嗤う分身

bunshinb.jpg

リチャード・アヨエイド監督

ジェシー・アイゼンバーグ
ミア・ワシコウスカ
ウォーレス・ショーン

 厳しい束縛と管理体制の中で働くサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は要領の悪い内気な男。上司からはひどい扱いを受け、同僚にはバカにされる日々。密かに恋するコピー係のハナ(ミア・ワシコウスカ)の部屋を望遠鏡で覗くのが習慣だった。会社期待の新人として自分そっくりなジェームズ・サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)が入社してくる。


 持久走の苦しみに耐える自分が好きだったり、難解で恐ろしく長い小説を読む自分が好きだったりするのです(Mかっ)。なので(?)ドストエフスキー原作ということで注目。根本的な部分を理解することは難いのであっさり諦め、自分なりの解釈で観たので、面白かったし楽しめました♪
 近未来的な世界ということのようですが、電車の内装、社内の様子やバーなどクラッシックでアートな雰囲気。なんとBGMに昭和歌謡が使われていてびっくり@@それがいい感じにマッチしてるのです。ちょっと「未来世紀ブラジル」を思い出しましたよ。
 内気で存在感が薄いサイモンと要領がよく自信に満ち溢れているジェームズ、見た目は同じだけどまったく性格が違う二人をジェシーがそれぞれにしっかり演じ分けているところが見どころだと思います。どちらもジェシーの得意とするキャラの気がしますね、すばらしかった!2タイプのジェシーを堪能^^
 ハナになかなか思いが伝えられない気弱なサイモンがいじらいしくてね、のぞき見とかゴミあさりとかふつうは気持ち悪いと思うけど、ジェシーだとなぜかかわいく思えた。ジェームズでは早口健在だったし(笑)ミア演じるキュートなハナの自由さがサイモンを振り回すんですよね。ハナをめぐる切ないラブストーリーでもあると思います。
 サイモンは自分の存在感に危機を感じるあまり、無意識のうちにこうありたいと願う人物ジェームズという分身を生み出したのかも。ジェームズを目に見える存在として描くことでサイモンや他者との関わり合いが、不思議な世界を作り出していてとっても面白かったです。
 実際に自分の分身が見えてしまったら怖いよね(汗)ドラえもんに出てくるような、いいように使える分身ならいいけど(笑)一目でどちらかわかるチラシ、二人のイメージをよくあらわしていてすばらしい! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらにも

見たのよこれ。
ちょっと構えすぎちゃったわ、私。
<持久走の苦しみに耐える自分が好きだったり、難解で恐ろしく長い小説を読む自分が好きだったりするのです(Mかっ)>
わ~~ポルカさん、これすごいよ・・笑
私は、あきらめちゃうよ。
正直、シュールすぎてえ~~って思う部分多かったけど
ジェシーだから、ついていけたって感じ。
歌謡曲を理解できたのがよかったかな…知っていたよ、曲・・笑

みみこさんへ

こちらにもありがとうございます!
原作ドストエフスキーってだけで構えちゃいますよね。
でもちょっとワクワクしました(笑)
シュールでしたよねー理解できてない部分多い(^_^;)
ジェシーが演じることで興味深い人物になってましたよね。
彼の行動を見ていきたいって思えるような。
歌謡曲、やっぱり(笑)日本の曲を使ってくれるのって嬉しい^^
しかも日本でも使われないようなマニアックな曲(笑)
独特のセンスのある映画だと思いました^^

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる