白い沈黙

shiroichinmoku.jpg

アトム・エゴヤン監督

ライアン・レイノルズ
スコット・スピードマン
ロザリオ・ドーソン
ミレイユ・イーノス
ケヴィン・デュランド
アレクシア・ファスト
ブルース・グリーンウッド

 カナダのナイアガラフォールズ。ある吹雪の日、マシュー(ライアン・レイノルズ)はスケート選手を夢見る9歳の娘キャス(アレクシア・ファスト)を迎えに行った帰り、行きつけのダイナーに立ち寄ったほんの数分の間に後部座席にいたキャスが忽然と姿を消してしまう。マチューは何者かによる誘拐を主張するが、捜査を担当する景気たちは彼に疑惑の目を向ける。


 重たそうな内容で興味を持ったらエゴヤン監督だったというのは「デビルズ・ノット」と同じパターン(笑)そしてこちらも子供が行方不明になる話でした。ただ最初から見る側には犯人と状況がわかっているので、娘を誘拐された家族、特に父親の姿をメインに描いた映画だと思います。過去(事件発生時)と現在(8年後)がいきなり切り変わるの繰り返しなので、最初は混乱しましたが、人物の雰囲気や髪型、担当の男女の刑事が恋人になってるとか(笑)だんだん瞬時にわかってくるので大丈夫^^
 仲のいい親子の微笑ましい風景が一転、夫を罵る妻の姿(>_<)ほんのちょっと買い物するくらいなら娘を車に残すことぐらいよくあることだと思うけど、いざ事件が起こると一緒にいた夫に怒りをぶつけてしまう。一番辛いのはマシューなのに、切なかったです。
 何故8年後かわからないけど(^_^;)キャスの存在をにおわす手掛かりを置いたり、犯人の方からアクションを起こしてきます。その後の展開は予想外に動きがあって面白かったです。まさかのカーチェイスまであってびっくり。パーティのシーンは緊張感があって違う映画みたいでした@@あまりにそれらしくて小物感漂う犯人、いきなり出てきた犯人の女友達って誰?などツッこみどころも結構あるんですよね(笑)
 ライアン・レイノルズの映画ってたぶん一つしか観てないので、勝手にマッチョなヒーロー的なイメージを持ってたけど(笑)ぜんぜん違った。心に傷を負いながらもあきらめずに娘を探し続ける孤独な父親を時に激しく演じていて素晴らしかったです。夫婦にずっと寄り添っていく刑事ニコール役のロザリオ・ドーソンもよかった。その役はブルース・グリーンウッドじゃなくてもよくない?って思ったけど、やっぱり素敵でした^^
 重たく憤りを感じる話ではありましたが、離れていてもお互いを思い続ける家族の姿に胸を打たれました。キャスとスケートのペアの子とのエピソードもよかったですね^^きちんと解決するラストは意外でした@@
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この作品・・と地味映画紹介

ポルカさん、こんにちは。
この作品、こちらではこれからでした。なのでもしかしたら行けるかも?(期待)
感想最初の方だけちらっと拝見したんだけど、エゴやんって事で、とっくに上映が終わってた「デビルズ・ノット」と勘違いしてたかも。(^^ゞ

ところで、地味映画のご紹介です。
「夏をゆく人々」。
トスカーナで、頑固オヤジを中心に倹しく暮らす養蜂一家。
現実の生活の大変さの中、夢や憧れを持ちながら成長する少女と家族の物語です。
と説明するとなんか平凡ですが;;
今、去年観た作品UP中なんだけど、振り返ってみて、この作品しみじみして良かったな~と思ったので。
脇役で派手なモニカ・ベルッチが出てるけど(笑)
それも全然浮いてなくて良かったので「地味」映画としてご紹介~(^^ゞ
機会ありましたら是非。

つるばらさんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
上映、これからだったんですね。
基本的にはエゴやん監督的な雰囲気ですが(知った風な)
ちょっと意外なところもありました。
「デビルズ・ノット」のほうが、うらしいかも。

地味映画のお薦めありがとうございます!
「夏をゆく人々」ぜんぜん知りませんでした(汗)
予告観てきました^^
オヤジ、かなり頑固そう(笑)
映像も美しいし良質な地味映画って感じですね。
じわじわ心にしみそう。
モニカ、派手ですね@@
こういう映画に出るモニカ、好きです^^
DVDあるのかな、観たいです♪
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる