光のほうへ

hikari.jpg

トマス・ヴィンターベア監督

ヤコブ・セーダーグレン
ペーター・プラウボー
パトリシア・シューマン
モーテン・ローセ

 デンマーク、コペンハーゲン。アルコール依存症の母親と暮らし、悲惨な生活を送っている兄弟の唯一の希望は年の離れた幼い弟。兄弟は育児放棄の母親の代わりにミルクを飲ませ世話をするが、弟は死んでしまう。
 大人になった兄弟はお互いに関わらずに生きてきたが、母の死をきっかけに教会で再開する。


 アルコール依存症で育児放棄の母親と劣悪な環境で暮らす兄弟、子どもが辛い思いをしているのを見るといたたまれない気持ちになります。
 まだ赤ん坊の弟をほんとに愛おしそうに見つめる兄弟の姿に安堵するとともに、母親に対する強い怒りを感じました。
 しかしまだ子どもである兄弟に細かい世話ができるわけもなく弟は亡くなってしまい、そのことが深い傷跡として残ってしまいます。
 大人になった兄弟が幸せならいいと思っていましたが、負の連鎖というものはなかなか断ち切れるものではありませんでしたね。
 兄ニック(ヤコブ・セーダーグレン)は見るからに腕力が強そう~刑務所をでて臨時宿泊施設で暮らす彼は人との関わりを避けているように見えました。やたらに体を鍛えているのは孤独ゆえの防衛本能なのかもしれません。
 ニックは街で元カノの兄イヴァン(モーテン・ローセ)と偶然出会ったことから、辛い出来事に遭遇してしまいます。ニックの優しさなのでしょうが、彼を慕っているソフィーに対してあまりにもひどいと思います!
 弟は妻を交通事故でなくし、幼い息子マーティンをひとりで育てています。息子をとてもかわいがっていますが、不自由な思いもさせているようです。尋常じゃない顔色の悪さだと思ったら薬中でした><そして危険な仕事にまで・・・薬の恐さはとてもリアルでした。
 ニックが弟に電話をするシーン、すごく会いたい気持ちと過去と向き合うことの辛さ、ニックの複雑な表情が印象的でした。ニック役のヤコブ・セーダーグレン、意外とイケメンです(笑)心にしまいこんでいる思いを微妙な表情の変化で表現していてすばらしかったです。弟役のペーター・プラウボーが追い詰められていく姿は、さらに顔色が悪くなってきて痛々しかった。
 再開した二人、ニックは弟をすごく心配していましたね、そして息子のマーティンのことも。子どもが辛い思いをすることだけは絶対あってはいけないという思いがひしひしと伝わってきました。
 兄弟が最後に会う場面では、幼い時の二人の姿が思い出されて泣けた><
 母親に虐待され、愛情を注がれなかった兄弟に人を愛する気持ちを教えてくれたのは亡くなった弟なのかもしれませんね、並んで歩くニックとマーティンの姿にとても温かいものを感じました。
 重たい話でしたが、二人の内にある優しさが描かれているところと希望のあるラストがとてもよかったと思います。
 日本でも起こっている幼児虐待、育児放棄の記事を見るたびに、憤りを感じます。子どもたちが辛い思いをすることのない社会になることを願いたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる