馬々と人間たち

umaumab.jpg

ベネディクト・エルリングソン監督

イングヴァル・E・シグルズソン
シャーロッテ・ボーヴィング

 独身男コルベイン(イングヴァル・E・シグルズソン)は子持ちの未亡人ソルヴェーイグ(シャーロッテ・ボーヴィング)に惹かれ、彼女も彼に惹かれていた。しかし馬同士の愛が先を越してしまう。
 ヴェルンハルズルはウォッカが大好き。ウォッカを手に入れるため愛馬ヤルプルに乗って冷たい海に飛び込みロシアのトロール船を目指す。


 ノーマークでしたが、劇場で予告を観て呼ばれたので(笑)観賞しました。人間と馬の群像劇ですね。ブラックユーモアがきいてるし、けっこうエグかったりもします(^_^;)馬とともに生きるアイスランドの人たちの生活、とっても興味深かっし面白かったです(^◇^)
 アイスランド馬、ちょっと足が短く、ガッチリしててかわいかったです。乗り心地も安定感ありそう。1100年以上も交雑することのない純血種だそうです@@
 コルベインの白い牝馬がすっごくきれい。走る姿もまるでリズムを刻んでいるように軽やかでした。コルベインとソルヴェーイグはお互い意識しているものの相手の気持ちを探っているような様子。しかし馬たちの愛情表現はストレート。これ仕方ないと思うんだけど、すごーく気まずい空気になってました(^_^;)そして馬たちに悲劇が・・・いや~もうびっくりでしたよ@@不貞?そんなの求められてもねー馬なんだから(>_<)
 沖に船を見つけたヴェルンハルズルは馬に乗って冷たい海にドッブーン。馬がこんなに泳ぎが上手いとは思いませんでした@@それまでしてもウォッカが欲しいのかっ(^_^;)トロール船の船員が馬をねぎらうように優しく話しかけてた姿が印象的でした。
 思いのほかハードな展開になっていく有刺鉄線をめぐる追跡劇(゜ロ゜;)、悲劇の乗馬観光(帝国の逆襲のワンシーンのような光景)(・_・;)などインパクトある物語が展開されます。そんな中、若くて美しいヨハンナのみごとな手綱さばきには見とれてしまいました。女性がたくましいんですよね、男性に混じって対等に仕事をしてる感じだしお酒も強そう。
 お馬さんたち、人間ってなんて自分勝手なんだろうって思ってるんじゃないかな(笑)アイスランドの人たちにとって馬は家畜というだけではない特別なものを感じました。雄大な自然の風景の中を颯爽と走る馬たちが美しくてずっと見ていたい気持ちになりましたよ。人間たち、みんな個性的でいい味だしてました(笑)それにしてもこのポスター(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる