ラ・ラ・ランド

lalalandb.jpg

デミアン・チャゼル監督

ライアン・ゴズリング
エマ・ストーン
ジョン・レジェンド
ローズマリー・デウィット

 ロサンゼルスの渋滞している高速道路。セリフ覚えをしていた女優の卵のミア(エマ・ストーン)は後ろにいた車のセブ(ライアン・ゴズリング)にクラクションを鳴らされたことに腹を立てる。カフェで働きながら女優の夢を追うミアだがオーディションの結果は散々で一向に役はもらえない。一方ジャズピアニストのセブは自分の店を持つのが夢だった。そんな二人はセブが演奏するバーで偶然再会する。

 
 アカデミー賞でも話題になってたし、「セッション」がとても面白かったデミアン・チャゼル監督だということで期待してました♪フレッチャー先生があのまんまの見た目でちょこっと出てきたので得した気分(笑)オープニング、渋滞してる車からのダンスシーンが素晴らしかった!わくわくして楽しかったですね~大きなスクリーンで見れてよかった♪
 四季のイメージで二人の物語が描かれていくところがよかったです。冬から始まったので嫌な予感がしてましたが、物語は冬で終ってました。出会いはミアにとっては最悪、セブには眼中にないって感じでしたね(笑)
 恋の予感にドキドキする春が一番好きでした。 パーティで演奏していたセブのバンドにリクエストした曲でコケティッシュに踊るミアが超キュート♪夕焼けをバックに踊ったり、ファンタスティックな天文台など楽しくてキュンとするシーンがいっぱいでした^^映画館でのミアの行動、これやられたらキレるし(>_<)
 すれ違っていく二人を見るのは辛かったけど、お互い夢をあきらめて欲しくないと思う気持ちが伝わってきました。
 最後は5年後の冬。二人の出会いを思い出す渋滞の演出はすごいと思いました。色々な思いがこみ上げてくるバーのシーンはとてもよかった。再会した二人は心で会話しているように感じました。
 私は二人の「もしも」を振り返る映像はミアの想像のような気がしました。セブはミアの思い出とともに生きてるように見えたから。お似合いの二人だったから単純に「もしも」の映像を見れたのは嬉しかったです^^
 ゴズリンとエマ、相性ピッタリでしたねーピアノを弾くゴズリン、踊るゴズリン、カッコよかった!ピアノは実際に弾いてるみたいなので、凄いと思いましたよ@@ミアはちょっと素朴さがある雰囲気がよかったですね。もう一人のエマだったらオーディション落ちそうもないもの(笑)なのでラストの変身ぶりは際立ってました。魅力的な二人を見る映画でもあると思います^^
 好きな音楽はハードロックなので(笑)ジャズはぜんぜんわからないのですが、ロマンチックな場面、切ない場面にはぴったりで、いいな~って思いました。サントラ欲しい。セブが参加したバンドの曲もすごくよかった!
 楽しかったです♪もう1回見たいくらい(笑)立ち止まったり挫折したりしながら夢に向かっていく二人はキラキラしてた^^  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ポルカさん、

こんにちは。
今日はとっても暖かいですね。桜が風に舞ってます~。

冬から始まった物語!!
そうだったーー!そのこと、忘れてたわ。

>私は二人の「もしも」を振り返る映像はミアの想像のような気がしました

うんうん、私もそう感じました。
いっしょにフランス!でしたもんね。
切ないけれど、こういうもしも・・のシーンが見れて良かったな。

ハードロック好き~!!ポルカさん、そうだったのねーー!!
バンドの音楽、私もノリノリでしたよ(笑)
バンドファッションのセブもカッコよかった~♪

瞳さんへ

こんばんは~。
こちらも急に暖かくなって、
桜はあっという間に咲いて、もう葉っぱだらけになっちゃいました。
それでも仕事に行く時に駿府城跡の公園を通っていくので、
何日かはとってもきれいな桜を見ることができました^^

そうなんですよ、四季だとねー終わりは秋かと。
でも違ってましたね。
夏の始まりのイケイケな感じとかわくわくしました(^◇^)

瞳さんもやっぱりミアの想像だと思われたんですね!
幸せそうな二人の姿を見れて嬉しかったけど、
やっぱり切なかったですね。

そうなんですよ~(笑)
クイーンとレッド・ツェッペリンが好きなんですよー(^◇^)
特にフレディ・マーキュリーのファンでした。
ジョニーがフレディを演じるかもって話があった時は、
すっごい嬉しかったんだけど、なくなっちゃって残念でした(>_<)
バンドの音楽、よかったですよね!
バンドのセブも好きでしたよ(^o^)♪
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる