GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

gostshellb.jpg

押井守監督

田中敦子
大塚明夫
山寺宏一
仲野裕
大木民夫
玄田哲章
家弓家正

 西暦2029年。他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー通称「人形使い」が入国したとの情報を受け、公安9課は捜査を開始する。そんな中、義体メーカー「メガデク・ボディ社」の製造ラインが突如稼働し女性の義体を一体製造した。

 サイバー・バンクといわれる映画は好きなので、ずっと観たいと思ってました。ハリウッドでリメイクされるということを聞いてこの機会に観賞^^主演の素子はスカーレット・ヨハンソンに決まったみたいだけど、私のイメージだとケイト・ベッキンセールがいいな。
 息子に映画について前もって調べておいた方がいいよって言われて内容をさらっと読んだけど、もっと詳しく見ておけばよかった(^_^;)「ゴースト」って幽霊じゃないよね?「電脳」って??(観賞後調べました)
 公安9課のリーダー、草薙素子は脳と脊髄の一部を除く全身が機械のサイボーグ。ロボコップみたいな感じですね。電脳化って、頭の中にスマホがあるような感じ?(違うかっ^_^;)仲間のバトーもサイボーグで、トグサは人間みたい。色々なタイプの人間がいる世界のようです。素子のキャラクターはクールで魅力的、バトーとトグサ3人の関係もとってもよかった。バトーの声の大塚さんがいい声、山寺さんもピッタリでした^^3人の活躍をもっと見てみたくなりましたよ。
 作品の中の世界がしっかり確立していて、なんか作り手がその世界に酔ってるような感じ。素子のセリフが哲学的なのも印象的でした。国際手配中のゴーストハッカーの正体を追うというもので特に複雑なストーリーではなく、世界観に浸ることができれば楽しめるんじゃなかと思います。
 さしてショッキングな映像はないのですが、女性型義体は不気味(^_^;)ラストの戦闘マシン(?)とのハードな戦いのシーンは楽しめました。体はダメージを受けても脳を別の義体に入れれば大丈夫ってことですよね。意識と体がマッチしなければおかしな感じになっちゃいそうだけど・・・体の着せ替えも可能?(^_^;)いや~想像力をかきたてられる世界ですね~好きかも^^ ハリウッド映画になったら、アクションとか見応えがありそう。イメージ的には「マトリックス」だけど、どんな作品になるのか楽しみです♪続編の「イノセンス」も観なきゃ(^◇^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる