ドクター・ストレンジ

drstrangeb.jpg

スコット・デリクソン監督

ベネディクト・カンバーバッチ
キウェテル・イジョフォー
レイチェル・マクアダムス
マッツ・ミケルセン
ティルダ・スウィントン

 天才外科医のドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は突然の交通事故によって両手が不自由になり、、築いてきたキャリアを失う。あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力に辿り着く。エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントンの元修行に励むストレンジは闇の魔術師カエシリウス(マッツ・ミケルセン)との戦いに巻き込まれていく。


 マッツ目当てで見ました(笑)マッツはダークサイドに堕ちた闇の魔術師役、なんかすごく走ってたイメージ。身のこなしが美しくて、悪役でもやっぱりカッコよかったです♡今回も重低音体感上映で観賞♪ぐるぐるバタバタ(!?)すごい映像体験でした@@
 傲慢で自分に絶対的な自信がある外科医のドクター・ストレンジ。彼がどのようにして魔術師になったのかと闇の魔術師との戦いが描かれています。カンバーバッチはシャーロックとキャラがちょっと被ってましたね(^_^;)ジャファーみたいな若干うさんくさい髭がこんなに似合うとは(笑)陰陽師みたいな手の動き、カッコよかったです^^
 天才外科医の立場を失ったストレンジは恋人のクリスティーン(レイチェル・マクアダムス)まで怒らせてしまうという、性格の悪さで孤独になってしまいましたね。医師からも見放されたストレンジがたどり着いたのはネパールの秘境でした。
 魔術師エンシェント・ワンが超強いし、すごい存在感!。「アストラル次元」とか「ミラー・ディメイション」??よくわからなかったけど不思議な魔術の世界はひじょうに面白かったし引き込まれました。ティルダ・スウィントンは魔術師の風格があってぴったり!色んな役ができる貴重な女優さんですね。
 魔術の修行をするストレンジ、さすが頭がいいし好奇心旺盛で勉強熱心、禁忌の書物まで読みあさります。そして闇の王ドーマムゥの存在を知り、兄弟子モルド(キウェテル・イジョフォー)とともにドーマムゥを崇拝するカエシリウス軍団と戦うことになります。
 この映画はコメディなのかな(^_^;)ちょいちょいコント見たいなシーンを入れてくるんですよね。カエシリウスが結束器具で動けなくされちゃうところはマッツの動きがコミカルで、何回も見たくなりましたよ^^幽体離脱の手術シーンも笑っちゃいました(笑)
 明らかに意志を持ってるマント、これドラえもんの道具みたい(笑)これから相棒(!)としてストレンジを助けていくのかな^^ラストのラスボス ドーマムゥとの対決もドラちゃん映画みたいな展開で(^_^;)えーーっ!って感じでした@@でも嫌いじゃない(笑)
 スケールの大きすぎる魔術にびっくりでしたねー@@ビルが倒れ込んできたり街が回ったり、光のシャワーみたいな光景など今まで見たこともない映像が楽しかったです♪3Dで見たかったなー
 ドクター・ストレンジのキャラクターいいですねー性格は悪いけど(笑)人を殺してしまったことに葛藤する姿にはドクターらしさを感じました。ミスターじゃなくてドクターだと言いきるところもよかったです。続編ありそうな終わり方だったので、今後魔術と医術を操るヒーローになるかも?^^楽しみです♪ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる