ガス燈

gaslightb.jpg

ジョージ・キューカー監督

シャルル・ボワイエ
イングリッド・バーグマン
ジョセフ・コットン
メイ・ウイッティ
アンジェラ・ラズベリー
バーバラ・エヴェレスト

 グレゴリー、ローラ夫妻はローラが幼いころに暮らしがロンドンの邸に住み始める。そこはかつてローラの叔母である大歌手のアリスが殺された邸宅で、事件は未解決のままだった。
 ローラは邸から出ることを禁じられ、グレゴリーから物忘れや盗癖を注意されるなど精神的に追い詰められていく。
 街で偶然アリスにそっくりなローラに出会ったロンドン警視庁のブライアンはアリスの未解決事件を独自に調査する。


 1947年日本公開作品、古いっ@@洋画好きの義父からDVDを借りて観ました。公開当時とても評判がよかったそうです。
 サスペンスですね、びっくりするような映像はありませんが、伏線をちりばめながら追い詰められていくヒロインの恐怖が描かれていて最後まで惹きつけられました。
 グレゴリー、なんか最初から変だった。ローラの旅行先に先回りしてたの、ストーカーみたいで恐いよ~恋するローラはむしろ嬉しいサプライズと受け止めてましたが(^_^;)グレゴリー役のシャルル・ボワイエは人気のあった方らいですが、キャラ作りのせいかじゅ~ぶん怪しかった。
 人におかしい、おかしいと言われ続けたらほんとに自分でもおかしいのかな?と思えてくる。まさにその状態に追い込まれていくローラの痛々しい姿を演じたイングリッド・バーグマンはアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。ドレス姿が綺麗でしたね~でも肩幅の広さにビックリ、意外とガタイのいい人だったんですね@@
 最初のロンドンのシーンでも怪しい光を放っていた街灯のガス燈は邸内の灯としても使われ、重要なアイテムとしてだけでなく映画をミステリアスな雰囲気にしていました。
 あのふてぶてしいメイド、クビにしてほしい(笑)丸顔、どっかで見たことあると思ったら、ジェシカおばさんでした!若いな~@@ミステリー好きでおしゃべりな近所のおばさんもスパイス的な存在で、ああいう人も必要ですね(笑)
 あっ、なんかいい感じのイケメン出てきた♪と思ったのはアリスのファンだったというブライアン警部。演じていたのはジョセフ・コットン。義父「‘第三の男‘にもでてるよ」ということで観たい!手袋のエピソードはよかったです^^
 もっとドロドロしたものを期待(笑)していたけど狙いはそっちだったのか~とちょっと拍子抜けしてしまいましたが、ラストはハラハラするところもスッキリするところもあってよかったです。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしいです☆

こんにちは~。
>>古いっ@@洋画好きの義父からDVDを借りて観ました。
わ、いいですね! 共通の話題があると楽しいですよね。
この時代の映画DVD、たくさん持っていらっしゃるのかな? そんな義父が私も欲しいです^^;

ずいぶん昔に観たきりなので、殆ど内容を忘れていましたが、ポルカさんの記事で少しずつ蘇って来ました。
確かにグレゴリーは最初から怪しかったですね(苦笑)
シャルル・ボワイエ様も、こんな役を演じるんだ・・と驚いたのを思い出しました。
だって新婚で、あの家に住もうってね、彼女が嫌がっているのに。
その時点で怪しい匂いがぷんぷんしますよね^^;
よく覚えてないけど、夜な夜なグレゴリーが暗闇に消えていくシーンが印象に残っていますよ。
警部役のジョセフ・コットンですが、義父さんのおっしゃる通り「第三の男」で有名ですけど、この映画はラストシーンがとても有名です。
きっと観られたら、音楽やラストシーンも、どこかで観たと気付かれると思いますよ~。
いつかご覧になったら、またお話したいです~(^^ゞ
バーグマンはいつも本当に綺麗・・、明るい役より、こういう哀しい女性を演じている時の方が、よりいいですよね。

長くなりますが、こちらでちょっとお薦めの映画を・・^^;
地味映画に推薦というところまでは行かないんだけど、アルゼンチン映画の「木曜日の未亡人」が面白かったので、チャンスがあれば是非(^^ゞ
オープニングから衝撃的な映像で、そこに至るまでを振り返るような映画です。
でも、何故? どうして? 何があったの?という想いが、今もモヤモヤ残ります~、スッキリしたーーい!(笑)
ではまた~(^^)/

色々観たいです^^

みぬぅさん、こんにちは~。
義父は映画好きで、古い映画(洋画のみ)のことはかなり詳しいんです。
DVDも色々持ってるので、また借りたいと思ってます♪
義父もシャルル・ボワイエがこういう役を演じるのかって思ったそうです。すごく人気があった方のようですね。
私はこの映画が初めてなので今のところ彼のイメージはこれで固定(笑)
グレゴリー、そうそうあの家に住むように仕向けた感があって怪しかったですよね(汗)
夜な夜な暗闇に消えていくシーン、ありました!そしてガス燈の灯が小さくなり、恐怖を与える演出はうまいと思いました。
殺された叔母さんは絵だけでしたが、すごい美人でしたね。
回想シーンとかあるのかと期待しましたが(笑)ない方がミステリアスでやはりよかったように思いました。
ジョセフ・コットン素敵(*^_^*)「第三の男」は来月ケーブルでやってくれるので、録画して義父と観る予定です(笑)
そうなんですね、ラストシーン、楽しみです♪
バーグマン、品があってとっても綺麗、往年の女優さんたちってほんとにみんな美しいですよね。
これから古い作品も観ていきたいと思います^^

お薦め映画もってきてくださって、ありがとうございます!
「木曜日の未亡人」知らなかったので、早速チェックしてきましたが、
すごく面白そう♪題からしてミステリアスな感じがしますね。
レンタルあるかな?是非観たいです!

昔の映画

ポルカさん、こんにちは~!
「ガス燈」・・ポルカさんの感想拝見したら、もう感覚が一緒で頷いてばかり~。
バーグマン、こんなにガタイがいいとは・・とか。(そこかい・笑)
いや、コットン、かっこいいー!とか。(そこもかい・笑)
物語も、私ずっとロマンス系かと思ってたけど、しっかりサスペンスでしたね。
そうと知ってればもっと早くに見たのに・・とか思いました。
(ちなみに、ブログ始めた頃に見ました)

で・・ここでナンですが;;以前教えてもらってた「バリー・リンドン」見ましたよ!
映像がきれいとの事だったので、せっかくなので、やはり図書館のビデオはやめて、DVD借りて見ました。(^^ゞ
ホントに、冒頭のリボンゲーム(?)から、後の決闘シーンとか軍隊とか、どの場面も、
突き放した描き方してる割には映像がしっとりとしててきれいでした。
決闘やのちのバリーの行動に関しては、ちょっと理解に苦しむ部分があったけど、
(さっきも書いた)突き放した視点が、逆に私にはしみる部分でもありました。
あと、音楽が好み・・音楽にはとってもウトいので悲しい事にそれぞれのタイトルがわからないけど・・。
なかなか自分では気づいて手に取る事がなかったけど、教えて貰って鑑賞出来て良かったです。どうもありがとう~!
あ、ジャケットの絵もいいね。これ見て初めて、あ、昔このイラスト見た!この映画だったんだ~とか思い出したりして。(笑)

それから、ポルカさんのHPとうとう開けなくなってました。
また新たに別のURLで再開出来そうですか?
それとも、ブログだけになっちゃうのかなぁ?
でもポルカさんの前の感想がなくなると淋しいよ~。
いつも参考にさせて貰っているので・・。その辺はどんなですか?(^^;

ありがとうございます

つるばらさん、こんにちは~。
私もつるばらさんの感想読ませてもらったら「同じだ~っ」って思ったんです^^
バーグマン、がっちりしてましたよね、でもウエストは細かった@@
シャルル・ボワイエがあまりにも怪しかったもんだから、
途中ででてきたコットンが爽やかで(笑)でもって好きなタイプでした^^
私もサスペンスと聞いて、借してもらうことにしたんです(笑)
今ならもっとエグい感じになっちゃいそうですが(^_^;)雰囲気を大事にしていてよかったですね。

「バリー・リンドン」ご覧になったんですね^^
映像きれいでしたね、ロウソクの光だけで撮影するために特殊なレンズを使ったり、かなりこだわって作られてるみたいです。
決闘、近すぎですよね(汗)
バリーが出会う人たちも変わり者が多かった気がします。
突き放した描き方、そうですね、感情移入とかでなくバリーの人生を眺めているような感じでした。
音楽、全然覚えてない><長いから全部は観れないかもしれないけどチェックしてみようかな^^
ジャケットの絵、いい感じですね^^

HPですが、主人に教えてもらいなんとか引っ越しできそうになってきました。
私のHPがあまりに整理されてないので「なんだこれ!」とあきれられ(汗)
そのせいでかなり時間がかかりそうとのことでした。
今更整理することは無理なので(^_^;)根気よくPUTしていこうと思ってます。
今まで10MBで消しながら更新してたのですが、こんどは100MBになるので整理せずとも(オイ)どんどん更新できるので頑張ります^^
私のへぼい感想がなくなることを淋しがってくださるなんて・・・(涙)ありがとうございます。
無事にお引っ越しできたら連絡させてもらいますのでよろしくお願いします。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる