大いなる沈黙へ

chinmokub.jpg

フィリップ・グレーニング監督(脚本、撮影、編集)

 フランスアルプス山脈に建つグランド・シャルトルーズはカトリック教会の中でも厳しい戒律で知られるカルトジオ会の男子修道院である。修道士たちは毎日祈りを捧げ、一生を清貧のうちに生きる。


 監督が撮影を申し込んでからOKがでるまで16年。音楽なし、ナレーションなし、照明なし、中に入れるのは監督だけという条件でした。監督は6ヶ月間修道士とともに暮らしたそうです。さらに日本公開までも9年かかっているのですから、なんか特別な映画のように感じますね。世界初ですよ!ベールに包まれた修道院の中を見てみたい!そんな気持ちから観賞しました。
 修道士たちの生活をそのままに、厳かに映し出した映画だと思います。169分と恐ろしく長く、淡々と映し出される映像にやはり、ガチのいびきが聞こえてましたよ(>_<)隣の女性はずっと手を合わせていました。私も心を無にして観賞しようと思って臨んだのですが、若干の睡魔、さらに途中今日の夕飯のおかずなど考えてしまいました(ゴメンナサイ~><)
 修道士たちはそれぞれに与えられている藁のベッドとストーブがあるだけの小部屋で過ごし、祈り中心の規則正しい生活を送っています。会話を許されるのは日曜日の昼食後、散歩の時間(4時間)だけ!一週間にお話できるの4時間って・・・@@その時間はみんなふつうに楽しそうに会話していて、雪遊びをしてたりね、普通の人なんだって(笑)なんかホッとして微笑ましかったです。修道服の作成や散髪も修道士が行っているのです。
 新しい修道士を迎える場面、修道士ひとりひとりが彼らとハグしていき、温かく迎える姿がとても印象的でした。修道院ととりまく景色の映像がとても美しかったです。暗い礼拝堂で修道士たちが唄う様子はとても神秘的でした。
 時々、修道士一人ひとりの顔が映し出されます。全員穏やかな表情なのかなと思ったら鋭い目つきの人もいました。単にそういう顔立ちなのかも(笑)両親、自分も歳ををとってきていやでも考えなければならない死について、盲目の修道士が穏やかな表情で語った言葉はとても救われるものでした。
 物に囲まれ、日々移り変わる世の中で、修道院は何世紀も変わらない生活を送っているのです。そう思うと修道士が廊下を静かに歩く光景にも歴史を感じます。彼らはなぜあえて修道士という厳しい道を選んだのか興味がありました。職業の選択のようなものなのかな、と思えば納得できる気がしました。
 音楽がない分、自然、修道士の生活をより感じることができたと思います。とても貴重な時間でした。映画館で見ることができてよかったです^^  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる