マン・ダウン 戦士の約束

mondownb.jpg

ディート・モンティエル監督

シャイア・ラブーフ
ケイト・マーラー
ジェイ・コートニー
ゲイリー・オールドマン

 米軍の海兵隊員ガブリエル(シャイア・ラブーフ)は妻ナタリー(ケイト・マーラー)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦場での任務は過酷なものだった。アフガニスタンか帰還したガブリエルが目にした故郷は建物や橋が崩壊し、住人たちの姿も消え廃墟のようになっていた。


 「衝撃のラスト7分46秒、あなたの心は”えぐられる”」がひじょうに気になっていたし、「帰還した兵士が故郷に戻ってみると家族や住人達も消え、廃墟のようになっていた」というね、なんか不思議な雰囲気がある映画だと思ってました。後からゲリオがでてることがわかって、俄然見る気マンマンに(笑)と見る前はこんな気持ちだったんですけども・・・ひじょうにキツかったです(>_<)
 ガブリエルがアフガニスタンに向かう前の家族、海兵隊の訓練、アフガニスタンでの任務、荒廃した故郷、ガブリエルと上官(ゲイリー・オールドマン)との面接の様子が描かれています。これらの場面がバラバラの時間軸で映し出されるので、かなり混乱(^_^;)ゲリオはインパクトある役じゃなかったけど、やはり説得力がありましたね。
 任務に向かうガブリエルと妻、息子ジョナサンの心境が丁寧に描かれていて、特に父と息子の絆を感じる「マン・ダウン」の会話が印象的でした。ジョナサンがすごく可愛くていい子。
 海兵隊の訓練は教官から激しく罵倒される他の映画でも見たことある光景、そんな中ガブリエルにとって一緒に参加している友人のデビンの存在は大きかったですね。アフガニスタンでのシーンはわりと短かかったけど、緊迫した状況が伝わってきました。戦場で精神的に追い詰められるガブリエルの姿が痛々しかった(>_<)
 シャイア・ラブーフは久しぶりに見たけどずいぶん貫禄がついた感じ@@抑えめな演技での感情表現が素晴らしく、その瞳から悲しみが伝わってきました。デビン役のジェイ・コートニーがイケメン!チェックしてみたら「スーサイド・スクワッド」のキャプテン・ブーメランだった!すごくガラ悪い感じだったし、全然違う~わかんないわけですね(^_^;)でもこのイケメンに、なんか心がざわつく感じがしてたんですよね。
 あんなに頭の中で混乱していた時間軸が、終盤になってすっとわかる流れが素晴らしかった。しかしわかった瞬間に襲われる衝撃と胸が苦しくなるような気持ち(>_<)ラストは純粋な心のジョナサンにやられましたね、とても切なかった(T_T)兵士の過酷な状況を描くだけでなく、家族の存在の大きさを考えさせられる映画でした。エンドクレジットの兵士のデータはショックでした。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる