Mommy/マミー

mommyb.jpg

グザヴィエ・ドラン監督

アンヌ・ドルヴァル
スザンヌ・クレマン
アントワン=オリヴィエ・ピロン

 架空世界のカナダ。ダイアン(アンヌ・ドルヴァル)はADHDを抱える15歳になる息子スティーヴ(アントワン=オリヴィエ・ピロン)がいるシングルマザー。スティーヴが矯正施設を退所し二人は一緒に暮らし始めるが、攻撃的で情緒不安定なスティーヴは度々問題を起こしダイアンを困惑させる。そんな中、向かいに住むカイラ(スザンヌ・クレマン)と親しくなる。


 楽しみにしてました♪ドラン監督作品というだけで、絶対観たいと思ってしまう。そんな魅力のある監督さんです。
 障害(ADHD)を持った子供とその母親のお話です。同じ立場でなければわからない思い、苦労はあると思いますが、私も息子を持つ母なので色々考えさせられました。シリアスなテーマながら、やっぱり印象に残る素敵なシーンはありましたね。
 ケバケバしてて元ヤンっぽいダイアンとスティーヴのハードな掛け合いにたじたじ(^_^;)でも仲の良さが伝わってきます^^
 パーソナルな部分を強調しているような1対1の画面が、スティーヴがこじ開けるようにして広がった時にはより解放感が感じられて、すごい演出だと思いました。ショッピングカートで暴走するスティーヴ、いい表情してたなーとても好きなシーンです。
 ダイアンとスティーヴにとって、カイラ(スザンヌ・クレマン)の存在は大きかったですね。カイラは何かのストレスからか吃音症になっていたのですが、二人と親しくなったことで快方に向かっているように見えました。楽しそうな3人の姿、カイラに勉強を教えてもらっているスティーヴの真剣な表情には、未来に希望を感じました。そんな彼を見てダイアンは嬉しかったんじゃないかな。3人で踊るシーンが素敵♪
 しかし現実は厳しいものでした。そして辛い選択(>_<)ダイアンに葛藤があったのもわかるし、ずっと息子を思う母の姿でした。3人のドライブでダイアンが夢に見る情景は切なかったですね(T_T)
 アンヌ・ドルヴァルとスザンヌ・クレマンは「マイ・マザー」にも出てましたね。「マイ・マザー」ではあまり絡みがなかったように思うけど、二人とも強すぎる個性をもってるので一緒だとかなり濃ゆいです(^_^;)激しい感情表現をみごとに演じたアントワン=オリヴィエ・ピロンが素晴らしかったです。
 今思い出してみるとふしぎとダイアンとスティーヴの楽しそうな姿の方が印象に残っていますね、ラストもとても優しかったし。いい時も苦しい時も愛情ある二人として描かれているところがよかったと思います。

dolanb.jpg

8月に近くのミニシアターで、特集上映やります!
「わたしはロランス」を映画館で観たいな~♪
悩ましい表情にドキッ♡
「映画が彼に恋をしている。」というキャッチコピーが素敵。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる