プリズナーズ

prisonersb.jpg

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督

ヒュー・ジャックマン
ジェイク・ギレンホール
ヴィオラ・デイヴィス
マリア・ベロ
テレンス・ハワード
メリッサ・レオ
ポール・ダノ

 ペンシルベニア州のとある田舎町。小さな工務店を営むケラー(ヒュー・ジャックマン)は隣人の一家と共に感謝祭を迎えていた。その最中、ケラーの娘と隣人の娘が行方不明になる。現場付近で目撃されたRV車を手掛かりに捜査し、容疑者として車に乗っていた青年アレックス(ポール・ダノ)が拘束される。決定的が証拠がないままアレックスは釈放されるが、ケラーはアレックスの発した一言で、犯人だと確信する。


 面白かった!何かに囚われた人間の恐さのようなものを感じる映画でした。感謝祭の最中に起こった少女誘拐事件、少女の安否は不明。刑事の視点で描かれた謎解きの部分にも引き込まれましたが、注目すべきはリアルで衝撃的な被害者側の心理描写だと思いました。
 見た目もタフで、危機管理もしっかりしているケラーでさえ娘を誘拐されてしまった。子供をずっと監視していることはできなしい、これは誰にでも起こりうるこだとゾッとしました。止まっているRV車の静かで不気味な演出に胸騒ぎが(汗)
 事件の進まぬ進展に、アレックスを犯人と確信したケラーは彼を監禁して口を割らせようとするのです。鬼の形相のヒュー、迫力があります。拷問がけっこう酷くてね、怪しくはあるけどアレックスが犯人だという確信はないまま見てるのはかなりキツイ(>_<)家族を守れなかった自分への怒りもぶつけているように感じました。人はここまで非情になれるのかと思ってしまいます。もうひと組の被害者夫婦の対応も考えさせられましたね。そして何もできず放心状態のケラーの妻の姿もリアルでした。「あなたといれば安全だと思ってた」ケラーにとって何よりこたえる言葉だと思う。言っちゃだめだよ。
 一方ロキ刑事(ジェイク・ギレンホール)は新たな容疑者を見つけるなどしながら、事件の真相に近づいていきます。予測がつかない展開に目が離せません。このジェイクがカッコイイ!!男らしくてね、首や指のタトゥーがワイルドさをUP。彼ならなんとかしてくれそうな気がする。そんなオーラがありました。カーアクションのシーンが素敵でした♡♡♡←手に汗握る素晴らしいシーン
 最後に伏線が繋がっていく脚本が素晴らしかったですね。スリリングで動きのあるシーンがあるのもよかったです。ただこの動機、わかるわけないじゃん(>_<)宗教的な部分が大きいのでしょうが、まったく理解できませんでした。
 ヒューとジェイク、素晴らしかったですね。二人を逆のキャスティングにしてもいけそう(想像中^^)ダノくんとメリッサ・レオの怪演も見どころだと思います。ホリーは最初メリッサ・レオだってわからなかった(^_^;)  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる