ロマン・ポランスキー監督の2作品

 「今まで観てなかったのかい!」シリーズです。(ロマン・ポランスキー監督)

「ローズマリーの赤ちゃん」

ミア・ファロー
ジョン・カサヴェテス
ルース・ゴードン
シドニー・ブラックマー
モーリス・エヴァンス

 ローズマリー(ミア・ファロー)と役者の夫ガイ(ジョン・カサヴェテス)はニューヨークのアパートに引っ越してくる。隣人のローマン(シドニー・ブラックマー)とミニー(ルース・ゴードン)のカスタベット夫妻はお節介なほど世話をやいてくる。ガイは夫妻と親密になり、ローズマリーはミニーからペンダントをプレゼントされる。ローズマリーは不可解な夢を見た後妊娠する。

 何故今まで・・・こんな面白い映画を・・・観なかったのか(>_<)ホラーというよりオカルト映画という感じで、監督作で、ジョニー主演の「ナインスゲート」を思い出しましたよ。
 空撮で映し出されるアパートと不気味な音楽、胸騒ぎがするオープニングが「シャイニング」に似てるって思いました。夫婦が引っ越してきたアパートはなんかわけありっぽくて、前の住人の痕跡が意味深で不安を煽る。早々に知り合った女の子がアパートから飛び降り自殺という・・・絶対なんかあるーーー(汗)
 隣のカスタベット夫妻、最初はちょっとおせっかいだけど気のいい人たちだと思いましたが、ローズマリーに異様な臭いのペンダントをあげたり、めっちゃまずそうなデザートを食べさせたり、なんか怪しいぞ(;一_一)実際ローズマリーは具合が悪くなってました。ローズマリーが妊娠するとさらに干渉エスカレートしてきて、恐くなってきます。
 ローズマリー、ホラー顔(!)の美人でしたね~追い詰められていく恐怖が彼女の表情からビシバシ伝わってきました(汗)ミア・ファロー、孤立するローズマリーの心理描写が素晴らしかったです!後半ショートカットになった姿がとってもキュートでした^^エグい描写はほとんどなかったのは予想外でした@@それなのにこの恐さ(^_^;)終盤のスリルある演出も見どころだと思います。


「チャイナタウン」

ジャック・ニコルソン
フェイ・ダナウェイ
ジョン・ヒューストン
ダイアン・ラッド

 ロサンゼルスの私立探偵ジェイク・ギテス(ジャック・ニコルソン)の事務所にミセス・モーレイと名乗る女性が現れ、夫の浮気調査を依頼した。ジェイクはダム建設技師であるホリス・モーレイの身辺調査を始める。

 午前十時の映画祭で上映されてて、そういえば観てないなって思ってすごく気になってました。映画館に行けなかったので、DVDで観賞。個性的で魅力的な探偵のコミカルさとフィルム・ノワール的な雰囲気がいい感じにマッチしてる面白い映画でした^^ミステリーとしても十分楽しめると思います。
 私立探偵のジェイクは、モーレイという女性から夫の身辺調査の依頼されたことで、ダム建設をめぐる陰謀に巻き込まれていきます。やがて起こる殺人事件。ジェイクが、ギャングに襲われたり(鼻、イタタタ・・・)危険な目に遭いながらも事件の真相に迫っていくところが見どころだと思います。ジャック・ニコルソンが若い!@@鼻に貼ってた大きなばんそうこう、痛そうだけどウケた(笑)タフで頭が良くてカッコよかったです^^
 時代の雰囲気に合った髪型とか服装が似合ってたフェイ・ダナウェイ、影の実力者で大物悪人ぶりがリアルだったジョン・ヒューストン、二人とも存在感があって素晴らしかったです。監督もあんな役で・・・イタタタ(^_^;)
 タイトルのチャイナタウン、舞台となったのはラストだけだったけど、切なくて虚しいラストシーンを印象づけるのにふさわしい場所だったように思います。ニコルソンの探偵いいな~続編はニコルソンが監督してるみたいなので、気になります。

 いや~2作品とも面白かった♪思えば今まで観たポランスキー監督の作品ってみんなよかったんですよね。まだまだ観てない作品がたくさんあるのでこの機会にチェックしてみたいと思います。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる