猿の惑星:創世記(ジェネシス)

riseplanetb.jpg

ルパート・ワイアット監督

ジェームズ・フランコ
アンディ・サーキス
フリーダ・ピント
ジョン・リスゴー
ブライアン・コックス
トム・フェルトン

 サンフタンシスコの製薬会社の研究所で、アルツハイマー病の新薬が投与された一匹の猿が驚くべき知能を示した。ところがその猿が突如として暴れだし、研究所内をパニックに陥れたあげく射殺される。
 チンパンジーは妊娠しており、その子どもを科学者のウィルが引き取ることになった。シーザーと名付けられたチンパンジーは母親の遺伝子を受け継ぎ、驚くべき知能を持っていた。


 以前月イチゴローで散々な評価をしてたので、そうなのか~と思ったけど、主人が行きたいということで、新しいシネコンで観賞。いやいや~面白かったです♪間に受けちゃいけませんね(笑)
 ラストが衝撃的だった「猿の惑星」の前の話、なるほどこういう経緯で地球が猿に支配されたわけですね。もとわといえば薬を作ったウィル(ジェームズ・フランコ)と猿をいじめたドッジ(トム・フェルトン)が悪い(!?)
 まずびっくりしたのはCGの猿たち、すごい~~!本物みたい!シーザーの動きは名優アンディ・サーキスが演じているので感情表現も完璧、なんかね~目つきだけでも利発そう@@しっかり伝わって感情移入できました^^
 アルツハイマー病の新薬の投与で高い知能を得た母から生まれたシーザーはやはりしっかり遺伝子を受け継いでいましたね。赤ちゃんシーザーかわいかったですね~ウィルとはほんとの親子のようでした。
 大きくなったシーザーは大人になったパンくんを見た時と同じような衝撃(笑)やっぱり知らない人は恐いよね(汗)
 シーザーが入れられてしまった保護施設は猿たちに対する扱いが最悪でしたね。あっ、マルホイ!やはりそのイメージが強いトム・フェルトン、シーザーをいじめる憎たらしいキャラでした。やっぱイメージ被るな~(笑)
 頭のいいシーザーですからやられたままのわけはありません。シーザーが緻密な計画で猿たちのリーダーになっていくところが見どころです。手話が通じるオラウータンや、凶暴なゴリラなどキャラ設定もナイス^^
 知能が高い猿たちが出来上がった過程は、シーザーならやれると納得。施設を出た猿たちがかなり増えててビックリしましたが(笑)クライマックスでもある橋のシーンは猿たちが人間と対等であるということを見せつけられたような気がしました。
 ウィルとシーザーの再開は泣かせる演出を予想していたのですが、むしろ清々しい感じでとてもよかったです。しかしあの木、高すぎませんか~!いくらチンパンジーでもハラハラしましたよ(笑)
 隣のおじさん、なんかちょいちょい出てくると思ったらちゃんと役割(汗)があったんですね~パイロットという職業も重要だった@@続編あるんでしょうかね、でもこの後の展開路線か変わっちゃいそう(ゾンビ系?)観終わった後うまく締めたなって思いました。
 ウィル、人類の未来を変えたことに一役かってるということで責めたいところですが、親孝行さとキュートな笑顔でやっぱり憎めません(笑)彼女役のフリーダ・ピントは控えめな感じがよかったです。
 娯楽作品としても見せ場が多く楽しめますが、軸にあるのは親子、仲間の絆なので心に響く部分もありとてもいい映画だと思います。  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011   アメリカ) RISE OF THE PLANET OF THE APES 監督: ルパート・ワイアット 製作: リック・ジャッファ アマンダ・シルヴァー ...

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

ドラマ性あるストーリーと迫力あるアクション映像で、 とても見応えがありました! 面白かったので、字幕と吹替えと2度続けて観ちゃった。 RISE OF THE PLANET OF THE APES 監督:ルパ

コメントの投稿

非公開コメント

月イチゴロー

ポルカさん、こんにちは!
そうそう、ゴローちゃんが「サルCG映画」とか何とか、
かなりな酷評してましたよね(≧ε≦)
私もそれを聞いて、そんなもんか・・・って思ってました。
影響力のあるゴローちゃん、ちょっとキツイですよね~
最初の出足は悪かったようだけど、
その後けっこう評判が上がってきたみたいですね。
ポルカさんの感想でも、満足度が高かったようだし。

昔のシリーズはテレビでも何回か観たけど、
内容はすっかり忘れてます。
それでも楽しめる内容になってますか?

ところで、私のブログは新作がほとんどありませんが、
相互リンクしていただけますか。
よろしくお願いします。

ありがとうございます

YANさん、こんにちは~。
YANさんも月イチゴローご覧になったんですね。
ほんとめちゃくちゃ言ってましたよね~(笑)最下位だし@@
人それぞれとは思っていながらも影響されてる自分(^_^;)
この映画は主人に誘われたわけですが、
やはり映画の一目ぼれ(?)は大切にしたいと思います^^
過去の作品は、人間が猿に支配されている世界があるということだけ知ってればなお、知ってなくても楽しめると思いますよ~なんたってイケメンも(ジェームズ)もでてますしね♪

相互リンクの件、ありがとうございます。
たいした感想も書けない新米ブログですが(汗)
是非よろしくお願いします。

遅くなっちゃた

お邪魔します~~
意外と面白かったですよね。
<まずびっくりしたのはCGの猿たち、すごい~~!>
いや~~私もビックリです。昔の猿の惑星って、
いかにもメイクして猿しています!!って感じだったじゃない・?
(当時としては画期的なんだろうけど)でも今回のって
本物にしか見えないんだもの。
<なんかね~目つきだけでも利発そう>
うんうん!あの目に、泣かされたりもしたよ…笑
クライマックスでもある橋のシーン→
あの猿たち、橋を、うんてい(昔、公園にあった遊具よ~)がわりにして
ひょいひょい、移動していたじゃない?懐かしかったよ、あの行動が。
それに面白かったよね。スピード感あって。
<親子、仲間の絆>そうよね~~。やっぱりツボを押さえた
脚本が良かったよね。

リンク

ポルカさん、こんにちは!
この映画は昔のシリーズをわざわざ復習する事もないと
分かって、安心しました。
まあ、私の場合は、レンタル待ちになる可能性大ですが・・・(^^;

ところで早速リンクを張らせていただきました。
ありがとうございます★

今、私の所のリンク欄には20名くらいの方のお名前があるんですが、
半分くらいの方がブログ活動を休止されてるんですよ。
継続するってなかなか難しい事なんだなあってしみじみ思います。

ポルカさんとはこれから映画のお話がいろいろ出来たらいいですね。
よろしくお願い致します★

みみこさんへ

こんにちは~。
ホントいまどきのCGの技術たるやすごいですね@@
昔の猿、ティム・ロスの猿が凶悪そうだったのを覚えてます(笑)
でも進化してる猿なので人間に近くていいのかも?
創世記にこそCGの技術が生かされるのかも知れませんね。
シーザー、めちゃくちゃ賢そうでしたよね~(笑)
おじいさんを助けるところなんかウルっときちゃいました。
橋のシーン・・・うんてい(爆)3本抜かしくらいかな~もっとかも(笑)
実際あれができるかどうかわからないけど(笑)なかなか面白い演出でしたよね^^
もろに猿メインの話かとおもったらウィルとお父さんのことなんかも描かれていてよかったと思います。
続編あるんでしょうかね~まずは「猿の王国」とかどうでしょう(笑)

YANさんへ

こんにちは~。
昔のシリーズは1作目とティム版を観ていますが、どちらも面白かったです^^

リンクの件、ありがとうございます!
私の方もリンクさせていただきました^^
ブログのお友達、そうなんですか~色々な事情があると思うけど寂しいですね。
とにかくマイペース更新のブログですが、どうぞよろしくお願いします。
これから色々映画のお話など楽しみにしています。
ガンホの話なども・・・ね(笑)

こんにちは!

ポルカさん、これ観たので、またお邪魔します。

とっても面白かったですね!
内容も、人間の傲慢さや、親子・仲間の絆などきちんとあって、
2時間弱というコンパクトさ。
1作目に繋がる現代的な発想の物語として、
なかなか良い出来でしたね。

ちょいちょい出てきたお隣のおじさんは、なんだか気の毒でしたね~
ウィルたちは、すっごい迷惑をかけてるんですよね(^^;
一言くらい謝ってもいいのに・・・ 

YANさんへ

こんにちは~。
ご覧になったんですね^^賛否両論あったみたいだけど私はとても面白かったです♪
人間の傲慢さによって辛い思いをする猿たち、憤りを感じましたね。
ウィルとシーザー、父親との絆、心温まるエピソードもありましたね。
そして猿たちを束ねるウィルのリーダーシップと猿たちとの友情もよかった^^
ラストもしっかり繋がるような作りになってて、なるほど~って思いました。
隣のおじさん、ほんと、災難でしたね~よくよく考えると何も悪くないのになんか印象悪くなってて・・・(汗)
確かに、謝るべきですね!
ウィルの笑顔はかなり有利ですね(笑)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる