マリアンヌ

alliedb.jpg

ロバート・ゼメキス監督

ブラッド・ピット
マリオン・コティヤール
リジー・キャプラン
マシュー・グッド
ジャレッド・ハリス
アウグスト・ディール

 第二次世界大戦下の1942年。イギリスに諜報員マックス(ブラッド・ピット)は、フランスの諜報員のマリアンヌ(マリオン・コティヤール)とともに、モロッコでドイツ大使暗殺の任務遂行を命じられていた。二人は外交官が出席するパーティーへの参加許可をもらうために、完璧な夫婦を演じる。いつしか本当に愛し合っていた二人に、任務遂行の日が近づいていた。


 チェックもせず見る予定はなかったのですが、娘から「よかった!」との情報をもらい、調べてみたらロバート・ゼメキス監督だし、「イースタン・プロミス」「オン・ザ・ハイウェイ~」の脚本家さんでスパイ映画という、見たくなる要素ばっかりでした♪
 スリルあるスパイ映画、そして切ないラブストーリーでした。やっぱり美男美女、どんなシーンでも絵になる二人。マックスとマリアンヌがはじめて会うシーン、振り向いたマリアンヌの笑顔が超魅力的で、一目で恋に落ちる確率100%(笑)フォーマルなドレスを着こなすマリオン・コティヤールがほんとに綺麗!射撃訓練のスポーティーな服装など彼女のファッションも見どころだと思います。 モロッコではマックスが潜入するところからずっと緊張感が続きます。カサブランカの夫婦のしきたりなど完璧に演じる二人でしたが、監視の目もあり油断できません。パーティの参加許可をもらうためナチス将校に会う場面では、相手も手強そうでハラハラしました(汗)ナチス将校役のアウグスト・ディールは「イングロリアス・バスターズ」でもナチスの少佐役だったみたい!バレたらすぐにキレそうなオーラがありました(コワイ)
 任務が成功する確率は40%、二人は命を落とすかもしれないという状況の中、恋に落ちてしまいます。砂漠のシーンは、砂嵐に飲み込まれてしまいそうで、二人の未来を暗示しているようでした。作戦を実行するパーティ会場では、緊張感からの銃撃戦の迫力、見応えありました。諜報員のスキルを発揮する二人はカッコよかった。
 ロンドンで暮らす二人は幸せそうで、あたたかい気持ちになりました。しかしスパイ映画らしいスリルある展開になっていきます。マックスが家族のために危険を冒して秘密裏に動くところも見どころだと思います。葛藤するブラピも素敵。
 エンドクレジットでマシュー・グッドの名前発見!「えーーっ、いた?」後ほど確認しましたが、ぜんぜんわかんなかった@@「そこでイケメン使う?」って思ったけど、イケメンだと知ったらなおさら衝撃を受けるという、確かに意味があったわけですね!
 ラブストーリーはスルーしがちだけど(^_^;)見てよかった^^最後まで洒落たドラマチックな演出に引き込まれるとてもいい映画でした(涙) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる