サイの季節

saib.jpg

バフマン・ゴバディ監督

ベヘルーズ・ヴォスギー
モニカ・ベルッチ
ユルマズ・エルドガン
ベレン・サート
カネル・シンドルク

 イラン テヘラン、クルド系イラン人の詩人サヘル(ベヘルーズ・ヴォスギー)は美しい妻ミナ(モニカ・ベルッチ)と中睦まじく暮らしていた。ミナの運転手アクバル(ユルマズ・エルドガン)はミナに横恋慕したことで集団暴行を受ける。1979年、イスラム革命が起こり体制は一変、サヘルは反体制の詩を書いた罪で逮捕され懲役30年、ミナも共謀罪で懲役10年の刑に処される。


 劇場で予告を見てとても気になってました。マーティン・スコセッシ提供ってなってたけど、提供ってなんだ?
 イスラム革命後、不当な逮捕によって引き裂かれた夫婦の実話に基づいた映画です。いつものように時代背景がさっぱりってことにならないように、今回はイラン・イスラム革命のことを調べてから観賞しましたよ。
 サヘルは著名な詩人、ミナは革命前の王政下で優遇された司令官の娘で二人は裕福な暮らしをしていました。一方ミナに横恋慕しているアクバルは運転手、仲のいい二人を羨望と嫉妬の目で見ていて危険な感じでした。ミナの口紅を食べてたよね(^_^;)
 そんな彼らがイスラム革命によって立場が逆転、サヘルとミナは罪人に、アクバルは新政府の指導者になるのです。アクバルのミナへの執着によって二人の運命は大きく変わってしまいます。収監される二人が最後に会う場面が切なかったですね。そしてサヘルが釈放された30年後が描かれていきます。
 降ってくる亀(!)は面白かったけどあれはいったい?馬のドアップとかサイとかもでてきましたね。動物たちの意味はわからなかったけど、芸術性を高めるシーンになってました。サヘルの詩が朗読されるのですが、これまた難しい(>_<)刺青になってた「境界に生きる者だけが新しい祖国を作ることができる」というのは国を持たないクルド人の思いを詠ったものなのかなって思いました。
 べルッチはやっぱり綺麗ですね、一瞬だったけど脱ぎっぷりも見事。「007~」も楽しみですな^^サヘルを演じたベヘルーズ・ヴォスギーは重厚な存在感がある俳優さんでした。二人の抑えた演技が素晴らしく、深い悲しみが伝わってきました。
 30年の歳月はあまりにも長く、それぞれの立場が二人を容易には会わせてくれませんでした。誤解、偶然、さらにアクバルの影が悲劇的な状況に向かわせましたね。刺青のシーンはとても切なくてドラマチックでした。
 冷たい空気が漂う鉛色で幻想的な映像がとても好み。ハットするような美しいシーンも見どころだと思います。セリフが少ないので、映像、音楽によって表現されるところも大きかったと思います。ラストはサヘルの悲しみを一人で飲み込む決意とミナへの愛を感じました。サイの群れのシーンは圧巻@@
 圧倒的な映像美、芸術的な表現力を持った素晴らしい映画でした。犯罪アクション映画と合わせて、こういう映画も観ていきたいな(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる