海にかかる霧

kirib.jpg

キム・ソンボ監督

キム・ユンソク
パク・ユチョン
ムン・ソングン
キム・サンホ
イ・ヒジュン
ハン・イェリ

 漁船チョンジン号のカン船長(キム・ユンソク)は不漁のため故障した船の修理代も出せずにいた。金策に悩んだ末、中国からの密輸業を請け負っているヨ社長から、朝鮮族の密航を引き受ける。


 ポン・ジュノ監督が製作だし、なんかただならぬ雰囲気を感じて注目しておりました(^◇^)遅い時間になって、諦めてたのですが、またいい感じに変更になって観ることができたのでよかったです。とても面白かった!好きなタイプの韓国映画でした^^
 「船を守れ!」という映画です(?)追い詰められた人間って恐い(^_^;)実話に基づいていたと後で知ってびっくり@@
 最初に出演者たちの挨拶があって、「楽しんでくださいね~」みたいな感じで明るかったけど、映画はぜんぜん明るくなかったです(笑)暗い海に浮かぶ古びた漁船の重苦しい雰囲気が素晴らしかった。雷雨と霧がさらに不穏な空気を演出してましたね。エグいシーンもあったけど、それほど直接見せてないのでまだ優しい方だと思います。想像するとものすごいですが(^_^;)
 チョンジン号、オンボロ船なのに修理もしてもらえなくて廃船の危機になってしまいます。船長がお金を得るために手をだしてしまったのは、超ヤバイ仕事でした(>_<)
 最初はふだんの船員たちの様子をユーモラスに描いていましたが、朝鮮族の人たちが船に乗り込むところからずっと緊張感が途切れませんでした。大人数をかくすのは大変で朝鮮族と船員たちもピリピリした空気に。さらに思いもよらない事態が発生して追い詰められていきます。
 船長役のキム・ユンソクがすごかったですね~イメージがどんどん変わってきて船を絶対守るんだという決意というか殺気すら感じました。どこかで見たことあるって思ったら「チェイサー」の人でしたね。冷静に狂っていく感じ(^_^;)
 精神に異常をきたす人、腹をくくって非情に徹する人など、船員たちの行動、心理描写も興味深かったです。ドンシク(パク・ユチョン)とホンメ(ハン・イェリ)若い二人の関係がどうなっていくのかも気になります。純朴でちょっとのんびりした感じだったドンシクがどんどんたくましく強くなってましたね。ホンメを絶対守るっていうドンシクに胸キュン。息苦しくてどんよりの中で、彼の頑張りが救いにもなっていました。パク・ユチョンって元東方神起だったんですね@@ぜんぜんわかんなかった。短髪だとずいぶんイメージが違いますね。
 終盤はアクションもあり、スリルがあって目が離せません。船長はちょっと可哀そうな気がしましたね。含みをもたせたラストシーンもよかったです。俳優さんたちの安定の演技力が素晴らしかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる