ヘイル、シーザー

hailcaesarb.jpg

ジョエル・コーエン監督
イーサン・コーエン監督

ジョシュ・ブローリン
ジョージ・クルーニー
レイフ・ファインズ
アルデン・エーレンライク
ジョナ・ヒル
スカーレット・ヨハンソン
フランシス・マクドーマンド
ティルダ・スウィントン
チャニング・テイタム

 1950年代、史上空前のスペクタクル大作「ヘイル・シーザー」の撮影の最中、主演俳優で大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐される。スタジオが大混乱に陥る中、何でも屋のプロデューサーエディ(ジョシュ・ブローリン)は他にも問題を抱えながら事件解決に奔走する。

 
 大好きなコーエン監督の新作ということで、楽しみにしてましたよー♪今回はコメディのタイプの方でしたね。ジョージ演じる主演俳優が誘拐されるのですが、危険な目にあうということでもなく全体的にゆるーい感じ(笑)撮影所で起こったトラブルや俳優たちの姿をユーモアたっぷりに描いています。映画にジョシュかラファロが出てるとなんか安心する(笑)
 色々な映画の撮影風景が楽しかったですね^^アクションスターのボビー(アルデン・エーレンライク)のアクロバットなカウボーイがすごかった!別の映画では、ボビーと監督のローレンス(レイフ・ファインズ)のやりとりが笑えます。ローレンスがいつキレるかとハラハラ(笑)レイフ、さすがの存在感。
 人魚のディアナ(スカーレット・ヨハンソン)が出てくるシーンは、上から撮影しているシンクロナイズドスイミングの映像がすっごくキレイでした。ヨハンソンの人魚はやっぱりセクシーですが、実は問題児女優というビッチな演技がリアル(^_^;)
 そして白い水兵服を着てタップダンスを踊るチャニング・テイタムが素晴らしかった!キレッキレのダンスにキラキラの笑顔(笑)いや~ほんとに楽しかった♪前回見たのは笑わないレスリング選手だったチャニング・テイタム、持ってますねー色んな引き出し。
 ウィットロックを探なけらばならないマニックスですが、さらに他の俳優の問題が持ち込まれ、スキャンダルを狙う記者に追究されたりと大忙し。動じることなく対応し、頼りになるマニックスがカッコいい。一方懺悔室に通い転職の誘いに揺れる内面的な部分を描いているところもよかったです。
 知らなかったのですが、当時ハリウッド映画界では赤狩りがあったらしく、そんな時代背景もブラックユーモアで描かれていました。潜水艦にはびっくり~(^_^;)これから上映される「トランボ ハリウッドにもっとも嫌われた男」も是非観たいと思います。
 この映画、マニックスをはじめそれぞれに実在のモデルがいるようなんですよね。1950年代はさすがにリアルタイムではないので(笑)わからないのですが、当時の映画ファンが観たらより楽しめるんじゃないかと思います。
 俳優たちは軽そうだったし(笑)それぞれ曲者ばかりだったけど、みんな愛すべきキャラクターでしたね^^華やかな映画の世界の裏側で、マニックスのような人が苦労して支えているのは今もきっと同じなんだろうなって思いました。肩の力を抜いて観られる楽しい映画でした^^  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

お邪魔します
全然見ている映画がかぶらないというか
みていません・・笑
でもポルカさんがレイフ出演を楽しんでくれたので
なんだかうれしいです。
夏休みは家族皆さん実家に・・・かしら。
楽しいお休みを過ごしてくださいね。
うちは教習時に下が通っていて
どこにもいけない夏休みです。なかなか運転とれないよね~~

みみこさんへ

こんにちは~。
暑い日が続いていますね(>_<)
相変わらずミニシアター中心で(^_^;)
レイフさん、出番は少なかったのですが、
さすがの存在感でした。
掛け合いが絶妙でコメディのセンスも抜群だと思いましたよ^^

先日息子だけ帰ってきて、娘は9月の予定です。
なかなか家族が揃うのは難しいですね。
私は週末さいたまの実家に娘と泊まる予定です^^
免許は学生時代に取っておいた方がいいですよね。
娘さん、頑張ってるのですね。
時間かけた分着実にマスターできると思います。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる