フォックスキャッチャー

foxb.jpg

ベネット・ミラー監督

スティーヴ・カレル
チャニング・テイタム
マーク・ラファロ

 レスリングオリンピック金メダルのマーク(チャニング・テイタム)は練習環境に恵まれず苦しい生活を送っていた。ある日デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)からソウルオリンピック金メダル獲得を目指すレスリングチーム「フォックスキャッチャー」の結成プロジェクトに誘われる。


 1996年にデュポンの御曹司が金メダリストを殺害したという事件の実話で、その事件が起こるまでが描かれています。チャニングはもともとマッチョなイメージがあるけど、ラファロって自分の中ではイケメン風のイメージなので、体型から髪型までぜんぜん違っててびっくり@@スティーブ・カレルははじめてだったので、不気味なオーラを出す人だなって思ったらコメディ映画にも出てる人だったんですね。写真見たらまったく違う感じだったのでこれまたびっくり@@二人ともすごい役作り!
 マークの負のオーラがハンパない(>_<)生活も困窮してるみたいだし、兄デイヴ(マーク・ラファロ)に対しては嫉妬心からか攻撃的になっていて、二人のスパークリングはすごい緊張感でした。デイヴは指導者としても一流で人望もあり、弟のことも常に気にかけているとってもいい人なのです。
 一方ジョンのストレスになってるのは母のようで、大好きなレスリングを全否定する母になんとか認めてもらおうとする姿が痛々しかった。練習風景を見に来た母の前でいいところを見せようとするのは「見て見て、ボクはこんなにすごいんだよ!」と言ってる子供みたいでした。敷地内にj銃の練習場があったり、戦車を買ったりしてるのも驚きでした(^_^;)
 ジョン、マーク、デイヴの関係にピリピリした緊張感が漂っていて、そんな中でのそれぞれの心理描写が見どころだと思います。レスリングの練習、試合風景もリアル!デイヴが来てからジョンの孤独感がどんどん強くなっていったように見えましたね。レスリングがとっても好きっていう気持ちは伝わってくるので、お母さんは認めてあげて欲しかったです。
 3人とも素晴らしかったです。カレル怪演!上目使いで静かな口調が恐いんですよ(^_^;)チャニングの顔つきと歩き方がゴ❍ラっぽくて、そのイメージが消えなくて困った(^_^;)わりと淡々と描かれていたので、ラストがより衝撃的に感じました。とても面白い(映画として)男の映画でした^^ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる