マンチェスター・バイ・ザ・シー

manchesuterb.jpg

ケネス・ローガン監督

ケイシー・アフレック
ミシェル・ウィリアムズ
カイル・チャンドラー
ルーカス・ヘッジズ

 アメリカ、ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリー(ケイシー・アフレック)のもとに兄のジョー(カイル・チャンドラー)が倒れたという知らせが入る。急いで病院に向かうが、ジョーは1時間前に息をひきとっていた。リーは弁護士からジョーの遺言で、ジョーの息子パトリックの後見人が自分だと聞かされる。


 アカデミー賞脚本賞、ケイシー・アフレックが主演男優賞を受賞、評価も高いので気になってました。辛い話でしたがユーモアもあり、じわじわと心に沁みる映画でした。
 人付き合いが苦手で偏屈な印象のリー、彼には想像を絶する悲しい過去があり故郷は戻りたくない場所でした。しかしジョーが亡くなったことでふたたびマンチェスター・バイ・ザ・シーを訪れることになりました。
 向き合わざるをえなくなったリーとパトリック、二人の姿を時にユーモアを交えながら描いています。パトリックはバンドにスポーツにと充実した高校生活送っているもよう(笑)振り回されぎみなのに淡々としているリーがなんかおかしかったりします^^そんなちゃっかり現代っ子のパトリックですが、やはりあふれる感情でパニックになる場面もありせつなかったです。
 リーの過失によって起こった悲劇、これは辛かった(>_<)リーの気持ちを思うと胸が締め付けられました。リーは妻のランディと偶然再会、その様子からそうとう責められたことは想像がつくので、ランデイよりリーの気持ちの方寄り添ってしまった。ミシェル・ウィリアムズの演技は素晴らしかったです。友人夫婦がすごくいい人でねー、彼らがいてよかったと思いました。
 ボストンで暮らしたいリーと町を離れたくないパトリック、問題を解決するまでの二人の思いをていねいに描いているところがよかったです。漁船について意気投合したところは微笑ましかった^^穏やかな風が流れているようなラストが印象的でした。
 リーにとってパトリックの存在は大きかったですね、彼の心の傷をすべててではないけれど自然にすこしづつ癒していったように思いました。港、街並みなどマンチェスター・バイ・ザ・シーの風景がとても美しかったです。ケイシー・アフレックの主演男優賞納得です。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる