小隊を束ねて戦うシュタイナーが対照的でした。
 シュタイナーの小隊が敵の包囲の中を脱出するところはまさにサバイバル。敵の女兵士たちがいた農家でのシーンはショッキングでしたが(>_<)、シュタイナーの統率力が際立ってましたね。小隊の兵士、女兵士、それぞれの姿を映し出していくことで緊張感が増していきました。
 小隊が敵の猛攻、裏切りにさらされる終盤はドキドキしたし目が離せない展開でした。シュタイナーの男らしい行動にシビレました。ラストは予想外の溜飲の下げ方!ほんとに素晴らしかったし、シュタイナーとシュトランスキー、二人の姿を象徴するような記憶に残るシーンでした。
 赤十字施設での兵士の姿など色々な角度から戦争を描いたすごい映画でした。劇場観賞できてよかった! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる