真夜中のゆりかご

yurikagob.jpg

スサンネ・ピア監督

ニコライ・コスター=ワルドー
ウルリク・トムセン
マリア・ボネヴィー
リッケ・メイ・アンデルセン

 敏腕刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は美しい妻アナ(マリア・ボネヴィー)と乳児の息子とともに幸せに暮らしていた。ある日通報を受けて同僚のシモン(ウルリク・トムセン)と駆け付けた一室で薬物依存の男女の育児放棄の現場に遭遇する。ある朝、思いもよらぬ悲劇がアンドレアスを襲い、彼は驚愕の行動にでる。


 2度目のマックスを観に行っちゃったので(笑)ギリギリ最終日(^_^;)チラシを目にして興味を持ち、観賞予定リストに入れてました。後から主役が今話題の(?)北欧男子のイケメンだと知ってテンションUP♪主役はたしかにイケメンだったけど、テンションは急降下(・_・)かなりシリアスな作品でした。でもとてもいい映画でしたよ^^
 アンドレアスの相棒がどこかで見たことあると気になって気になって、後で調べたら「悪童日記」の将校でした(スッキリ)ニコライ・コスター=ワルドーも「MAMA」に出てたあのイケメンだったのね@@ぜんぜんわかんなかった~短髪だとイメージがだいぶ違う。
 登場する二組のカップル。刑事のアンドレアスと美しい妻アナ(マリア・ボネヴィー)は赤ちゃんと湖畔のお洒落な家に住み、幸せな生活を送っています。赤ちゃんの夜泣きがひどいのでアンドレアスが車で連れ出したり、アナは乳母車に乗せて深夜のお散歩@@このお散歩かなり物騒だと思うんだけど(汗)
 一方薬物中毒のトリスタン(ニコライ・リー・コス)とサネ(リッケ・メイ・アンデルセン)にも赤ちゃんがいるのですが、育児放棄状態。アンドレアスたちが押し入った時の汚物まみれの赤ちゃんの姿はおまりにもひどかった(>_<)その光景に衝撃を受けるアンドレアス。サネは赤ちゃんのことを気にしていて世話をしようとするんだけど、トリスタンが邪魔してきて、とても子供を育てる環境じゃないんですよね。
 やがて彼らが思わぬ形で関わりを持っていきます。アンドレアスの衝撃的な行動には胸が苦しくなりました。これは善悪というより親の心情としてできるわけない。しかしそのことによって、今まで見えなかったものが見えてくるのです。それは気付かなかった心の闇であったり、先入観にとらわれていた母親の姿でした。
 アンドレアスとアナ、トリスタンとサネの緊迫したやりとり、スリリングな展開に目が離せません。美しいけれど冷たさを感じる映像がミステリアスな雰囲気に合っていてとてもよかったです。それぞれの表情から感情を読み取ることが重要な映画かなって思いました。そこから伏線も見えてくる。自分の考えについてハッとさせられる部分もありました。
 ニコライ・コスター=ワルドーの精神的に追い詰められていくシリアスな演技、ニコライ・リー・コスの薬中ダメ男ぶりが素晴らしかったです。魅力的な北欧男子、マッツだけじゃなかった!(笑)サネを演じたリッケ・メイ・アンデルセンはトップモデルだったんですね@@そんなイメージを感じさせない役作りもすごいし、映画初出演とは思えない存在感でした。
 衝撃的な光景が胸に突き刺さり重たかったけど、希望が見えるラストには、なんとも優しい気持ちになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残暑お見舞い~

ポルカさん、こんにちは。
まだまだ暑いな~と思ってたけど、今日は台風上陸で涼しいです・・
なんて言ってられないくらい風強くて朝から慌ただしくしてました;;
そちらには影響ないですか?もう一つの台風は確かもう心配いらないみたいでホッとしてますが・・。

ところでこれ間に合って良かった良かった!
辛い物語だったけど、あのラストには救われましたね。
私も、父親が自分の子と他の子を・・の行為は「ありえん」って思ったけど;;
そこから見えてくる様々な事柄には深く考えさせられました。
Wニコライ、良かったですね。(≧∇≦)
二人とも、第二のマッツになれるかも・・?!なって欲しい~(笑)
サネ役の女優さん、全然知らなかったけど、ハマってましたね。
モデルの姿も見てみたいけど、もう完全に女優に転身したのかな?
今思ったんだけど、ビア監督の作品っていつも魅力的な俳優さん多いですよね。
そしてポルカさん、また新たにお一人発掘したみたいで?
でも、その相棒がどんな人だったか思い出せなくて~;;
「悪童日記」が益々気になって来ました・・!

つるばらさんへ

こんにちは~。
台風だいじょうぶですか~
こちらも風がけっこう強いけど、あまり影響はなさそうです。
気をつけて下さいね。

ギリギリセーフ、ほんと良かったですぅ^^
思った以上に辛い話でね(>_<)でもラストはよかったですね。
あの行為は絶対無理!
でも見えてきましたよね、内面が。
こちらが描いたイメージとは違ってたのもショックだし、
サネに対しては申し訳ない気持ちになりました。
色々考えさせられました。
あっ、そうですね、Wニコライだ(笑)
注目されて欲しいですねっ!第二のマッツ、頑張れ~(笑)
サネ役の女優さん、薬中リアルでしたよね~
私もモデルの姿見たくて検索したんだけど、出てこなかった。
サネ監督の映画は「悲しみが乾くまで」しか観たことなくて(^_^;)
マッツが出てる「しあわせな孤独」も観たいです。
相棒さん、この映画では地味な感じだったけど、
「悪童日記」の時は怪しい役で、曲者俳優オーラが出てたんです(笑)
もしご覧になったらチェックしてみてくださいね^^

観ました~♪

ポルカさん、こんばんは。
先週はビックリするくらい暖かかったのに、また寒くなってきましたね。もう20日なんて早いーー。

気になっていた本作、ようやく観れました。
ニコライ・コスター=ワルドー、最初に観たのが「ヘッドハンター」でとっても美男子なんだけど裏の顔は・・・・って役だったので、
今回の、悩める主人公でまた違う面が見れて良かったです。

そうそう、自分の子を・・・っていう行為は、絶対出来ない!と思いますよね。あんな場所ならなおさら置いてけない(>_<)
だけど、そこからの展開に目が離せませんでした。

アンドレアスの相棒!!そうでした!!どこで観たんだろう?って思ってたので、教えてもらってスッキリ。
彼、最初に登場した時と、最後と、全然表情まで変わってましたね。とっても刑事らしくなってましたっけ。

暗い夜、湖や、川、水辺の風景がとっても印象的でした。
揺れる水面が、主人公たちの心みたい。
あのアンドレアスの家はとっても素敵で、クリスマス前の電飾も綺麗でしたよね。それだけによけい悲しかったけど、
それでも救われるラストが嬉しかったです。

瞳さんへ

こんばんは~。
暖かいクリスマスですね。
寒暖の差が激しいので体が寒さに慣れない感じです。
今年もあと少しになってきましたね。
ほんとに一年が早い。

ご覧になったんですね!
「ヘッドハンター」知りませんでした。
気になる~♪
彼、イケメンですよねー^^

置いてくなんて絶対できない!
あの場面は胸が苦しくなって、キツかったです(>_<)
そうそうその後の展開、色々なことが見えてきて、
目が離せなかったですね。

相棒の彼、存在感がある俳優さんだと思いました。
悪童~では癖のある役でしたよね。
今後もどこかで見かけるかも知れないですね^^

夜の風景が印象的でしたね。
なるほど、主人公たちの心穏やかではなかったですものね。
羨ましいほど素敵なお家、素敵なカップルに見えたのに・・・
心温まるラスト、良かったです!
と同時にごめんなさいって気持ちにもなりましたよ(>_<)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる