ビッグ・アイズ

bigeyesb.jpg

ティム・バートン監督

エイミー・アダムス
クリストフ・ヴァルツ
ダニー・ヒューストン
ジェイソン・シュワルツマン
テレンス・スタンプ
クリステン・リッター

 60年代アメリカで一大ブームを巻き起こした絵画ビッグ・アイズシリーズ。作家のウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)は一躍時の人となる。しかしその絵は彼の妻マーガレット(エイミー・アダムス)が描いたものだった。


 だいぶ前に劇場観賞したのですが、感想が今頃に(>_<)ティムとヴァルツということでは観ないわけにいきませんね(笑)ヴァルツ、バッチリハマってました。実話なんですよね。話題になったゴーストライター事件を思い出しましたよ(^_^;)ポップな映像が楽しかった♪
 内気なマーガレットとは対照的に夫のウォルターは、コミュニケーション力、セールス力が抜群で、ビッグ・アイズの絵を注目させることに成功。まず高級ジャズクラブに自分たちの絵を強引に飾らせてもらったり、注目されてからは絵を大量に印刷して安値で売るとか、アイデアが出てくるところはすごいと思いました。マーガレットも彼のペースに巻き込まれて従うしかない状況に。しかしウォルターを見てると出たがりだし、いったいいつ絵を描いてるんだって思われそうなものだけど(^_^;)
 もうね、ヴァルツ劇場でしたね(笑)胡散臭さ全開。どうしようもない嘘つき男なんだけど監督の演出とヴァルツのキャラのせいかなんか憎めないんですよね(^_^;)マッチ投げるとこツボでした(笑)エイミー・アダムス、ブロンドが似合ってて可愛かった。どんどん裕福になっていく生活、一方真実を言えない辛さを抱える複雑な表情が印象的。そして自分の意志で立ち上がる颯爽とした姿が素敵でした。
 絶体絶命の法廷でもブレないウォルターは、もはやあっぱれ(^_^;)主役はウォルターなんじゃないかな。マーガレットに、してやったり感がなかったのもよかった。内気なマーガレットだけでは絵が売れたかどうかわからないし、ある意味ビッグ・アイズは二人で作り上げたものだと思います。
 マーガレットが見る大きな瞳の幻覚がちょっと不気味で監督らしいですね^^結婚式のピンクのアーチが可愛かった♪ともすればドロドロになりそうだけど、ユーモアと温かい眼差しで描いたバートン流伝記映画だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる