ザ・ヴァンパイア~残酷な牙を持つ少女~

agirlwalkb.jpg

アナ・リリー・アミリプール監督

シェイラ・バンド
アラシュ・マランディ
マーシャル・マネシュ
モジャン・マーノ
ドミニク・レインズ

 イランのどこかにあるゴーストタウン、バッド・シティ。この街に夜ごと現れるチャードルをまとった少女(シェイラ・バンド)はヴァンパイアである。彼女は街で見つけた悪人やホームレスの血を吸って生き続けていた。ある夜、孤独な青年アラシュ(アラシュ・マランディ)と運命的な出会いをした少女は次第に彼と心を通わせていく。


 やっと観れたー♪夜の時間しかなかったのであきらめたんだけど、劇場で観たかったなー(>_<)モノクロでクラッシックな雰囲気と新しいセンスの新感覚のヴァンパイア映画。出会えてよかった!大好きでしたよ^^
 イランのどこかということですが、めっちゃ治安がわるそうな街。そんなゴーストタウンにヴァンパイアの少女が住んでいます。彼女がまとっているチャードルがミステリアスな雰囲気を出していていいですねーその下にはボーダーのシャツって斬新@@少女がお化粧したりダンスを踊る姿がキュート♪ポスターがたくさん貼られた少女の部屋も印象的でした。
 血を吸う相手はどうも悪人に狙いを定めているみたいなんだけど、時にはホームレスを襲ったりもします。ホームレスは可哀そうだったけど、やはりヴァンパイアは残酷なのです。「お前はいい子?」って聞かれた男の子、固まってましたね、いい子じゃなかったらどうしようかと思いましたよ(汗)恐い恐い~絶対トラウマになってる(^_^;)少女役のシェイラ・バンドはクールで美しく、そしてとっても恐かったです。
 少女と青年アラシュ(アラシュ・マランディ)の出会いの背景(汗)とりまく環境はハードだけど仲良くなっていく二人の姿はふつうの若者と変わりなく微笑ましかったです。発電所のシーンがとても美しくて芸術的。アラシュはちょっと頼りない感じが母性本能をくすぐる(笑)甘いマスクのイケメンでしたよ。
 少女が静かに後をつけるところが不気味ですねー歩調を合わせて立ち止まる。襲うところは猛獣みたいでしっかり恐いしエグいし(^_^;)この静と動の演出が素晴らしかったです。結びつけた偶然はとっても残酷だったけど、前に進む二人。車を降りたアラシュの前の分かれ道は彼の迷いをあらわしているように思いました。
 ウェスタンのような音楽、チャードルなどのファッション、スケートボードなどヴァンパイア映画に思い浮かばないようなものがこんなにハマるなんて驚きです@@退廃的な雰囲気もよかった。まだまだ奥が深いぞ!ヴァンパイア映画。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらも。

こちらもご覧になったのね~♪

ヴァンパイア映画にまたしても新しい扉が~!!って感じた作品でしたね。
「悪いコなの?」って聞かれた男の子、あのシーンすっごく怖かったです。

少女の、あの後をつける様子、怖いんだけどちょっとおかしくもあって。静かな雰囲気が一転して!襲い掛かる動きがすごかったーー。
でも、あんな悪い人たちの血でいいの?って思っちゃった(笑)

アラシュ、白シャツにジーンズ、ジェームズ・ディーンみたいでした!(^^)!
音楽もファッションも、スケボーも新鮮でしたね。

私もポルカさんに教えてもらって、これ観れて良かった~♪

瞳さんへ

こちらにもコメント、ありがとうございます。

色々斬新でしたよね!
ヴァンパイア映画、まだまだ期待できそうですね♪
男の子のシーン、アップになった少女がめちゃ怖かった(汗)
いい子だったみたいでよかったです(^_^;)

絶妙な距離を保って後をつけるんですよね(笑)
あれが男性だったらかなり警戒するんだろうけど、
少女だからきっと油断してますよね。
襲うとこワイルドでビックリー@@
まずくても悪い人たちの血にしてもらいましょう(笑)

アラシュ、ほんとだ!ジェームズ・ディーンみたい!
音楽もファッションもセンスよかったですよね。
これからもヴァンパイア映画、チェックしていきましょうね(^-^)/♪
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる