雪の轍

wadachib.jpg

ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督

ハルク・ビルギネル
デメット・アクバァ
メリサ・ソゼン
ネジャットイシレル

 トルコ カッパドキア。元舞台俳優のアイドゥン(ハルク・ビルギネル)は親から膨大な遺産を受け継ぎ、ホテルのオーナーとして何不自由なく暮らしている。しかし彼の美しい妻ニハル(メリサ・ソゼン)との関係がうまくいかず、一緒に住む妹のネジラ(デメット・アクバァ)ともぎくしゃくしはじめていた。さらに家を貸している一家から思わぬ恨みをかってしまう。


 カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品ですね。監督の作品が日本公開されるのは初めてみたい。そんな記念すべき作品を劇場観賞できたのはよかったです^^上映時間3時間16分、長いっ。しかも会話のシーンが多いので、やっぱりちょっとだけ睡魔、襲われました(しかたなし?)。 
 岩に囲まれているカッパドキアの風景が素晴らしかった!大きな岩自体がホテルや住宅になってるんです。中の壁とかも岩@@自然の力強い主張みたいなものを感じる場所でした。行ってみたい!こんなホテルに泊まってみたい!
 お客に日本人がいたのは嬉しかったなーわさびの話とかしてましたよ^^彼は俳優じゃなくてトルコに留学してた人だったみたい@@アイドゥンて見た目はとっつきにくい感じだけど、ぜんぜん違った。宿泊客に気さくに声をかけていて、とっても優しそうでした。
 物語はアイドゥンと周囲の人たちとの関係が描かれています。お互い傷つけ合う言葉の応酬、彼らの会話から内面をあぶり出していく感じがしました。アイドゥンの資産で慈善活動をする妻、出戻りの妹にはあまりいいイメージを持たなかったな。妻ネジラ役のメリサ・ソゼンが綺麗!
 アイドゥンが家を貸しているイスマイル(ネジャット・イシレル)一家が家賃を滞納、家具を差し押さえたことで彼らから恨みをかってしまいます。アイドゥンは人に任せていて知らなかったみたいだし、家賃払わないイスマイルが悪いのにあの態度はねぇ。息子にきちんと話しているのかも疑問です。間に入って気を使うイスマイルの弟ハムディの姿が痛々しかった。
 野生の馬を捕まえるシーン、体力の限界まで抵抗する馬の姿がとても凛凛しかったです。カッパドキアって「美しい馬の地」を意味するそうです。重苦しい雰囲気の中、アイドゥンが身を寄せた友人宅での男だけの酒盛りがユーモアあるシーンでした(笑)
 それぞれに立場や考え方が違う人との関わりの中で、相手を理解しようとすることが大切だということを感じました。夫婦、兄妹であっても同じだと思いますね。ニハルがイスマイルを訪ねるシーンではそれが悲劇的に描かれていたと思います。ラストは雪解けの予感^^
 会話とか哲学的で難しいところもありましたが、芸術的で映像も美しかったです。けっきょく素晴らしすぎるカッパドキアの自然が一番印象に残った映画でした(^_^;) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる